< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」11月19日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」11月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」11月19日


今日はアップ遅れました。リラックマ21「ゴメンなさい」スミマセヌ


宮城ライブ、ましゃおつかれさまでした!
そして、さいたまスーパーアリーナでライブも終了ですね。
本当におつかれさまでしたリラックマ76「ハートを描く」

宮城ライブについては、先週、もうもうさんが「魂が震えた」ライブレポートを残してくれました
このレポートを改めて読み返してみると、ましゃが言っていた「少し違うこともしたけど、全く特別なライブにはしたくなかった」という意味がよく分かりますね☆☆☆




あと、ウエディングソング1位!!
「海賊になろうよ!」海賊王国コロンブスH40(笑)

歌詞が優しいですよね。
大切なのは、この歌はウエディングソングであると同時に、東日本大震災を通して再認識させられた「人(家族)との絆」を歌った歌だということですよね。
魂ラジの話題とは少し離れますが、ちょうど来日していたブータン国王にも人の絆・心の豊かさについて教えられました。
そしてこの歌は、ましゃは冗談まじりに「10年というスパンで…」と言っていましたが、10年後にこの歌を聞いても、僕はあの震災の年に生まれた歌として、ただのウェディングソングではない特別なものを感じるんじゃないかと思うんです。
(歌って、その当時の記憶や感情とリンクするんですよね。不思議なことに)




あと、魂ラジアワード。
ましゃがホント楽しそうにしゃべっているリラックマ52「??」
ただ、僕は最近ホント、テレビ見ていない(TV-Rockerというハンドルネームなのに…(-_-;))ので、映画・ドラマ・俳優さん、全然知らないんですよね。
民放ドラマのタイトルとか(JIN除き)、全然知らない自分を発見したリラックマ75「ガーン2」
そして、忌々しい『江』というタイトルを久々に聞いてしまった・・・




そして、宮城のライブについて触れてくれましたね。
皆さんの手紙を読むと、みんな感じることは同じだなぁ、と思いました。
それと同時に、震災で傷ついた人々の苦しみが、ましゃへの感謝の手紙の裏に見え隠れするようで、心苦しい思いもしました。

震災から8ヶ月が経ったといっても、ニュースを見ていると、一度は壊滅した水産業を復興中の人々に今度はTPPの脅威が降り掛かってきたり(TPPの是非については難しい問題ですので、ここで賛否を問うものではないですが)、放射能汚染の解決には気が遠くなるような歳月や莫大な費用が必要だったり、自分のことしか考えないこんな自分でも見ていて苦しくなるようなニュースばかりです。

それでも、ましゃが言っていました。

「僕らエンターテイメントに携わる人々が一番最初に考えたことは『僕らが何をやっても、傷つく人がいるのかも知れない』ということ。それが、自粛という方向に向かったのだと思う。
 でも、それをずっと続けていて、どうなるのか。
 僕らは僕らが信じたことをやって、間違いを指摘されたら改善していけばいい。
 多分、一番良くないことは、何もせずに立ち止まっていること。僕らもそうだし、被災された方々にとっても。
 それは1歩にも満たない、1ミリだったとしても、間違いながらでも、それを是正しながらでも、前に進んでいくことが大事なのではないか。
 そう思って、ツアーを再開したんです」


とにかく進むことが大事なんですよね。
日本人ひとりひとりにとっても、日本という国にとっても。


震災を通して、ましゃと関わりを持った人達が、宮城ライブに参戦してくれたようで、何だか嬉しかった!!!

________________________________________________________


今週の歌は「石塊のプライド」。
この歌は、僕が魂ラジを聴き始めた時にちょうど発表されて(当時の魂ラジBLOG)、「いい曲だなぁ」と単純に感じたことを覚えています。
「石塊のプライド」というタイトルには、SIONさんが田舎から上京してきた時のコンプレックスが込められているという話があって、ましゃも共感していたのが、当時の僕としては新鮮でした。

個人的には、サイモン・アンド・ガーファンクルの「I Am A Rock」を連想します。
意味合いは違いますが、あの歌も若者のコンプレックスを歌った歌ですよね。


Today's song is "Ishikure no pride," or "A Pebble's Pride."
This song was just broadcast at first when I began listening to Tamaradi, and I remember that I simply felt this song was nice.
I heard that the title "A Pebble's Pride" includes an inferiority complex that SION (the writer of the lyrics) felt when he came up to Tokyo from a rural district, and Masha agreed with the feeling.
That sounded fresh for me.

