< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」2012年01月21日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」2012年01月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」2012年01月21日


魂ラジのために戻ってきたましゃ。
なんだか国際ハリウッド俳優ばりの待遇ですね。
プライベート・ジェットなんて、すごすぎます。。。
やっぱりすんご~い人だったんですね、ましゃって・・・・(今頃気づいたかリラックマ32「…」





しかし…
メール故障中の魂ラジ。
なんだか最初に「ポンコツ」と言ったのがオーバーラップしますね(笑)

でも、twitterというのは、もしかしたらそっちの方がいいかも知れませんね。
今は誰でも使えるでしょうし、他の人も見れますからね。
僕には向いていませんけど…こまめにつぶやいたり、チャックしたりするタイプでないので。





TDL貸切!


なんだか話が妙に現実的になってきましたよね(笑)
山車(神輿?)を持ち込んで、いわゆる青空版の「感謝祭」みたいなものでしょうか♪
でもこれ、実現したらすごいニュースになりますよね。
マスコミとか絶対に食いつくと思う。。。(笑)





「作詞のコツは、ひたすら書くことです」


最初に書いた1行というのは、それはひどいものですよ。
自分が書いていることが、自分の思っていることに対して的確であるかどうか、が大事なんだと思っているんです。
難しい言葉を使うと、深いようで、全然大したことないということはよくあるんですけど、
だから、なるべく簡単な言葉を使う。
(中略)
言葉にも、「写実的な表現」と「抽象的な表現」があると思うんです。
『家族になろうよ』でいうと、Aメロは写実的、Bメロは抽象的になっている。全部が写実的でなく、1行、2行でも抽象的な表現が入っていると、急に詩になるんですよね。



久々にましゃのこういった言葉を聞けて幸せデスリラックマ5(?)
こういう、言葉に対する洞察やこだわりがあるから、あのような芸術的な歌詞が書けるんですよね。

…ちなみに、僕も英語の勉強を始めてから、日本語を勉強している外国の方と話したり、日本語を相対的に見たりする機会が増えたのですが、それで分かったことがあるとすれば、日本語は、間違いなく、他の言語に類を見ない表現力が遥かに豊かな、世界に誇れる言語です。
それは言葉に留まらず、文化、芸術、思想、人間関係、すべてに影響を及ぼしている(もしくは、日本人の文化的背景が言葉に現れていると言ったほうが正確かも知れませんが・・・)ので、実際、日本人の気づいていない日本の良さに魅せられる外国の方って、以外に多いんですよね。

…話が少しそれましたが、日本語だからこそ、ましゃが言うような「自分の思っていることに対して忠実な」表現が追い求められるのだと思います。
もちろん日本語は、表現力が豊かなだけでなくさまざまな意味を含む、受け手(聞き手)にとっても難しい言語ですので、ましゃの言わんとしていることを僕らが正確に受け取れているかどうかは疑問の残るところですが…haha




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします
関連記事

今日も魂ラジ聴きながら

2012/01/23(Mon)15:22

仕事をしながら聴いてましたけど、北村一輝さんと福山さんて一緒にカラオケに行く中なんですね。なんか微笑ましいというか(笑)ベムに夏目刑事として出ていた北村さんが魂ラジで聞けるなんて嬉しいな。

「容疑者Xの献身」に出演されていたクールな刑事役の北村さんと、ベムに出ていた人情味が厚い夏目刑事と、同じ刑事役でも全然違うんですよね。

ベムでは自分家のお金を盗んだ若者に対して「ほんとに金に困ってんなら家に飯食いに来いよ」ってこんな刑事さん今時いるかな~夏目さーーん!思い出したら泣けてきた!

アンパンマンの詩についてもね。
東北の震災後、アンパンマンの歌がよく歌われたいたようですよ。
それ、当時とっても私はわかるような気がしました。福山さんが言っていた「そんなのは嫌だ!」ってのもわかる気がする。アンパンマンの詩ってとっても良いんですよ。聴いてたら涙が出てきた。仕事にならんじゃないかい!って、いや今日のお仕事はシッカリしました。はい(笑)

それではこの辺で…

名前:エム (URL編集

メールが故障するなんて^^;

2012/01/24(Tue)13:25

 ましゃ、魂ラジのためにプライベートジェットまで使って帰ってきてくれてありがとう~!それなのにメール故障って一体?^^; それにしても「ツィッター、今は誰でも使えるでしょうし」なんて言われちゃったら、今だに使い方がわからないなんて言えないじゃないですか、Rockerさん!(今言ってますけどね 笑)
 ファンクラブイベントの話も盛り上がってましたね。これはディズニーランド&シーの貸切で決まり!?ディズニー好きですよ。家からも割りと近いし。収容人数も結構あるようなので、チケットが取れる可能性も増えるだろうし(これが一番嬉しい♪)…でもど~もましゃとディズニーのイメージが合わなくて、何かビミョーだなと思ってしまうのは私だけかしら?^^;
 でも何といっても今回一番よかったのは、ましゃの作詞についての話が聞けたこと。傍から見ると、ましゃは音楽だけでなく、ラジオ、ドラマなどいろいろなジャンルのことを器用にこなしていて、本当に多才な人に見えるけど、こういう話を聞くと才能以前に努力の人なんだあということが伝わってきますよね。ましゃの人柄が感じられるような、そんな話を聞けるのがラジオの醍醐味です^^
 日本語は本当に表現力豊かな言語ですよね。私も以前ちょっとだけ英文翻訳の勉強をしていたことがあって、その時にそれを感じました。ちょっとした微妙なニュアンスを表すのにも、いろいろな言葉があって。「最愛」でも(今回流れましたね。嬉しいです♪)「もっと笑えばよかった」と「もっと笑えばよかったのかな」では語尾が少し違うだけで受けるイメージが微妙に違ってきますものね。でも主語を省略することが多いせいか、どっちにでも取れる表現が多いことも確かで。「愛せなくていいから ここから見守ってる」自分では「私にはあなたを愛する資格がなくても」と解釈していますが「あなたが私を愛していなくても」とも取れますよね。(まあこの曖昧さがはっきりものを言わない国民性を形作っているんだろうなとも思いますが)

