< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」9月10日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」9月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」9月10日


オリコンチャート1等賞のシングルは・・・

これだ!




トリプル1等賞
おめでとう!ましゃ!!

クラッカー


まあ、当然のことですよね。
いい曲ですものね、「家族になろうよ」も「fighting pose」も。
僕はほとんどテレビを見ないので知らなかったのですが、今、ゼクシィのCMでバンバン流れているんですってね。(会社の同僚情報ですが…)
24時間ライブのDVDもすごく良かったですよ。歌っている時のましゃがすごくいい顔してる♪



それはそれとして、今日は、「企画してほしいこと」で盛り上がっていましたね。
全国の公立高校と提携するというのが…
制服の裏地がましゃの刺繍なんてことになった日には、「福山雅治なんて嫌い」と言っている人でも強制ましゃファン(笑)



―あの震災から半年。
自分は直接の被害に遭っていない人間ですから、偉そうなことは言えませんが、あの日から、震災のことは忘れたことはありません。なかなか忘れられるものでもありませんし。
そう言っている自分も、無常の世の中ですから、いつ何が起こるか分かりません。
これから先どんな苦しみがやってくるかも分かりませんし。
そんな時は、あの震災を乗り越えて頑張っている人達を思い出して、決して人生に絶望することなく、常に前向きに頑張ってゆきたいと思います。


________________________________________________________

こん家族になろうよ!
前回のコメント欄でもちょっと書きましたが、訳あって英語を勉強中の身でもあるので、その練習も兼ねて「家族になろうよ」の歌詞を英訳してみました。
なにぶんまだ未熟なものですから不適切な表現が含まれているかも知れませんが、許して下さい。

Hell-et's be a family!
I shall put the English translation of lyrics "Kazoku ni narou yo" below for my practice.
(Any infelicities or problematic phrasings are caused by my poor English skill. Please forgive me!)


Let Us be a Family

"After a hundred years, still be in love,"
you embarrass me in front of everyone.
Yet, thank you for your smiling next to me,
and choosing me.

Although how deeply we trust each other,
there might remain something that we never even know.
We live our lives with such loneliness.
That may be `loving someone.`

Someday with a wide back like father's,
someday with a soft kindness like mother's,
we will be able to overcome anything.
Let us be a family.

When I was young I was weak, easily crying and behaving like a baby.
I'm always full of my own affairs, do nothing for my parents.

Even if it is impossible to change suddenly by tomorrow,
I would like to change step by step, from who is given to who gives.

Someday with a quiet strength like grandfather's,
someday with a pretty smile like grandmother's,
I can keep on living with you.
Let us be such a couple.

Someday with a boy who smiles similar to you,
someday with a girl who cries just like me,
we will be able to overcome anything.
Let us be a family.

I can keep on living with you.
Let us be happy.




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

管理人のみ閲覧できます

2011/09/15(Thu)14:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re: タイトルなし

2011/09/16(Fri)01:22

It's 0:00 a.m.
Well, I just finished my study right now.

記事に苦衷の色がみえるのは、題材というより、個人的な事情に依ることが大なのです。
1ヶ月前に英語の勉強を始めてから、生活スタイルがガラっと変わりました。

今までは、会社から家に帰ったらビールでも飲みながらブログを書き、時間が来たら寝る、という毎日だったのが、今は出勤前と帰宅後に1時間ずつ英語の勉強時間を(自分の中のルールとして)作っているので、自由な時間がめっきり減りました。
日本語にあふれたこの国で英語を本気で習得しようとすれば、朝から晩まで極力英語に触れておかないとダメで、日本語を見ても英語でどう言うか?ということを常に考えておかなければいけないのです。
中途半端にしても時間を無駄にするだけなので、覚悟を決めて、どっぷり没頭しようと思っています。


正直、今の僕の頭の中は HOW TO GET ENGLISH で一杯なのです。
(もちろん、意図的に自分をそう誘導していることもありますが)

記事が手抜きになっているのは、そういう事情です。
(それと『続・龍馬伝』は実はかなり書きためてあるのですよ)


ブログに関しては、連載しているものが終われば、あとは気に入ったものだけ記事にしていこうと思っています。
魂ラジについては、記事を書くこと自体は負担でないので、続けます。
それと、自分の中で、目標を立てたんですよ。

[Translating the Masya's song lyrics one by one per week]

それを魂ラジの記事に載せていこうかな、と。前回のように。
何とも自分勝手で誰も得しない目標ですが、ましゃの歌は曲ごとにメッセージが違うので、翻訳しがいもあるし、何より楽しいんです☆
「fighting pose」についてはもう完成しましたので、次回にお披露目します。
その次は、「心color」と、自分の気に入った曲からとりかかってゆく予定です。




あ、疑問に答えていなかったですね。
コメントは今まで通りお願いします。寂しがり屋なので話しかけて下さい^^;

名前:TV-Rocker (URL編集

家族になろうよの英訳^^

2011/09/16(Fri)16:37

毎日2時間ずつ英語の勉強をされてるってことですよね!目標がどのあたりなのかわかりませんが、かなりの英語力がつくんじゃないですかね。偉いなぁ、TV-Rockerさん^^

*「家族になろうよ」の英訳について*
TV-Rockerさんは「彼」は「私」をみんなの前で困らせたりもするけど、それでも彼に感謝している、という風に解釈したのですね。私はまた「私」がみんなの前で「百年経っても好きでいてね♪」と思いっきりのろけて「彼」を困らせたのに、「彼」はそれでも隣で笑っていてくれる…だと思ったんですよ。
本当はどうなのかはましゃに聞いてみないとわかりませんが。どっちでもいいよって言ってくれそうですけどね^^;
「fighting pose」の次は「心color」なんですね。どっちも好きな曲なので楽しみにしてます☆好きな曲はいっぱいありますが、特に「最愛」が好きです^^。お時間ありましたらこちらもぜひお願いします♪

お体に気をつけて英語の勉強、頑張ってください。

名前:うめこ (URL) 編集

Re: 家族になろうよの英訳^^

2011/09/17(Sat)00:16

> 毎日2時間ずつ英語の勉強をされてるってことですよね!目標がどのあたりなのかわかりませんが、かなりの英語力がつくんじゃないですかね。偉いなぁ、TV-Rockerさん^^

無謀ですが、2年後に英検1級を目指します。
現在準2級くらいの英語力はあるようなので、2級までをまず半年でとって…そこからが大変そう(涙


> *「家族になろうよ」の英訳について*
> TV-Rockerさんは「彼」は「私」をみんなの前で困らせたりもするけど、それでも彼に感謝している、という風に解釈したのですね。私はまた「私」がみんなの前で「百年経っても好きでいてね♪」と思いっきりのろけて「彼」を困らせたのに、「彼」はそれでも隣で笑っていてくれる…だと思ったんですよ。

そんな感じですが、性別が違うんです。
僕は男なので、「私」=男性、「あなた」=女性とみて、最初のセリフは彼女が自分を困らせたセリフ、ととったんです。
女性が聞けば、うめこさんのように「私」=女性とみるでしょうし、そうなれば最初のセリフが私のセリフと捉えるのは自然だと思います。
どちらにせよ、最初のセリフが女性からのセリフというところは共通していますよね☆



> 「fighting pose」の次は「心color」なんですね。どっちも好きな曲なので楽しみにしてます☆好きな曲はいっぱいありますが、特に「最愛」が好きです^^。お時間ありましたらこちらもぜひお願いします♪
>

了解!

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。