< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 新選組血風録 第12話「最後の武士」感想 > 新選組血風録 > 新選組血風録 第12話「最後の武士」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新選組血風録 第12話「最後の武士」感想


最終話の季節になりました。
今季、僕は民放のドラマを全く見なかったのですが(JINは例外です。あれはTBS大河ですから)、6月に最終話を迎え、7月から新番組、というところも多いのではないかと思います。
BS時代劇もその通例に従うようで、このドラマも完結してしまいました。

タイトルはそのもの「最後の武士」
そして、最後の感想。


「最後」はイマイチ血風録。


う~ん…リラックマ29「…汗」

前半はまだ良かったと思うんですけど、後半の無理やりフィナーレを迎えた感がどうもねぇ。
通年の大河ドラマならまだしも、たかだか11回のドラマで、最後に隊士の最後とかわざわざやる必要があったのかどうか。
というか、ほとんど活躍していない隊士もいたでしょ?
そんな人の最後とかナレーションで聞かされても、「いや、今回は、顔と名前が一致しただけでよしとします。ご愁傷さまでした」と、失礼ながらもそう言うしかない。

どうせなら、原作の1話をいつも通りスパッと入れて、「彼らは今日も、命をかけて戦いに挑むのだった」みたいなナレーションで「え?何?もう終わり?」とドッキリさせてくれた方が良かった。


※ただ、これは好き好きだと思います。
特に僕の好みとして、映画やドラマの最後に「彼らの人生の最後」みたいなのを入れられると、急に現実的になって、ドラマの世界から冷めてしまうんですよね。
映像の世界は永遠の世界として、最後まで自分を騙し続けてほしいんです。
非現実に入れ込むタイプなので、自分。



最初に毒を吐き出しました。
意見が違った方、すみません。

________________________________________________________



天満屋事件


いきなり「天満屋事件」で始まったのは良かった。
度肝を抜かれました。
そして、斎藤一の「俺達は何をしているんだ。たったひとりを守るために、このような犠牲を…」のセリフ。
これが、新選組絶頂期に言われても何も感じないのですが、この時期に言われるから重いんですよね。
これからの新選組の未来を暗示しているようで、ずしりときた。


新選組の人気の秘密。
いろいろありましょうが、やはり、日本人の心に響くものがあるんでしょう。
判官びいきにも表れる、弱き者、消えゆく立場の者に対して喝采や応援をしたくなる気持ち。
滅びの美学とでも言うもの。
現代の自分はとてもマネはできないけど、だからこそ、それを貫く人達がとてつもなく輝いて見える。
そういった要素が、新選組に感じられる。
だからこそ、時空を越えた普遍的な人気があるのではないかと思うのですね。



「落ち目の新選組なんて見たくない!」という声もあると思いますが、僕自身は、上のような理由から、そういった新選組を描くのも映像的な美しさはとしてありだと思うんですね。
ただし、そこに哀愁が感じられないと。
ごつごつした大雑把な味付けだと、かえって逆効果ですね。




殿!殿は如何なさいますか!


この場面も好きですね。
配役の偶然か、松平容保がちょっと頼りない若殿様に見えたこともあって(出てきた時は、容保の家来かと思ってしまいました…汗)、優柔不断な若殿に活を入れたような雰囲気で、良かったと思います。
今回イマイチぱっとしなかった近藤勇の、最後の晴れ舞台となりましたね。



そして、緊迫感のないシーンが何となく続き…
土方も、お美代さんに「俺のこと忘れるなよ」みたいなことを言って…
歴史上の出来事がいろいろあって…
このあたり、すでに退屈モードリラックマ18「もやもや」




狙撃される土方


「最後の武士」土方歳三は、コンピュータ専門学生がレポートで作ったようなCGの砲撃を見ながら、無謀にも敵の鉄砲隊に単騎で突撃し、あえなく狙撃され死亡。
お美代が恋しいあまり、死んで魂だけでも京に飛んでいこうと思った模様。
最後に、沖田と近藤の亡霊を見る。

