< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 『続・龍馬伝』 第2部の予定 > 続・龍馬伝 > 『続・龍馬伝』 第2部の予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『続・龍馬伝』 第2部の予定


龍馬伝第4部タイトル(雲の



龍馬亡きあとの幕末は、どうなっていったのか?


去年の大河ドラマ『龍馬伝』が、龍馬暗殺で幕引きとなってしまい、龍馬の物語としては完結したのかも知れませんが、「歴史」という観点から見たときに、舞台の途中で急に暗幕が下ろされたような、もしくは映画の途中で退出を余儀なくされたような、そんな中途半端な気持ちになってしまったんですね。

このドラマの完結は、どこであるか。

龍馬が目指したものは、「新しい日本」
だとすれば、新しい統一国家が誕生したところが、ひとつの結論となるのではないのか。
すなわち「戊辰戦争の終結が、幕末の終幕であり、明治国家の夜明けである」
として、そこまでの歴史をつづってゆこうと考えました。


物語は、江戸城無血開城まで進みました。
ここまでは、新政府側も旧幕府側も、その行動が司令部のコントロール下にあった。
そのひとつの結実が、双方の実質的な司令官同士の対談により実現した、無血開城であったわけです。


ここからは、その統制が、少しずつ崩れてゆきます。
江戸城から離散した旧幕府残党は、勝海舟の管理下を離れ、それぞれが自由に動き回るようになってゆく。
一方の新政府軍も、江戸城問題に忙殺されている西郷をさしおいて、それぞれの参謀が自分の主張を公にするようになってゆく。
統制を欠いた両陣営は、そのはけ口を、やがて、暴力という形で発散させるようになるのです。
本格的な内戦の、始まりです。



これ以降の歴史は、上に書いた理由により、かなり複雑で入り組んだものになってゆきます。
記事を書く上でも、異なる記事で矛盾が出ないように、今回は全体の流れをまず決めてしまいました。
今後、15回で描き切る予定ですので、参考にしてもらえたらと思います。

※なお、以下の計画はあくまで現段階での計画ということですので、タイトルが変わったり、内容が前後する可能性もありますので、ご了承下さい。



16 宇都宮城攻防戦

17 奥州不穏

18 奥羽越列藩同盟

19 江戸城奪還作戦

20 白河口の戦い

21 朝日山争奪

22 第2次江戸城奪還作戦

23 上野戦争

24 長岡城奪還戦

25 母成峠の戦い

26 鶴ヶ城攻城戦

27 東京遷都

28 新天地へ

29 宮古湾海戦

30 五稜郭の夢



ターニング・ポイントは「上野戦争」です。
ここで、大きく流れが変わることになります。

来週から、再開します。
とりあえずは週1回のペースですが、ある程度めどがつけば、ペースをあげることができるかも知れません。
『テンペスト』が始まるまでは、ブログも少し寂しくなりますが、我慢してください。

※もしよければ、続・龍馬伝 (1)王政復古から読んでみて下さいね。



ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

これは・・・

2011/07/02(Sat)20:31

おぉ、これはまさに戊辰戦争!
恥ずかしながら私が生まれる丁度百年前が戊辰戦争でした。
封建制度が崩壊し近代化へ進む時代のうねりに起こった内戦。
この戊辰戦争後、明治維新が進むんですよね。
いやー、楽しみです。

名前:たり (URL) 編集

Re: これは・・・

2011/07/04(Mon)00:02

戊辰戦争100周年の年にお生まれになられたのですね。
思い入れがおありだと思います。

仰られるとおり、封建社会から近代へ移る歴史の狭間に起こった軋みというか、封建制度の断末魔の叫びのような内戦ですよね。
記事を書くにあたっては、すべてを知った上での結果論として書くのでなく、できるだけ当事者に寄り添うような形で書くように心がけました。
今はまだ書き始めですが、必ず最後まで書き切りますので、ぜひ期待して下さい!!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。