I personally associate the title with "I Am A Rock" written and sung by Simon and Garfunkel.
Although nuances are different, that song is also a song of youth's complex.


A Pebble's Pride

Under the moonlight,
streetlamps are likely to be forced to stand.
I'm walking under them,
passing my shadow, or being passed by my shadow.

Sometimes cars move away,
through silence of the night.
They sound like missed voice,
or also like your crying voice.

Into mysterious colors, it dips me.
It's like a happening of yesterday.
And like a happening of a long long time ago,
blinking, scolding me, and giving a power to me.

When I first walked along this road,
I was exited with my heart leaping.
I felt everything would start,
imagining it'd begin at last.

But that was blue conceit.
I stumbled, and was struck.
And I was made aware, became in desperation, yet still
I was walking along this road, because of a pebble's pride.
Yeah, it was a pebble's pride.

Under the moonlight,
moving cars through silence of the night,
sound like missed voice,
or also like your scolding voice.

Into mysterious colors, it dips me.
It is like a happening in yesterday.
And like those days a long long time ago.
It gives me dazzling tomorrow,
gives a power, giving a tomorrow to me.



福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2011/11/22(Tue)15:20

 宮城ライブの話とてもよかったです。
お客さん、泣いてたんだなぁ。ましゃも泣いてたんだなぁ。
宮城ライブに参加したリスナーからのお便りには、どれにもとても重みがありました。震災と津波で被害を受けた方達がどんな思いで、ライブの日を待っていたのかと思うと胸がつまりました。
特に旦那さんを亡くして、最初「家族になろうよ」を聞いたときはくやしかったというお便りには泣けました。ましゃのライブに参加できるようになるまでに、どんな思いをして、どれだけ泣いたんだろうと想像してしまって。そしてそれに対するましゃの、自分の歌で傷つく人がいるかもしれないことへの真摯な思いにも胸を打たれました。
ましゃはどの公演でも、同じように最高のライブを届けようとしてくれるので、どこが特別扱いということはないと思いますが、この宮城のライブにはやっぱり特別な思いがあったんだろうとあらためて思いました。
 そして先週はいよいよツアーのファイナルを飾る、さいたまスーパーアリーナでのライブでした。なんとツアー中、最多の2万人収容だそうですが、そのさいたまに行って来ました。(残念ながら最終日ではありませんでしたが。最終日にはドラえもんが来てくれたとか。行きたかったなぁ)本当に大きな会場で500レベル(5階席)ははるか上の方。その広い空間がお客さんでびっしりうまっているのは本当に圧巻です。
私は後方スタンドの2階席で、今まで参加したライブの中で一番ステージからは遠かったけど(一応ましゃは肉眼で見られました。豆粒大でしてけど^^;)一番楽しめたライブでした。ライブの雰囲気にだいぶ自分が慣れてきたせいもあるでしょうが、ラストに向けてライブの完成度が高くなってきたというか。無事にツアーのファイナルを迎えられることへの、ましゃの思いが伝わってきたというんでしょうか。
ラストのMCで「エンターテイメントにできることは何か?その答えをツアーに参加したみなさんに教えてもらった気がする。本当にありがとうございました」…と語ってくれたのを聞いて胸がいっぱいになりました。いえいえとんでもない。こちらこそどうもありがとうございました。
そうそうダブルアンコールが「最愛」だったんですよ。うれしかったです^^

名前:うめこ (URL) 編集

Re: (うめこさんへ)

2011/11/23(Wed)00:55

> 宮城ライブに参加したリスナーからのお便りには、どれにもとても重みがありました。震災と津波で被害を受けた方達がどんな思いで、ライブの日を待っていたのかと思うと胸がつまりました。
> 特に旦那さんを亡くして、最初「家族になろうよ」を聞いたときはくやしかったというお便りには泣けました。

