< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」6月11日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」6月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」6月11日


今日は、いろいろ勉強になりました。


まず、冒頭の音楽業界の話。
「あそこまで言っていいのかな!?」と内心ヒヤヒヤしながら聞いていたのですが、やはりその業界に長く携わっていたましゃとして、いろいろ思うところがあるのですね。
曲づくりの人が、スポンサーサイドの都合で使い捨てされるような世の中はやはりだめですよね。
「身を削るような思いで、自分の何かを削って、曲を生み出してきた」というましゃの言葉は、それほどまでの気持ちで曲を出しているんだ…と、改めて、心に残るものがありました。
普段は明るくバカ話をしているので、ついつい忘れがちになるんですよね、ましゃが実はまじめ人な人だってことを(おいおい…



その後、「ましゃの元気の源は何ですか?」という質問に対して

「筋肉です」

と答えたましゃ。
そうですよね。普段からコツコツと努力しているから、本番で力を発揮できるんですよね。
「派手さの裏に、地味な努力あり」という感じがして、やはり一流の人はそれだけ努力してるよな…と知らされました。



その後の質問「ましゃはいつからそんなにおしゃべりが上手なのですか?」
これに対する答えも良かった。

ラジオのエピソード、そんなことがあったなんて…!!
「自分のトークを聞いて、ここが駄目だ、と反省して、練習した」
ホント、下積みの努力ですよね。
さらっと言っていましたけど、毎週それを続けるというのは、大変なことだと思います。
特に、ラジオのパーソナリティなんてルックス関係ないですもんね。
ましゃのルックスだと、ラジオよりTV向けだと思うんですけど、あくまで自分の「やりたいこと」にこだわる姿とか、カッコイイです。

「自分が、心からおもしろいと思っているかどうかが、本当におもしろい話になるかどうか」

名言ですね。
これって、ブログでも同じだよね…と、自分が書いてゆく上でも肝に銘じようと思いました。




最後は、震災復興について。
つい先日起こったような気がしていましたが、もう3ヶ月も経ったんですね。
百樹屋さんの女将さん、大変な経験をされたのに明るい言葉で述べていて、本当に強い人は、こういう人のことをいうんだな、と思いました。
地域の皆さんに愛される理由が、分かったような気がしました。
これからも、頑張ってもらいたいです。




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2011/06/13(Mon)22:06

こんばんは!
今週のリスナーのお便りに「ましゃはかっこよすぎて今まで何となく好きになれなかった…」とありましたよね。う~ん、わかるなぁ。私も実はかっこよすぎる人って何となく苦手でした。なのでもしもレグザやアサヒスーパードライなどのCMのましゃしか知らなかったら、多分ファンになることはなかったでしょう^^;
それを変えたのは…やっぱり「龍馬伝」です!
客観的に言って「JIN」の内野さんの龍馬はハマリ役だと思います。きっと実際の龍馬もこんな感じだったんだろうなぁ、こんなにイメージにぴったりの龍馬は今まで見たことないぜよ!
だけど実際の龍馬のイメージに合っているかは別にして、豪放磊落なだけじゃない、優柔不断なところもある「龍馬伝」の龍馬が本当に好きだったんですよね。もうそれは理屈ではなく^^;
それでましゃの出ているテレビや雑誌、ラジオを見たり、聞いたりし始めたら、予想以上にトークが面白かった!う~ん、何というんでしょうねえ、人柄がにじみ出ていると言うか。あのルックスとは裏腹の気どらないところ、庶民的なところ。そして何よりTV-Rockerさんもおっしゃっているようにまじめなところ!ラジオのエピソードは本当にましゃらしかったですね。陰ではものすごく努力しているのに表面にはそれを出さないところ、明るいおバカ話の中にまじめな話を自分の言葉でさらっと語るところ…そんなところがましゃのファンになってしまった理由でしょうか。そんなトークをたっぷり聴ける魂ラジはやっぱりやめられないですね☆

名前:うめこ (URL) 編集

Re:

2011/06/14(Tue)22:57

> 今週のリスナーのお便りに「ましゃはかっこよすぎて今まで何となく好きになれなかった…」とありましたよね。う~ん、わかるなぁ。

その感覚、僕もよく分かります。
僕もそれまでは「かっこ良すぎて」苦手で…
もちろん女性とは違う目線で、ハンサム=キザで嫌な奴、または、ハンサム=自分には関係ない世界に生きている人、みたいな、少し距離をおく感じです。
同じ女性でも、美人すぎる人は苦手、みないなのはあるのではないでしょうか?
(…とかってに推測してみたり)


> それでましゃの出ているテレビや雑誌、ラジオを見たり、聞いたりし始めたら、予想以上にトークが面白かった!う~ん、何というんでしょうねえ、人柄がにじみ出ていると言うか。あのルックスとは裏腹の気どらないところ、庶民的なところ。そして何よりTV-Rockerさんもおっしゃっているようにまじめなところ!

僕も龍馬伝をきっかけに知ったのですが、僕の場合「龍馬伝のましゃ」はあくまで演技者としてみていて、その人柄を好きになったのは魂ラジでしょうかね。
ラジオから聞こえてくる、屈託のない笑い声に惹かれました。なんか近所にいる元気な兄ちゃんみたいな感じで、身近に感じましたね。
影で努力していて、周りに流されずに自分の意見をきっちり持もっているので、素晴らしいと思います。
来週の織田裕二さんとの絡みも面白そうですね!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。