名前:うめこ (URL) 編集

Re: 今日も魂ラジ聴きながら

2012/01/25(Wed)10:45

> 仕事をしながら聴いてましたけど、北村一輝さんと福山さんて一緒にカラオケに行く中なんですね。なんか微笑ましいというか(笑)ベムに夏目刑事として出ていた北村さんが魂ラジで聞けるなんて嬉しいな。
> 「容疑者Xの献身」に出演されていたクールな刑事役の北村さんと、ベムに出ていた人情味が厚い夏目刑事と、同じ刑事役でも全然違うんですよね。

俳優さん同士のつながりって面白いですよね。
ブラウン管の中では(表現古い?)クールであったり、カッコ良かったりしても、俳優友達との間では普通にはしゃいだり、悩みを話したりしているのかなぁ…と思うと。
まあ、ましゃは、たぶん素が「魂ラジのましゃ」なんだろうなと思いますが(笑)


> アンパンマンの詩についてもね。
> 東北の震災後、アンパンマンの歌がよく歌われたいたようですよ。
> それ、当時とっても私はわかるような気がしました。福山さんが言っていた「そんなのは嫌だ!」ってのもわかる気がする。アンパンマンの詩ってとっても良いんですよ。聴いてたら涙が出てきた。仕事にならんじゃないかい!って、いや今日のお仕事はシッカリしました。はい(笑)

なるほど、そうだったのですね。
正直僕は、アンパンマンというと「小さい頃に見ていた懐かしいアニメ」というイメージで、たとえばその歌詞についてもあまり深く考えたりしたことはありませんでした。
改めて聞いてみると、結構哲学的だったりしますよね(笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

Re: メールが故障するなんて^^;

2012/01/25(Wed)11:27

>  ましゃ、魂ラジのためにプライベートジェットまで使って帰ってきてくれてありがとう~!それなのにメール故障って一体?^^; それにしても「ツィッター、今は誰でも使えるでしょうし」なんて言われちゃったら、今だに使い方がわからないなんて言えないじゃないですか、Rockerさん!(今言ってますけどね 笑)

ツイッターは「発信」するものじゃなく「受信・ストック」するものだと僕は思いますよ。
ツイッターでつぶやく人って、マメな人じゃないと絶対にできないし、常に誰かとつながっていたいとか、そういうタイプの人じゃないと逆におっくうになってしまう。
逆に、自分が気になるものを数個ピックアップしてフォローしておくと、常に最新情報が自動的に届くので便利だと思いますよ。
あと、今はたいがいのニュースサイトにツイッターボタンが付いているので、気になるニュースをボタンクリックで自分のツイッターで発信しておくと、簡単にサイトをストックできる。
僕はそんな用途で使っています。


>  ファンクラブイベントの話も盛り上がってましたね。これはディズニーランド&シーの貸切で決まり!?ディズニー好きですよ。家からも割りと近いし。収容人数も結構あるようなので、チケットが取れる可能性も増えるだろうし(これが一番嬉しい♪)…でもど~もましゃとディズニーのイメージが合わなくて、何かビミョーだなと思ってしまうのは私だけかしら?^^;

ましゃ×ディズニーランドですね…たとえば、「エンターテインメントに対するプロ意識」という点では相通ずるものがあるので、以外にマッチするかも知れませんよ??


>  でも何といっても今回一番よかったのは、ましゃの作詞についての話が聞けたこと。傍から見ると、ましゃは音楽だけでなく、ラジオ、ドラマなどいろいろなジャンルのことを器用にこなしていて、本当に多才な人に見えるけど、こういう話を聞くと才能以前に努力の人なんだあということが伝わってきますよね。ましゃの人柄が感じられるような、そんな話を聞けるのがラジオの醍醐味です^^

「サービス精神」がすごくあって、それがファンの人にいい歌詞を届けないという思いになり、それが自分の歌詞に対するこだわりになり、その結果、あの歌詞になるんですよね。
こういう話って、稀にしか語ってくれませんからね~ましゃ☆


>  日本語は本当に表現力豊かな言語ですよね。私も以前ちょっとだけ英文翻訳の勉強をしていたことがあって、その時にそれを感じました。ちょっとした微妙なニュアンスを表すのにも、いろいろな言葉があって。「最愛」でも(今回流れましたね。嬉しいです♪)「もっと笑えばよかった」と「もっと笑えばよかったのかな」では語尾が少し違うだけで受けるイメージが微妙に違ってきますものね。

翻訳の仕事をされていたのなら、それを強く感じること、分かるような気がします。
以前に話した20代の外国の方が言っていたのが、「たとえばハリウッド映画ではスーパーマンやヒーローを登場させ、”地球を救う”みたいな大きな話が多いが、日本の映画は、何気ない日常の風景から美を見出すような映画が多く、そこに日本人の美意識を感じる」と言っていましたが、それは言葉で言っても、たとえば「ワンダフル!グレイト!」のような大げさな表現力が豊かな英語に対して、微妙で間接的な表現を使って自分の心情や風景を描写してゆく日本語、の違いと無関係ではないように感じます。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。