なんだこのテキトーな最期。
こんな情けない土方、初めて見た。



美代の後日談みたいなのがあって、血風録は、こうしてなんとなく終わる。
ちゃんちゃん♪





7月からは…テンペスト!
この蛇男が妙に気になってしょうがない。


テンペスト予告



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

終わりよければ全て良し

2011/06/24(Fri)07:12

おはようございます

今回の「血風録」、詰め込み過ぎでしたね。
無理に新撰組の最後を描かずに、いつものとおりやってくれたらという気はします。

ただ、レヴューも、天満屋事件扱うのなら、もう少し詳しい歴史的位置付けをやってほしい。
そうしないと新撰組の悲劇は表せないし、前回脚本家がわざわざ龍馬暗殺を無理やりストーリーに組み込んだ意味もないと思います。

篠原や阿部十郎による近藤の狙撃や五稜郭での土方、結構人気のある市村鉄之助など、もっと詳しいTV-Rockerさんらしい解説を読みたかったです。

それにイマイチと言っても現在の大河ドラマに比べれば、はるかにいい内容なんで、今からまだ1月以上先の「テンペスト」の予告に気分が行ってしまっているのは、ないと思います。

名前:よしぼう (URL) 編集

詰め込み感

2011/06/24(Fri)12:01

記事から伝わって来ます、最終話の詰め込み感が…。
私もドラマには思いっきり入り込みたいタイプなので、説明的になると急に萎えてしまうのはすごく分かります。

新選組の魅力・滅びの美学。
おっしゃる通り、現代にはありえないことながらも、だからこそ憧れるんだと思います。地位も財産もない若者たちが、信念ひとつでのしあがって、だけど最後は落ちていく…って、かっこよすぎます!

血風録は見れてなかったのでなんとも言えませんが、良いところイマイチなところ半々のようでしたね。でも新選組ファンとしてはいつかは見てみたいです。原作も読んでみたいです。

今後また新選組に関する映像作品を放映してくれるとうれしいですね。
レビューありがとうございました!

名前:くずゆ (URL) 編集

こんにちは~

2011/06/24(Fri)16:06

最初から謝らないでください(笑)
意見が違ったっていいじゃないですか。感じ方は人それぞれ、ここはTV-Rocker様のブログです(^^)v

『最後の武士』というタイトルをつけるならTV-Rocker様がおっしゃる様にもう少し哀愁がある方がいいですよね。45分じゃしんどいかな?

土方歳三も死に場所を探していたのかなぁ~
彼の洋装の写真は有名ですよね。時代の流れはもう止められないという事はその服装からも感じ取れます。って…ただのおしゃれな人?…には思いたくない(笑)

五稜郭のシーンはもう少しやって欲しかったな~
史実では騎乗中に撃たれたらしいけど、このドラマの描き方ってまるで自殺じゃないですか。

***

あ・ところで話は変わりますが2013年の大河ドラマは綾瀬はるかさんに決まったそうですよ。絶対『JIN』の影響ありますよね(笑)

時代も幕末で新島八重役でよほど歴史に強い人でないと名前が出てこないんじゃないでしょうかね。

私も誰だっけ?聞いたことあるな…と思って、白虎隊のドラマで見たんだな?という事はわかっても女優さんの顔が出てこなくて、ググってみたらスーちゃんこと田中好子さんが出てきたんですけど古すぎやろ~^_^;…
確か数年前です。山Pが主役の時のドラマかな?

綾瀬はるかさんにも期待したいですね。

とりあえずは「新撰組血風録」お疲れ様でした。

名前:エム (URL編集

Re: 終わりよければ全て良し

2011/06/24(Fri)20:32

> ただ、レヴューも、天満屋事件扱うのなら、もう少し詳しい歴史的位置付けをやってほしい。
> そうしないと新撰組の悲劇は表せないし、前回脚本家がわざわざ龍馬暗殺を無理やりストーリーに組み込んだ意味もないと思います。
> 篠原や阿部十郎による近藤の狙撃や五稜郭での土方、結構人気のある市村鉄之助など、もっと詳しいTV-Rockerさんらしい解説を読みたかったです。