皆さんの言葉には、重みがありましたよね。
「家族になろうよを聞いて悔しかった」という感情、実際に経験した人でなければ分からない感情だとは思いますが、その数分の一でも、分かるような気はしました。
震災は人々の心に忘れられない傷を残しましたが、ブータン国王が相馬市の小学校で話した「経験を積んで、人は大きくなる」の言葉にも象徴される通り、苦しい経験をした分、人間的に成長して頑張っていってほしいですよね。


>  そして先週はいよいよツアーのファイナルを飾る、さいたまスーパーアリーナでのライブでした。なんとツアー中、最多の2万人収容だそうですが、そのさいたまに行って来ました。(残念ながら最終日ではありませんでしたが。最終日にはドラえもんが来てくれたとか。行きたかったなぁ)本当に大きな会場で500レベル(5階席)ははるか上の方。その広い空間がお客さんでびっしりうまっているのは本当に圧巻です。

最終日でなかったとしても、さいたまスーパーアリーナそのものがツアーのラストを飾るものですよ!!
行けて良かったですね!!


> ラストのMCで「エンターテイメントにできることは何か?その答えをツアーに参加したみなさんに教えてもらった気がする。本当にありがとうございました」…と語ってくれたのを聞いて胸がいっぱいになりました。いえいえとんでもない。こちらこそどうもありがとうございました。

魂ラジでも言っていたようなことを、ライブでも言っていたのですね。
…ということは、あの震災以来、ましゃは自分の中で、ずっとその答えを模索していたということでしょうね。
その言葉が決してその場かぎりの言い繕ったものでなく、彼自身が心の底からずっと考えてきたものであることの証拠でもあると思います。

「エンターテイメント」という業界は、こういう(震災のような)危機の前では「所詮はお遊びでしょ?」と軽んじられる傾向がありますが、エンターテイメントを真面目にど真剣に考えてくれている人がいるということは、将来のエンターテイメント業界にとっても本当に大切なことなんだろうと思います。
ましゃの声を、彼のことをあまり知らない人々にももっと伝えられたらいいんですけどね。


> そうそうダブルアンコールが「最愛」だったんですよ。うれしかったです^^

僕も最近、この歌が大好きになってきました。
いい曲ですよね。飽きずに聞ける、名曲だと思います。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

こんばんは~

2011/11/23(Wed)01:17

福山さん、ドラマの話をしていましたね。
JINは文句なしのダントツ!

TV-Rocker様はあまりドラマとか見る時間がないのかな?

福山さんも少しベムのことを出してましたけど、今期はというかこの秋のドラマは「妖怪人間ベム」が私の中では№1です。「杏・ベラ」最高ですね。

最初はベム役を亀梨君がやると聞いたときは正直コケルと思ってたんです。リアタイでアニメを観ていた世代としては「キャラがちゃうやん!」って感じですから(笑)

でも、懐かしさもあって1話を観たんですけどしょっぱなから感動させてくれました。OP曲を昔の曲を使ってくれていたから。もち、歌っているのは亀・杏・福ちゃんですけど。亀梨君はわざと低い声で歌っているみたいです。

杏ベラのツンデレぶりは最高だし、福ベロは素直に可愛いし、亀梨ベムの寡黙で儚い切ない苦しみをたたえているような目だけの演技が…亀梨ベムもありかな…と。

3話目にいたってはボロ泣きしてしまいました。亀梨ベムの演技と平田満さんが良かったんですね。夕日のシーンも最高で…
4話目は福ベロに泣かされたし、最後のほうで福ベロを挟んでの3人のハグシーンがとても良くて…
5話にいたっては後半泣きっぱなしになりました。
でもね~5話、カッコよかったんですよ~夏目刑事を助けに行く場面。月をバックに3人がビルとビルの間を跳ぶシーン、そこでOP曲が絶妙なタイミングで流れて!ゾワゾワっと鳥肌がたちました。

笑いもちゃんと入っていてクオリティの高いドラマだと思います。
なんといっても亀梨ベムと杏ベラの妖しい美しさは半端ないっす!同じ人間とは思えない。あ・妖怪ですね(笑)

ところで南極、観てますか?
福山さんも口ごもっていましたけど、私は脱落寸前ってもう2話分見逃してますが、ベムを観だしたらどうでもよくなりました。

名前:エム (URL編集

Re: こんばんは~

2011/11/24(Thu)00:03

> TV-Rocker様はあまりドラマとか見る時間がないのかな?

