< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」9月24日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」9月24日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」9月24日


今回は、オープニングから盛り上がりましたね~
いきなり、ましゃと荘ちゃんのセッションですからね。


もう 今は彼女は どこにもいない~♪


なんて始まるものですから、荘ちゃんへの鎮魂歌、もしくは応援歌なのかと思ってしまいました。
(いや失礼ですね、僕の鎮魂歌と言うべきでした。スミマセンリラックマ17「汗」

荘ちゃんの声が、僕の中の今までのイメージも手伝っているのかも知れませんが、「一生懸命だけとちょっと不器用な男」にピッタリのような気がして、曲によく合っていたと思います。
ましゃが後ろからガッチリ支えてくれている安心感もあって、ナイス・セッションでした!




そして、「テレフォン・ミュージカル」!?
20年前、まだ20代だったましゃの貴重な音源を聞けました。


あぁ~つかんがぁ いいなぁ~~~


大爆笑です
「このころの僕はまだ・・・」と言っていましたが、この頃からこんな大爆笑ラジオをしていたんですね、ましゃ。
そりゃ嫌でも年季が入るわね。
この頃から聞いておきたかったなぁ。中学生くらいだから、今より自由な時間ももっともっとあっただろうし。



そして・・・2011年度板「魂のテレフォン・ミュージカル」開演です!
ブーーーーーーー

小原さんと松岡さんのボケセンスに脱帽です(笑
ましゃ、笑いすぎて「新入ちゃいん」になっていたし(笑
「ひどかった」とましゃ連発してましたが、このダメダメ感がいいんですよね。
相手役の方も nice try! でしたね。




あと、福島フェスのことにも、もちろん触れてくれましたね。
印象に残った言葉があったんですよ。


福島の皆さんの元気さとか笑顔を実際に見て―もちろん瞬間でしかないので、生活のことなんかはまだ全然分かっていないんで、何とも言えないんですけど―そして、ライブから帰ってきて、ラジオや他のツアー先で「みんな元気でしたよ、前を向いていますよ」ということを伝えてゆくのが僕の役目なのかなと思って、参加しました。


僕が感動したのは「もちろん(自分が見た福島は)瞬間でしかないので、本当のところは分からない」というところで、耳障りのいい言葉を単に並べるだけではなくて、自分の限界や分からなかったところをきっちりと見据えて、それを正直に報告してくれる。
こういうまじめなところが心に響くんですよね。

YouTubeで見ていても、観客のみんなが本当に楽しそうで、それが印象的でした。




魂リクは「家族になろうよ」
優しく600回目を締めくくってくれました。。。でも、来々週が本番!?

________________________________________________________

今週は、『心color ~a song for the wonderful year~』の英訳です。
特に毎日の仕事と奮闘している僕も含め社会人にとっては、「明日もがんばろう!」と勇気をくれるような、そんな歌ですね。


Here is a English-translated lyrics of "Kokoro-color ~a song for the wonderful year~."
This song will encourage our working adults, to "go for it!"



Mind-color ~a song for the wonderful year~

If I can get happiness only by beating someone,
do you say that life against nobody is better for me?

But I suppose that dropping out of races is the same as escaping from being beaten,
so I'm still running.

Woo. This year is going to be over, too.
In my mind are feelings of not carrying out and expectations of next year...

Spring, summer, autumn and winter...
More than the turn of the seasons, my mind changes quickly one after another.
I should control hope and gloom in a good way.

Many life flowers bloom in profusion.
In this town, what color of flower am I going to let bloom as my life flower?
Mind-color.

It seems that works before my eyes are all only for my own,
but they may make a smile of someone's face out of my notice.

So even if nobody watches me, I set my hurdle.
If I could jump over it higher and higher...

Woo. I won't give up for a year and another.
I would have already broken without you.

Time passes, and one age goes to the next.
Although anyone feels that now is the hardest age of all, anytime,

in next year and year after next, if you are with me,
I don't think it's so bad to grow old.

