< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 平清盛 第01話「ふたりの父」感想 > 平清盛 > 平清盛 第01話「ふたりの父」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第01話「ふたりの父」感想


タイトル




新鮮な世界観かも。。。


ちょっと気に入りました、このドラマ。

映像のイメージが独特ですよね。
ふらふらと揺れ、妙に接近するカメラワークも独特。
そういった撮り方は、何となく昔懐かしい『龍馬伝』に似てるかも、と思ってみたり…
(僕個人としては、好きなタイプの撮り方です☆)






俺とて、己の勤めに誇りをもちたい


これが、このドラマの一貫したテーマであって欲しいと思った。
2年前の『龍馬伝』のテーマは、上士と下士という、いわゆる「差別社会をぶっとばせ!」みたいなところがあって、結局は表面的なところしか見ていなかったように思う。
昨年の『江』は、「男尊女卑をぶっとばせ!?」途中でギブアップしたのでよく分かりませんが、語る価値なしですね。
『坂の上の雲』は、それぞれの個人の誇りのバックにある「明治という国がもつ誇り」というものを描いていたように(今振り返ってみると)思います。

今回のこれがテーマになれば、坂雲のような壮大なテーマでなく、むしろ個人の心情にスポットを当てた、また違った魅力のあるドラマになるのではないかと思いましたね。
何とかいいドラマにしてもらいたいものです。





されどそれは…


このセリフ、好き。
…そして、平忠盛が法皇に反逆の言葉を投げかけるのを防ぐために、言葉を遮った舞子も好きですね。
まあ、ここまでの流れが早過ぎるというツッコミはあるものの、第1話としてハイライトシーンを2、3入れておきたいという意図を考えれば、十分に納得できることですしね。

平忠盛。
弱さの内に正義を秘めた存在ですよね。
彼の出番は少ないのかも知れませんが、なかなか人間味があっていいですよね。
「平太、平太、平太…」と連呼するところとか、いいなぁ。






死にたくなれければ…強くなれ!


いいね。このセリフ。
ぐたぐたと平太を引きとった経緯や、実の母のことを一言も説明せず、この一言で片付ける。
なかなかやってくれます。


第1話については、十分に満足点。
期待のもてる内容でしたね。
次回以降、注意深く見守りましょう。





ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)

2012/01/11(Wed)03:46

昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)


ロッカーさん、清盛感想始められないかなぁ…とチョクチョク伺わせて頂いたので、嬉しいです。


嬉しいです。と表現してますが、うちのブログでは既にズタボロ評価な清盛。


でも去年とは違って、同じボロクソに言うは言うでも、今年はとりあえず、きちんと批評出来るだけの土台はあると思います。


シエみたいに、どっから突っ込んだらいいのか、解らないよりマシというか、批評出来るレベルですらないというか。


とにかく、高速展開は頂けませんよね。きちんと過程を書け、話はそれからだ、ですよ。

今のところ、ここ数年間の駄作に毛が生えた程度ですし、役者頼みな感じが否めません。去年が酷すぎた訳ですから、少し頑張れば、とりあえず非難はま逃れるとか考えてらっしゃる方は多いと思いますが…私は逆だと思います。去年はハードルが低過ぎたから、今年は何百倍もハードル上げないと、シエよりはマシってだけで終わるんじゃないかと思います。またコメントしに寄らせて頂きますね(*^_^*)


名前:YU-KI (URL) 編集

Re: 今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)

2012/01/12(Thu)14:04

こちらこそ、去年はお世話になりました。

清盛感想、読ませてもらいました。
大河を、歴史を愛している故の批判ですね笑

僕自身は、こういうと何ですが、もはや去年ほどには大河ドラマを愛してはいません。(笑)
大河ドラマに注いでた関心の数割は他のところに移ってしまったようです。
だから、あまり批判もせず見ていられるのかも知れません。。。今のところは、ですけど。

まあ、気軽に書いてゆこうと思います。
こちらからも、たまに寄らせてもらいますね☆


今年もよろしくお願いします^^

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。