実は魂ラジを聞いてくれていたのですね!?
なんだか嬉しいです☆

最近は本当にドラマを見る時間がないですね。
それと、最近、(特にNHKの)ドラマに裏切られていることが多いせいか、なんだかあんまりドラマを見たいという気にならないんですよね…(-_-;)


> 福山さんも少しベムのことを出してましたけど、今期はというかこの秋のドラマは「妖怪人間ベム」が私の中では№1です。「杏・ベラ」最高ですね。
> 笑いもちゃんと入っていてクオリティの高いドラマだと思います。
> なんといっても亀梨ベムと杏ベラの妖しい美しさは半端ないっす!同じ人間とは思えない。あ・妖怪ですね(笑

そうなんですか!?
それは全くノーマークでした☆

なんだか「怪物くん」と同じような感覚で捉えていて、正直「どうせネタがなくなったから、昔のネタをひっぱってきているだけだろう」と思っていました。
笑いあり、泣けるドラマにも仕上がっているとは、なかなかですね~


> ところで南極、観てますか?
> 福山さんも口ごもっていましたけど、私は脱落寸前ってもう2話分見逃してますが、ベムを観だしたらどうでもよくなりました。

見てません(笑)
JINと同じくらい力を入れているぽかったので気にはしていたのですが、第1話を録画し忘れたので、どうでもよくなってしまいました(笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

2011/11/24(Thu)09:44

Tv-Rockerさん、こんにちは!
私のつたない宮城レポートについて、本文で取り上げていただき恐縮です。
先週の魂ラジを聞いて、またまたましゃに惚れてしまいました。
TV-Rockerさんも赤字で取り上げられていた以下の言葉。

>僕らエンターテイメントに携わる人々が一番最初に考えたことは『僕らが何をやっても、傷つく人がいるのかも知れない』ということ。
>それが、自粛という方向に向かったのだと思う。でも、それをずっと続けていて、どうなるのか。
>僕らは僕らが信じたことをやって、間違いを指摘されたら改善していけばいい。
>多分、一番良くないことは、何もせずに立ち止まっていること。僕らもそうだし、被災された方々にとっても。
>それは1歩にも満たない、1ミリだったとしても、間違いながらでも、それを是正しながらでも、前に進んでいくことが大事なのではないか。そう思って、ツアーを再開したんです

この強い気持ちが、震災後のライブではどこでも、ましゃの「いまここで歌い演奏できることの感謝と愛」で満ち溢れていて、皆の心を揺さぶっているのだと思います。

そして昨晩の「ニュースZERO」はご覧になりましたか?
ましゃのライブツアーに密着し、震災支援について取材したものでした。
特に宮城ライブに掛ける取り組みの映像の中では、またあらためてましゃの想いを知り涙が出ました。

でも、今思い返してみてもライブ当日は、事前に何も語られずともましゃの想いが伝わって来て、だからこそ「魂が震えるライブ」だったのでしょう。

この人は長く活動を続けているトップクラスの芸能人なのに、自分の番組で自分のことを饒舌に語ってくれる稀有な人ですよね。
それがこの人の人気のひとつであると思いますが、(夜中にひとりでラジオを聴いていると、なんだかましゃと特別な関係を持っている感じがしませんか?)、どんなことを語っていても、ましゃ自身が真剣に自分の仕事に向き合い、それが素晴らしいパフォーマンスとなって結実し、私たちを楽しませてくれるので、ますますみんなはまっていってしまうのです(苦笑)

