< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 平清盛 第06話「西海の海賊王」感想 > 平清盛 > 平清盛 第06話「西海の海賊王」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第06話「西海の海賊王」感想


おい、そこの醜い女


この義朝のキャラというは、ものの言い方は面白いものがありますよね。
平清盛と源義朝、ともに劣等感を背負っているのですが、その表現方法が違うような気がする。
清盛はド直球、ストレートで、他人にも自分の劣等感をさらけ出すし、自分にも反問する。
一方この義朝は、他人にも自分にもそれをそのまま言葉にして表すことはしないのですが、こういったところで、こういった形で、でてきてしまう。

「心根が醜いのだ」と、いかにも知ったかぶりのことを言ってはいますが、結局は平氏と比べられたことに腹を立てているだけで、まだまだ子供なのだと分かりますね。
このシーンはなかなか面白かったです。





蒸気船を見て驚く龍馬


この場面については、ノーコメントです(笑)





闇討ち



ここから先のシーンは、おもしろかったですよ。
まさかの闇討ちをかけるとは、さすが権謀術数に長けた平家の集団であると思わせますね。
ここで大将が一人で行くような正統派(?)ドラマに仕立て上げないところは、今回「お!?」と僕を思わせた期待度上昇のシーンであり、アドレナリンが否応にも放出されました。

迫力の戦闘シーン、そしてここに親子の確執をもってきて、最後に部下を増やす。
こうやって部下をどんどん増やしていって、宿命のライバル義朝を倒し、国家の頂点に立つのですね。
なんだか

ロールプレイングゲームみたい

な展開が、逆に好感度UPとなった今回でした。

________________________________________________________

突然ですが、今回をもって「平清盛」のドラマ感想は打ち切りたいと思います。
ドラマが糞ツマラナイとか、そういう理由ではないのです。
単に「集中できない」のです。

細切れの時間しか無いために、ドラマを10分20分ごと毎日ちょっとずつ見る週を繰り返していたのですが、やはりこれでは集中できず、感想も中途半端になるので、今回は(前回の江の反省を踏まえて)早めに決着をつけることにしました。


このブログも(記事が魂ラジのみになって)寂しくなりますが、読者の皆様とのつながりは大切にしたいと思っていますので、コメントは気軽にいただけたらうれしいです。記事に関係のないコメントでも一向に構いません。頂いたコメントには(自分のせめてもの礼儀として)100%返信致します。



ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします
関連記事

お疲れ様でした!

2012/02/18(Sat)18:15

 「平清盛」の感想お疲れ様でした!(私はドラマ自体は見ていなかったんですけど ^^;)
 最近のRockerさんの記事を見ていて、以前は歴史(と歴史ドラマ)に傾けていた時間と情熱が今は他のもの(英語かな)に向けられているんだろうなぁとは感じていました。私が最初にこちらのブログに出会ったのが「龍馬伝」の記事だったので、歴史関連の記事がなくなってしまうのは少し寂しい気はしますが…。
 でもブログはまずご本人の楽しみのためにやるものだと思うので、ばんばん更新するもよし、ちょっとお休みするもよし、その中間をとってゆるゆる続けるもよしだと思います。(な~んてブログをやっていない、というかやったとしても多分続けられない私が言うのも何ですが ^^;)
 「魂ラジ」の記事にしても、将来的にアップするのが大変になったり、何らかの理由でましゃから心が離れてしまったりした時は無理しなくてもいいと思いますよ。とは言うものの、こちらは「魂ラジ」について毎週毎週話せる貴重な場なので、そんなことになったら寂しいですけどね。
 今後も「平清盛」は見続けられるのでしょうか?もしそうなら、今度は他の方のブログに感想コメントしてみるのはいかがでしょう?これも楽しいですよ☆