今回は、なんだかダメダメなころの「血風録」に戻ってしまったような感じで、思ったのは、「新選組」や「新選組血風録」といった人気看板に頼っていた意識もあったのではないか、と。
仮にこの物語が新選組の物語でもなんでもなく、ただの時代劇だったとすれば、どれほどエンターテイメント性があったのかと考えると、あの程度の評価しかできなかったというのが正直なところです。

「天満屋事件」も、物語の始まりとしては緊迫感がありましたが、ほぼナレーションで終わらせた龍馬暗殺劇を布石とするような工夫は見られず、五稜郭に至るシーンもつぎはぎ感が否めず、「ここは良かった」「ここは工夫しているね」といった評価をするような箇所がなかったことが、解説をしなかった理由です。
意を汲みとっていただければ、と思います。


BS時代劇は、現代劇と化した大河に対抗する貴重な枠ですので、ぜひ、歴史性とエンターテイメント性を両立してもらいたいと、切に願っています。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: 詰め込み感

2011/06/24(Fri)20:41

> 新選組の魅力・滅びの美学。
> おっしゃる通り、現代にはありえないことながらも、だからこそ憧れるんだと思います。地位も財産もない若者たちが、信念ひとつでのしあがって、だけど最後は落ちていく…って、かっこよすぎます!

彼らは何を思い、京で人を斬ってきたのか。
迷いはなかったのか。
未来に対する不安はなかったのか。
…と、いろいろ考えてしまうんです。
現代の我々が彼らの気持ちになろうとしても、どうしても越えられない一線というか、覗き得ない心境の覚悟のようなものがある気がして、そこに惹かれる面もあると思います。


> 血風録は見れてなかったのでなんとも言えませんが、良いところイマイチなところ半々のようでしたね。でも新選組ファンとしてはいつかは見てみたいです。原作も読んでみたいです。

あと、評価もかなり分かれるようです。
他の人のブログでも、自分がけなしていた回を褒めていたり…^^;
原作が好きな人は、高評価をすることが多いようですね。
いつか機会があれば、ぜひ見て下さい!!

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: こんにちは~

2011/06/24(Fri)21:17

> 最初から謝らないでください(笑)
> 意見が違ったっていいじゃないですか。感じ方は人それぞれ、ここはTV-Rocker様のブログです(^^)v

「ここは意見が分かれるだろうなぁ~」みたいなところは、どうしても気を遣ってしまうんです。
気を悪くしたらいけないしなぁ~とか。
気を回しすぎなのかも知れませんけどね。


> 『最後の武士』というタイトルをつけるならTV-Rocker様がおっしゃる様にもう少し哀愁がある方がいいですよね。45分じゃしんどいかな?

話の続きをするにしても、新選組が決定的に敗北する鳥羽伏見の戦いで終わらせた方が良かったのかも知れませんね。
あと、今回のように最後まで周りに感謝されるよりも、京の人々の心情の変化や、新選組内でも心が離れていく隊士の姿を描いたり、末路が重くのしかかるようにしてほしかったですね。


> 五稜郭のシーンはもう少しやって欲しかったな~
> 史実では騎乗中に撃たれたらしいけど、このドラマの描き方ってまるで自殺じゃないですか。

やるならやる。やらないならやらない、で、あの程度のシーンなら、やらない方がマシくらいですよね。
すごく無謀な土方でしたね。


> 私も誰だっけ?聞いたことあるな…と思って、白虎隊のドラマで見たんだな?という事はわかっても女優さんの顔が出てこなくて、ググってみたらスーちゃんこと田中好子さんが出てきたんですけど古すぎやろ~^_^;…
> 確か数年前です。山Pが主役の時のドラマかな?

ヤマピーの時は中越典子さんで、田中好子さんはその前(1986年版)のようですね。
ヤマピー版は僕も見ましたよ。本格的で、なかなかおもしろかったです。

名前:TV-Rocker (URL編集

2011/06/25(Sat)01:56

>11回のドラマで、最後に隊士の最後とかわざわざやる必要があったのかどうか。

これは確かにそうですね。源さん、原田、永倉あたりは、もう少しキャラ立ちさせて欲しかったです。
「剣に生き、剣に散っていった『男たち』の物語」だからでしょうか?