Our lives are colored severally.
They are dyed, get mixed, and melt with each other.

Spring, summer, autumn and winter...
More than the turn of the seasons, my mind changes quickly one after another.
I should control hope and gloom in a good way.

Many life flowers bloom in profusion.
In this town, what color of flower am I going to let bloom as my life flower?
Mind-color.





福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

魂ラジ600回

2011/09/26(Mon)23:22

 SOH+のDayDreamBelieverよかったですね♪
切なくもどこかロマンティックなこの曲、まさに荘ちゃんのイメージにぴったり。ましゃとのかけあいも最高で、ましゃは口ではああ言っているけど、本当は荘ちゃんのことが大好きなんだろうなぁ、ということが何だか伝わってきました。
それにしても荘ちゃんがふられた経験が豊富というのが、どうも信じられないです(今はご結婚されているようですが。TV-ROCKERさんも頑張ってくださいね…なんて余計なお世話ですよね、スミマセン^^;)
 そしてテレフォンミュージカル。はっきり言って…エロい^^;!!これを一般の方がやったら(やる人いないか…)かなりの確率でドン引きされること間違いなしだと思うのですが、それを爽やかにやってのけるましゃ、さすがです(ほめ言葉です)
 それができるのも、ましゃの本当は誠実な人となりがリスナーにはわかっているからなんでしょうね。この震災以降、ましゃはいろいろなところでエンターテイメントの役割とその限界について思うところを語っていますね。ライブ福島でのことを「いい時間でした」と言っていたのが印象的でした。
 その他。リスナーからのツアーグッズの提案。ましゃ、かなり真剣に検討してますね^^;個人的にはイヤホンというのはかなりいいと思います。夜ましゃのCDを聴くときも魂ラジを聴くときも、イヤホンを使っているので。エロ下着は遠慮しておきますね^^;下着と言えば、補正下着に頼るよりもトレーニングの方が早いんじゃない、と言っていたのも何だか努力の人ましゃらしいなぁとおかしかったです。
 来週荘ちゃんいないんですよね?魂ラジを聴き始めてまだ日が浅いので、荘ちゃんのいない魂ラジは聴いたことがないです。ましゃが一人でしゃべるってことですかね?ちょっと想像がつかないです。
**心colorの英訳**
 歌って訳すのが難しいですよね。それを毎週毎週続けられていて本当に脱帽モノです。
これもいい歌ですね。特に「そうやって誰も見てなくても、自分なりに決めたハードルを~」とフレーズが好きです。人から認められること、評価されることばかり求めてちゃダメってことですよね。「こうして君と一緒にいれるなら、年を取ることも悪くはないと思えてくるんだ」ここもいいですね。年を取ることを前向きに考えられます。
それではまた。

名前:うめこ (URL) 編集

Re: 魂ラジ600回

2011/09/28(Wed)02:41

> それにしても荘ちゃんがふられた経験が豊富というのが、どうも信じられないです(今はご結婚されているようですが。TV-ROCKERさんも頑張ってくださいね…なんて余計なお世話ですよね、スミマセン^^;)

今の荘ちゃんにましゃに負けず劣らず魅力があるのは、それだけ振られて、経験を積み重ねているからではないかと・・・生まれながら才能のある人ならともかく、僕も含め普通の人は、やはり一度痛い目に遭って経験しないと、なかなか成長できないものですから。
僕ももっともっと振られまくるよ!(あれ?主旨が違う?)