名前:うめこ (URL) 編集

ありがとうございました

2012/02/19(Sun)15:22

ロッカーさんのブログが大好きでしたのでとてもさみしく思います。
何より日本の歴史を愛し、歴史を作ってきた人々を愛している姿勢が伝わってきて、美しい映像の技術とともに楽しく読ませていただきました。
私は大河ドラマを40年以上にわたって視聴してきましたが、ロッカーさんのブログがあるとドラマを見る楽しみが何倍にも膨らみました。特に続龍馬伝では、幕末についていろいろ教わることが多くこれでTVドラマをどなたか作ってほしいと思っています。
私自身は「平清盛」はそんなに悪くないと思っています。時代の流れでしょうか、多少劇画チックでオーバーな仕事もまあ、仕方ないかな、と。清盛はまだまだ愛される主人公になっていないのですが、これからまだ成長する要素が残っているのであきらめてはおりません。
何となく義務感でされているように見えた最近の大河コメントからもこのような結論は予想しておりました。
これまで多くの楽しみを与えて下った貴殿に心から感謝したいと思います。

ありがとうございました。

名前:ミミエデン (URL) 編集

ありがとうございました。

2012/02/20(Mon)12:49

毎週お邪魔してますよ~。お忙しくなってしまって、大変でしたね。龍馬伝の頃にロッカーさんのブログに出会い、月曜日の更新を楽しみに拝見しておりました。魂ラジ国民になったのもロッカーさんやうめこさんと同じ頃でしたので、一人勝手に親近感を覚えお二人の会話を拝見しておりました。「清盛」もこれからでしょうかね。私は今の所あまり引かれるものがなくてロッカーさんのブログで面白そうだと再放送でちょっと見る程度です(結局ましゃしか見てないわけです)魂ラジは暇をみて続けていただけると嬉しいです。私もここでましゃのことお話し出来ることが楽しみです。女性のましゃファンのブログはそこそこあるようですが、男性は少ないので、違う角度からの視線が新鮮です。無理なく、ヨロシクお願いします。

名前:まる (URL) 編集

Re: お疲れ様でした!

2012/02/20(Mon)20:14

>  「平清盛」の感想お疲れ様でした!(私はドラマ自体は見ていなかったんですけど ^^;)

ありがとうざいます!


>  最近のRockerさんの記事を見ていて、以前は歴史(と歴史ドラマ)に傾けていた時間と情熱が今は他のもの(英語かな)に向けられているんだろうなぁとは感じていました。私が最初にこちらのブログに出会ったのが「龍馬伝」の記事だったので、歴史関連の記事がなくなってしまうのは少し寂しい気はしますが…。

おっしゃるとおりで、僕はふたつのことを同時にできないタイプなので、ひとつのことに熱中しだすと、もうひとつは明らかに集中力が欠けてしまうのです。しかもそれを隠せないタチなので、「見ている人は、多分気づいているだろうなぁ…」と思いながら記事を書いていました。


>  「魂ラジ」の記事にしても、将来的にアップするのが大変になったり、何らかの理由でましゃから心が離れてしまったりした時は無理しなくてもいいと思いますよ。とは言うものの、こちらは「魂ラジ」について毎週毎週話せる貴重な場なので、そんなことになったら寂しいですけどね。

魂ラジの場合は「ながら聞き」というか、チャットしたり、パソコンのファイルの整理をしたり、アイロンがけをしたり、いろいろできますので、まあ気軽に続けることができるのではないかと思います。忙しい時は一部分だけ聞いて簡素な記事を書いて乗り切れるわけですし(笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

Re: ありがとうございました

2012/02/20(Mon)20:33

> ロッカーさんのブログが大好きでしたのでとてもさみしく思います。
> 何より日本の歴史を愛し、歴史を作ってきた人々を愛している姿勢が伝わってきて、美しい映像の技術とともに楽しく読ませていただきました。

スミマセンでございますm(__)m
今でも、もし自分が分裂してふたりになれたら、もうひとりにこのブログを今まで通り続けてもらいたいくらい、続けたい気持ちはあるのですが、自分の将来のために、英語の勉強は最優先にならざるを得ないのです。