(今、手元に原作本がないので、確かめられないのですが、)「武士階級ではない者たちが、武士になろうとあがく中で、本物以上に武士らしくなってしまった」ということを表現するために、話数を重ねていったら、彼らのエピソードが無くなってしまったのではないか、と推測しています。
キーワードは「法度」であって、法度によって粛清された者と、粛清する側を相対的に描いていった感じがするのです。
そして、粛清する側である土方の成長物語でもあったのだと思います。(だからラストは五稜郭)
本物の武士であったと表現された者達は、最終話のナレーション無双で処理されていった者達も含め、芹沢が「武士になりたいなら、死に場所だけは違えるな」と言ったように、各々の死に場所を定めていったように感じました。

そして、土方も死に場所を違えないために単騎で突撃したのでしょうが……これはやはりしょぼかったですね(涙)
できれば「俺も出る!」とか言って、混戦状態の戦場に刀で斬り込んだ方が、自然だったと思うのですが、予算の都合でしょうか?(苦笑)


実は、龍馬伝の感想を拝見していた時に、割とポジティブな見方をされる方だと思っていたので、本ドラマにおいて、管理人様が、かなりシビアな意見を言われたことに驚きました。この三年間、45分間見ているだけで、素人が2つも3つも改善点が見つかるような大河を見ていただけに、多少の傷はあれど、充分良作といえるドラマだと思っていたので…
念のために申し上げておきますと、このことに関して怒っているというわけではありません。イチャモンの付け方に筋が通っていれば(要はその方なりの、ドラマの見方が見えてこれば)、それで良いと思っているので。
管理人様は、歴史の複雑さを上手くストーリー内で昇華することと、洗練された演出を重視されているのかな…と思いました。
龍馬伝の演出は、斬新でスタイリッシュでしたからね。

また、血風録のナレーションですが、管理人様のように苛立つことはなかったのですが、
司馬遼太郎先生の文章の雰囲気を踏襲しているものの、坂の上の雲のような、洒脱が今ひとつ足りないような気がしました。


自分も、テンペストは蛇男が気になっています(笑)
ガクトと、小林幸子が同じ画面に映るなんて、なかなか無いと思います。

名前:yama (URL) 編集

Re: (yama さんへ)

2011/06/25(Sat)20:39

> キーワードは「法度」であって、法度によって粛清された者と、粛清する側を相対的に描いていった感じがするのです。
> そして、粛清する側である土方の成長物語でもあったのだと思います。(だからラストは五稜郭)

なるほど。
法度はたしかに、効果的に使われていたと思います。
そう考えると、土方の最期を描くのは分かります。が…最期がみっともないのはちょっと…汗


> 管理人様は、歴史の複雑さを上手くストーリー内で昇華することと、洗練された演出を重視されているのかな…と思いました。
> 龍馬伝の演出は、斬新でスタイリッシュでしたからね。

自分で自覚しているわけではありませんが、言われてみればその通りだと思います。
映像化された時点でエンターテイメントだと僕は考えているので、どんなに史実通りに原作通りに作っていても、「退屈だな」と感じるものは評価を低くしてしまうんです。
「面白い」「退屈」と感じるかどうかの分かれ目が、ストーリーであり、演出であると思います。
龍馬伝の音楽、場面の切り替え、オリジナルのエピソードなどは、いいところがたくさんあったと僕は思っています。

あとは、龍馬伝を見ていた去年より、見る目が厳しくなっているかも知れません。
ずっと感想を書いていると、どうしても見方がシビアになってしまうのと、記事に遠慮がなくなってくるので…^^;
初めて感想を書くのがこのドラマなら、そこまで書けなかったも知れません。


> 自分も、テンペストは蛇男が気になっています(笑)
> ガクトと、小林幸子が同じ画面に映るなんて、なかなか無いと思います。

異国情緒ある風景と重なって、すごい絵になりそう(笑)
おもしろいドラマになるといいですね。

名前:TV-Rocker (URL編集

承認待ちコメント

2013/05/06(Mon)21:21

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。