ツアーが終わってしまって寂しいけど、来年は何をみせてくれるのか?
ますます目が離せなくなりそうです。

名前:もうもう (URL) 編集

うめこさんへ(横レス失礼します)

2011/11/24(Thu)09:46

うめこさん、

ツアーファイナル参加されたのですね。
ましゃも使命感みたいなものまで感じられた宮城ライブを終えてツアーファイナルを迎え、ホッとしたところがあったのではないでしょうか?
それがより楽しいライブに結びついたのかな、と思います。
ましゃはいつだって全力投球で、どのパフォーマンスも愛と感謝に満ち溢れていますものね。

そうそう、MCのましゃからの「ありがとう」はぐっときますよね。
それを聞いて「ましゃありがと~」と私も思わず大きな声で叫んでしまいました。
私もそんなにましゃライブ参戦歴は長くないのですが、今回のツアーに複数回参加した結果、ひとりで参戦しても「ましゃ~」って叫べるように?なりました。
ましゃ流に言うと「感じすぎちゃって思わず声が出ちゃう」てな感じでしょうか(笑)

名前:もうもう (URL) 編集

もうもうさんへ

2011/11/24(Thu)14:44

 Rockerさん、またまた横レス失礼します。

 もうもうさん、
「ニュースZERO」見ましたよ~。先週の魂ラジでましゃの想いに涙したばかりなのに、ZEROでまたまた涙。本当に有言実行の人なんだなと、もう今以上に惚れることはないだろうと思っていたのに、ますます惚れてしまいました(笑)
 夜中にラジオを聴いていると、ましゃとの特別な関係感じますよね~^^。 真摯に熱く自分の想いを語ってくれたかと思うと、エロトークで脱力させてくれたり。自分とは住む世界が違う人のはずなのに、なぜか本当に身近に感じられる貴重なひとときです。かっこよすぎる人は苦手だった私が、ましゃにここまではまってしまったのは、いつも飾らない言葉で自分自身のことをありのままに語ってくれるからだと思います。
 もうもうさん、MCのましゃの「ありがとう」に大きな声で応えられたのですね。そして一人で参戦しても「ましゃ~」と叫べるとは素晴らしい!!私ももっと修行して(?)「ましゃ~」と言えるようにならなきゃですね(笑)

名前:うめこ (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2011/11/24(Thu)16:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re: (もうもうさんへ)

2011/11/25(Fri)01:10

> Tv-Rockerさん、こんにちは!
> 私のつたない宮城レポートについて、本文で取り上げていただき恐縮です。

いえいえ。
こちらこそ、貴重な宮城公演を臨場感たっぷりにレポートしてもらい、ありがとうございました。
宮城公演は、ましゃにとってもそうですが、僕にとっても、そして、日本全国のましゃファンにとっても特別なものだという気がします。



> そして昨晩の「ニュースZERO」はご覧になりましたか?
> ましゃのライブツアーに密着し、震災支援について取材したものでした。
> 特に宮城ライブに掛ける取り組みの映像の中では、またあらためてましゃの想いを知り涙が出ました。

そんなのがあったのですか…Σ(゚д゚lll)ガーン
最近、TVを見ていないせいか本当に世間事に疎くて、なんだか世の中に取り残された感もある今日この頃です。
しかも、ニュースはほぼNHKで、民放はほとんど見ないんですよね。


> この人は長く活動を続けているトップクラスの芸能人なのに、自分の番組で自分のことを饒舌に語ってくれる稀有な人ですよね。
> それがこの人の人気のひとつであると思いますが、(夜中にひとりでラジオを聴いていると、なんだかましゃと特別な関係を持っている感じがしませんか?)、どんなことを語っていても、ましゃ自身が真剣に自分の仕事に向き合い、それが素晴らしいパフォーマンスとなって結実し、私たちを楽しませてくれるので、ますますみんなはまっていってしまうのです(苦笑)

ましゃにはまるのは全然OKだと思いますよ☆
この人は、自分の所属しているエンターテイメントに対してもちゃんと自分なりの意見を持っていますから。
変な方向に流される人ではないと思います。
僕はこの記事を書く都合もあって、録音した音源をパソコンで再生しながら記事を書くのでリアルタイムではないのですが(笑)、いつもいろいろ勉強になります。
同じように毎日仕事をしている人間として、ましゃのように仕事と純粋に向きあい、常に全力でぶつかっている姿には男性としても非常に魅力を感じます。
(僕は、ちょっと仕事で失敗したり、しんどい仕事を押し付けられたり、気分が乗らないと、手を抜いたり、そこから逃げてしまいたくなるんですよね。つくづく小さい人間だと思います笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2011/11/25(Fri)08:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

マジで?