>  そしてテレフォンミュージカル。はっきり言って…エロい^^;!!これを一般の方がやったら(やる人いないか…)かなりの確率でドン引きされること間違いなしだと思うのですが、それを爽やかにやってのけるましゃ、さすがです(ほめ言葉です)

飲み会とかでそうとう盛り上がってないとできそうにない^^;
こういうのって、恥ずかしがったら負けですよね。ましゃのすごいところは、とにかく本気!
その本気度に、ついつい相手も引きこまれてしまうんですよね。
ましゃパワー炸裂でした(笑)


>  それができるのも、ましゃの本当は誠実な人となりがリスナーにはわかっているからなんでしょうね。この震災以降、ましゃはいろいろなところでエンターテイメントの役割とその限界について思うところを語っていますね。ライブ福島でのことを「いい時間でした」と言っていたのが印象的でした。

福島のライブは、特別な思い入れがあったんでしょうね。
後半、ライブについて、自分の役目について、淡々と語っていたところは、飾り気のない素直な言葉として、僕もすごく印象に残りました。
「これからも、引き続き支援してゆきたい」という言葉でも、本当に震災で心を痛めていることが伝わってくるような気がしますね。


> **心colorの英訳**
>  歌って訳すのが難しいですよね。それを毎週毎週続けられていて本当に脱帽モノです。
> これもいい歌ですね。特に「そうやって誰も見てなくても、自分なりに決めたハードルを~」とフレーズが好きです。人から認められること、評価されることばかり求めてちゃダメってことですよね。「こうして君と一緒にいれるなら、年を取ることも悪くはないと思えてくるんだ」ここもいいですね。年を取ることを前向きに考えられます。

この歌は、このブログの影響で僕が魂ラジを聞き始めた時に、必ずといっていいほどオープニングで流れていた曲なので、特に思い入れがあるんですよね。
歌詞の中にも、ましゃが仕事にかける情熱・思い入れや、他人やファンの人に対する優しさ・思いやりが現れているような気がして、何回でも聴いてしまいます。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2011/09/28(Wed)22:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re:

2011/09/29(Thu)01:20

ましゃにも大切な人はいるんじゃないでしょうかね。
逆に、いない方が不自然な気もしますし…
「もし君がいなかったら、とっくに壊れていた」という歌詞、特に「壊れる」という表現が僕もすごく好きです。
ホント、いい歌だと思います。


オーサカのことについて知りたいって??
エスカレーターは右ですよ。左は急いでいる人用で、マナーとして、駅のエスカレーターでは友達連れと乗っても左は必ず空けておいて下さいね。大阪人はせっかちなので、特に電車が出発しようとしている時なんか、エスカレーターをダッシュで駆け上がってくるサラリーマンや、OLの人の通行を妨げないようにしてあげて下さい^^;
駅など公共の施設以外では(たとえば大型店など)エレベーターを左右並んで立つのは問題ありません。
(でも、急いでいる人がいたらどいてあげて下さいね♪)


「お好み焼き定食」については、これは最近のお店でははなくなりつつあります。
「ご飯+お好み焼き」とか、「ご飯+うどん」の組み合わせは、昔はありましたが、今は食事のバランスを考える人が増えたこともあり、お店でもほとんど見かけません。
ご飯の代わりに、おにぎりやいなりずし、ミニ天丼などをつけたメニューを「定食」として出しているところが多いですね。

あとは・・・歩行者や自転車の信号無視は日常的に見かけます。(これは全国共通なのかな?)
コテコテの大阪弁を使う人は、最近は特に少なくなってきたような気がします。
大阪も、昔ながらの(?)大阪を残すところ(たとえば、通天閣周辺の、通称「新世界」など)がある一方、大阪駅・新大阪・心斎橋・難波周辺はいろんな人が集まってくる影響もあって、大阪の空気は感じられないと思います。
まあ、普通のビジネス街が広がっているイメージです。

もっと話したいことはあるのですが、これ以上突っ込むと自分の地域が特定されてしまう恐れがある(?)ので、メールフォームにでもメールを送ってもらえたらと思います。最後のことも含め、僕は大歓迎ですよ。
※メールフォームは不具合があったことがあり表示をやめた経緯があるので、よければ一度テストメールでも送ってみて下さい。届けば、必ず返信しますから。

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。