> 私自身は「平清盛」はそんなに悪くないと思っています。時代の流れでしょうか、多少劇画チックでオーバーな仕事もまあ、仕方ないかな、と。清盛はまだまだ愛される主人公になっていないのですが、これからまだ成長する要素が残っているのであきらめてはおりません。

そうですね。僕も悪くないと思います。
多少ドラマチック要素はありますが、たとえば前回の戦闘シーンで躊躇なく人を斬る主人公、(ある意味主人公以上に)味のある適役、脇役など、見所はいろいろありますよね。


> 何となく義務感でされているように見えた最近の大河コメントからもこのような結論は予想しておりました。
> これまで多くの楽しみを与えて下った貴殿に心から感謝したいと思います。
> ありがとうございました。

そう言っていただけると恐縮です。
特に龍馬伝の記事はもう1年以上前のことであるにも関わらず、覚えて下さっていてありがとうございます。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

Re: ありがとうございました。

2012/02/20(Mon)20:52

> 毎週お邪魔してますよ~。お忙しくなってしまって、大変でしたね。龍馬伝の頃にロッカーさんのブログに出会い、月曜日の更新を楽しみに拝見しておりました。

龍馬伝のころですが…懐かしいですね。
実を言うと、あの頃は仕事時間も今より1時間半短かったですし、かなり夜ふかしして書いていました。


魂ラジ国民になったのもロッカーさんやうめこさんと同じ頃でしたので、一人勝手に親近感を覚えお二人の会話を拝見しておりました。「清盛」もこれからでしょうかね。私は今の所あまり引かれるものがなくてロッカーさんのブログで面白そうだと再放送でちょっと見る程度です(結局ましゃしか見てないわけです)魂ラジは暇をみて続けていただけると嬉しいです。私もここでましゃのことお話し出来ることが楽しみです。女性のましゃファンのブログはそこそこあるようですが、男性は少ないので、違う角度からの視線が新鮮です。無理なく、ヨロシクお願いします。

もともとは歴史ブログで始まって、魂ラジはおまけだったのですが、そのおまけのおかけでブログの存続意義ができるというのは、不思議なものです。
そうつくづく感慨にふける今日この頃です(笑)
男性目線が新鮮だというのは、うれしい言葉ですね♪ありがとうございます♪♪

名前:TV-Rocker (URL) 編集

こんちゃ!

2012/03/18(Sun)12:07

やめちゃったんですね。感想…
あ、しばらくぶりです。
私は昨年の秋から色々あってちょっと今年は疲れすぎてましたね。
またぼちぼちネット徘徊します(笑)

生活スタイルは日々変わるからコンスタントに更新は難しくなりますよね。

清盛もなんだかドロドロで「メロドラマですか!」←表現が古い(笑)と先週はというか今までもそんな感じのことが多かったけど、ツッコミを入れながら観てました。
そうそう昨夜放送された観月ありささんの「濃姫」は良かったですよ。

記事に関係のないことでもいいということなので、暇な時は雑談しに来ますよ。じゃ(^_^)/~

名前:エム (URL編集

Re: こんちゃ!

2012/03/19(Mon)01:03

はは、辞めちゃいました(笑)
僕は疲れる前に、疲れるだろうなと予測して今回は早々と手を打ちました(笑笑)

僕の場合、生活スタイルそのものというか、ものの考え方が変わったというか、新しい価値観に触れて自分の内面世界が広がったために、今まで大事にしていたものが逆に相対的に色褪せたというか…
よく言われる、「語学を始めて世界が広がりました」というありきたりな表現も、今の僕には痛いほど理解できます。


清盛…なんだか懐かしい響きになっている自分がいます(笑)
今はどの程度まで進んでいるのでしょうか?源氏との対立はどうなのでしょうか?
たまに情報を下さると嬉しかったりもします。(やっぱり未練は少しあったりもする笑)

濃姫のことは、全く知りませんでした。
今日、少しネットで調べてみましたが、好評だったみたいですね。


雑談大好きです。これからもぜひ!!

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。