< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > カテゴリ > 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖しき文豪怪談「鼻」動画


※ちょっと脱線シリーズ No.2


妖しき文豪怪談ロゴ
(公式サイトへ)


夏の終わりに、NHK-BSハイビジョンでひっそりと放送されていたシリーズです。
全部で4作あります。
「怪談」といっても、ホラー系ではありません。
有名な文豪作家たちの少し奇妙な短編小説を、映像化したものです。
前半ドラマ+後半ドキュメンタリー(作品紹介など)の2パートで構成されている番組です。
そのうち2作品を、ここでは紹介します。


今回は

芥川龍之介「鼻」

なんとなくは知っている人も多い、まあまあ有名な作品ですね。
「禅智内供の鼻といえば、池の尾で知らぬものはない・・・」の書き出しで始まり、大きな鼻をもった僧侶・禅智(ぜんち)が、その鼻のため葛藤するさ様を描いています。

ドラマでは、その後に続く物語を創作し、映像化しています。
芥川龍之介のこの小説で表現したいテーマをより鮮明にしている点で、非常に興味深い作品です。
醜いのは、鼻か、それとも…

鼻_anime


i-Rockerにアップしました。


過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

追跡!AtoZ「“はやぶさ”快挙はなぜ実現したか」動画


※ちょっと脱線シリーズ No.1


ハヤブサ


今さらながら、「はやぶさ」です。


カプセル着陸の時から、世間で騒がれ、いろんな番組があったのかと思いますが…
僕はもっぱらNHK党なので、他の局の番組は知らないのですが、NHKではこれが一番グッとくる内容に仕上がっているような気がします。

帰還直後でなく、しばらく時間をおいた後の番組ということもあり、帰還したカプセルの特別展示会に多くの人が訪れる場面から始まり、はやぶさ奇跡の飛行の歴史を振り返っています。



ちなみに、この

追跡!AtoZロゴ
(公式サイトへ)

昔でいうところの、

プロジェクトXロゴ

に近いですね。
特に、今回のような番組では、そのように感じます。
プロジェクトXの派生型として、もうひとつプロフェッショナル・仕事の流儀という番組がありますが、こちらは今は休止中…リラックマ23「寝る」


i-Rockerにアップしました。


過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

突然ですが…


リラックマ12big「病気」

しばらく入院します。


予定では1週間後には退院できますので、来週の龍馬伝「龍馬の妻」からは、普通にアップできると思います。
その間、ブログを触ることができないので、ご了承下さい。

「寺田屋事件」についても、いろいろ記事を書きたかったのですが、あきらめます。。


その間、「ちょっと脱線シリーズ」ということで、いつもの歴史カテゴリー以外のオススメ動画をいくつか紹介してアップします。(投稿予約してあります)
そんなに手の込んだ記事でもないのですが、もしよければ、ご視聴下さい。
いずれも、最近のNHKの番組です。

7日夜:追跡!A to Z「“はやぶさ”快挙はなぜ実現したか」
8日夜:妖しき文豪怪談「鼻」
9日夜:妖しき文豪怪談「葉桜と魔笛」

今後とも当ブログをよろしくお願いします。

ヤフー、Googleと提携


昨日、唐突に飛び込んできた、

「薩長同盟」級のニュース

________________________________________________________

 ヤフー、Googleと提携
________________________________________________________



米Yahoo!の供与により独自の検索エンジンを構築してきた日本ヤフーが、Googleの検索エンジンに切り替えるというもの。
これにより、日本国内の検索エンジンのシェアの9割近くをGoogleが握ることになります。(→記事


これに関連してさまざまな意見が出されていますが、ひとつ気になるコメントがありました。(→こちら


「最大の時はFacebook」

Facebookとは、5億人のユーザーを持つ、世界最大のSNSです。
つまり、現代のパソコン利用者は、大手の検索からツイッター、SNS(mixiなど)など、同じ利用者・ユーザー同士の口コミの場に情報を求める方向に移ってきている。
たとえば、「○○駅のオシャレなレストラン」を探したい時に、検索で「〇〇駅 有名 レストラン」などと入力して探すのでなく、ツイッターで「〇〇駅周辺の、オシャレなレストラン探しているんですけど…」などとつぶやいてみる。または、SNS上でそういった情報を交換する。
そのような利用の仕方に移ってきている。
そんなときに、検索サイト同士が争っていても仕方ないじゃないか!
共通の敵のために、ここはひとつ手を組みましょう!

そういうことを言いたいのだと思います。




この光景って、最近どこかで見たような…
たしか「われらの共通の敵は誰ぜ!」「われわれ武士も、この人らを見習わなあかん!」って、龍馬さん、叫んでいましたよね。


マージャン風景2

いつの時代でも商人はしたたかで、たくましい


そういうことを実感するニュースでした。



過去の記事一覧へ>>



________________________________________________________
おまけ

「薩長同盟」までの流れを、坂本龍馬を中心に、すごく単純に分かりやすく表現したサイトを発見しましたので、紹介します。次回以降の「龍馬伝」の予備知識にもなると思います。(→はじめての薩長同盟




ワンクリックの応援お願いします

ひどいぜよ、YouTube


きのうYouTubeにアップした「第28話ラスト」と「第29話予告」が、「NHKのコンテンツが含まれてます」とかなんやらで、2本ともソッコーで抹殺されたようです。
自分のブログをいつも見てくれる人から教えてもらいました。
「28話ラスト」の本編はともかく、予告編はいつもアップさせてくれてたのに…

ひどいぜよ、YouTube!



と思いましたが、冷静に考えると、この処置は、今回だけではないのか…?と。


実は、YouTubeには「コンテンツIDシステム」という、1分間に15時間分投稿されるという膨大な量の動画をかたっぱしから調べ上げ、YouTubeに提出された著作権保護動画と照合し、同じものであれば検挙し、即ブロックするという、化け物システムがあるのです。

「龍馬伝」についても、番宣関係の動画(たとえば、第3部スタートの番宣など)はNHKがYouTubeに提出をしていないのでアップロードができるが、予告も含めた45分間の本編は著作権保護の動画として、YouTubeに検挙を依頼しているものと推定します。



それでは、今までの予告編がなぜアップできたかといえば、単純に、

時間が短かったから

現に、「龍馬伝」第1部PVのように、本編を数秒ずつつなぎあわせた動画でもアップできたわけですから。
(のちにNHKにより強制削除されましたが…)



今回の予告編は1分30秒という、今までの25秒の予告よりかなり長い時間だったので、ある時間以上のものについては検挙するというシステムが働き、アップロード後自動でブロックされたのでは…

逆に言うと、来週から25秒の予告に戻れば、今までどおりアップできるのでは、と…
そう思います。



いや、そう思いたい!!

まちがっても、
今後一切の予告編がアップできなくする措置は
しないでほしい…




ひどいぜよYouTube


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。