< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 平清盛 第03話「源平の御曹司」感想 > 平清盛 > 平清盛 第03話「源平の御曹司」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第03話「源平の御曹司」感想


弱いもんいじめ、してんじゃねーよ!


クローズか??

と、一瞬思ってしまった…
(見てないけど。あくまでイメージです汗)

もしくは「ろくでなしブルース」か…
(小さい時に、ジャンプで連載してたのを見てた汗)






俺は、この面白うもない世を変えたい!


龍馬伝か?

と、一瞬思ってしまった…


なんかこのセリフ、龍馬でも龍馬が言っていましたよね。
かなり印象的な場面(長崎での一場面だったと思います)で使われていたような…
映像の撮り方は相変わらず好きなのですが(某知事が批判したと言われるあの汚い感じも嫌いではない)、単純化されたキャラクター×単純化されたストーリーは真似してほしくなかったかも…
ん?二番煎じ??
キャラクター設定同じ??

「清盛って、こんな何も考えない人だったのかなぁ…」
と思ってしまします。

もちろん、これから先、いろんな経験(というか、1発2発のドカンとした大きな経験でしょうが)を積んでドラスティックに成長を遂げるのでしょうが、それって、現実にはありえないことだと思う。
清盛が単なる猪武者であればそれも許されるのでしょうが、彼は、保元の乱・平治の乱という、たった2回の戦での勝利を朝廷との外交に於いて見事に活かし、日本の頂点をつかんだ男でしょう?
彼の卓越性は、将来を見据えたその政治力にあったはず。
そういった魅力を全く描かず、単なる「若気の至り」みたいなので人物像を単純化して描くのって、どうかなぁ…と思う。

どうせ、なんかの衝撃的な経験を経てドラスティックに変わるのでしょうが…
(スミマセン、さっきも言いました(T_T))

あまりにも現実と乖離していて、物語に入っていけないのは僕だけでしょうか?



…と思って見ていますと・・・






お前は民を守ってなどはおらぬ。


おとっつあん、カッコイイね。
この人が主人公でいいと思うんです、このドラマ。

この後のセリフも、なんだかすごくカッコイイぞ。
貫禄ありますよね。






俺は…どうしようもない男じゃ!



ここで、ドラスティックに変わるわけですね。
いや、単純すぎるでしょ。
せめて来週まで待ってよ。




このドラマが、僕が初めて見る大河ドラマであれば、面白いと感じたかもしれない。
でも、二番煎じ、三番煎じはもう正直いらないんだよね。。。
今週もやっぱり不満が残りました。



ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

こんばんは~

2012/01/28(Sat)00:39

どう見ても今まではおとっつあんが主人公でしょう(笑)
「若気の至り」かぁ~
まぁ、そうであって欲しいです。

親に反発してよくあるパターンですけど、結局は家族や一族に守られてるんですよね。
1年あるから、これからに期待しましょう。

名前:エム (URL編集

Re: こんばんは~

2012/01/28(Sat)18:52

> 「若気の至り」かぁ~
> まぁ、そうであって欲しいです。
> 親に反発してよくあるパターンですけど、結局は家族や一族に守られてるんですよね。

僕も別に奇抜さを求めているわけではないのですが、あまりにも「青年期の平清盛」をフツーのボンボンに貶めてしまっているような気がして、展開が読めてしまうというか、感動しないというか、どうしてもそういう感想になってしまうんですよね。
エムさんの言うように、1年じっくり見て判断すべきなのかも知れませんが…
そこまで忍耐力が持つかどうか…

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。