2011/11/25(Fri)11:33

NHKしか観ないんですか?
TV-Rocker様って私の子供たちの世代ですよね?珍しいですね(笑)父の世代ならわかりますが。

確かに最近のTVはろくなものを放送していないので、私もほとんど観ませんけど、やっぱり世間の流れは知らないと、だからヤフトピとかは必ずチェックします。

私もZEROは見ましたよ。
だって以前のED曲はずっと福山さんの「道標」だったし、この曲を最後に聴くのが好きでしたから。

名前:エム (URL編集

マジです。

2011/11/26(Sat)01:35

ニュースZEROの「道標」の頃は、僕はまだましゃのことをよく知らない頃でしたが、「やけにいい曲だな」と思って、エンディングの時だけたまに見ていました(笑)
キャスターが頭を一斉に下げ、アングルが遠くなってゆき、「愛を信じ~」のところで今日のニュースのフラッシュが流れる感じでしたか。。。

あと、僕がエムさんの子供の世代というのは、少し僕を若く見すぎです(汗)
もう30中頃ですから。。。


僕が(特にニュースで)ほぼNHKしか見ないのは、民放の宣伝が煩わしいからだけです(笑)
というのは、僕は出勤・帰宅の合計2時間の自転車通勤の時にiphoneにTV音源を入れて、それを聞きながら会社に行き、会社から帰っているので。
昔はテレビ東京系の「ワールドビジネスサテライト」も入れていたのですが、CMをわざわざ消して入れなおす作業が面倒になって、やめてしまいました。
今は英語の勉強をしていることもあって、NHKニュース7とNHKニュースウォッチ9の副声音(英語音声)をiphoneに入れて聞いていますので、実はあらまししか分からず、最近世間ごとに疎いのです…(-_-;)

日曜日のサンデーモーニングは例外的に見ていますよ。
あの番組は、物事を単純化して報道しがちな民放のニュースとは違って、重要なニュースを掘り下げて議論してくれるので、優秀な番組だと思います。僕はかなり重宝しています。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

ひょっとして…

2011/11/26(Sat)15:44

私の息子と同い年?もう少し下で娘の年齢くらいかと思ってました。ってことは私を逆に少し若く見ていてくれてたってことですね(笑)

iphoneにイチイチ入れてっていうのは面倒くさそうですね。
それに自転車通勤ですか。エコですね。でも今、自転車の取り締まり厳しくないですか?歩道を走っちゃいけないとか、イヤホンつけてたりとか、大阪は大丈夫なんだろうか?

私も日曜日はサンデーモーニングを観ていますよ。
まぁだいたい1週間の流れをやってくれるし、そうそう重要なニュースを掘り下げてくれますよね。


名前:エム (URL編集

Re: ひょっとして…

2011/11/27(Sun)19:31

今年で34です。
エムさんは、そうですね、文章から僕より+10位をイメージしていました。
まあ、なんとなくですけどね(笑)

iphoneについては、パソコンで録音し、自動的にiphoneに入るようにプログラムを作りましたので、実は全然面倒でないんですよ。家に帰ったらiphoneとパソコンを繋ぐだけでOKです☆
自転車の取り締まりは、はっきり言って全くないです。警察官のすぐそばを通っても何も言われません。なぜだかは分かりませんが…

サンデーモーニングは、あの長~いスポーツコーナーを丸々カットして僕は見ています(笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

Re: よろしければ

2011/11/27(Sun)20:26

返事遅れましたけど、ありがとうございました☆

無事に見ることができました・感激☆☆

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。