< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ についてのお詫び > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ についてのお詫び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ についてのお詫び


この記事は、感想記事ではありません。
皆様に対してのお詫びの記事です。




昨日の『江』、録画し損ねたんですね。
原因をさぐり、もう対策は取ったのですが。

『JIN』など他の番組についてはショックが多かったのですが、『江』に関しては、「見たかったのに…」という気持ちは起きませんでした。
その代わり「感想記事、どうしよう…」という心配はあった。


5分ダイジェストを見て、そこから想像力を働かせて書こうとしたのですが…
なんだか突如、虚しくなってしまったんです。

ダイジェスト版なので内容はいまいち掴めませんでしたが、信頼できる他の方のブログを見て確認すると、戦国史に全く触れていないばかりか、「側室じゃ」「側室じゃない」で45分終えたとのこと。
それを見て、このドラマは最終話までずーっとこんな感じだろうな…と思ったときに、何だか突然、ぶちっと線が切れたような感じになってしまったんです。


このドラマは、もはや死んでいる。
呼吸が感じられないばかりか、腐敗臭さえ漂っている。



今まで、下らないと分かっていながら、がんばって見てきた。
逆に、それを題材にして、おもしろおかしく記事を書いてきたつもりです。
が、戦国史をネタに下らない恋愛騒動を繰り広げる三姉妹の姿が、ここ数日の、震災をエサに下らない権力闘争に明け暮れる国会議員の姿と重なり、妙に腹が立ってしまったんです。




もう、やめよう。



昨日そう思い、一時の感情であってはならないと今日一日考えましたが、やはり、結論は変わりませんでした。



大河ドラマどころか、健全なドラマの体を成していない『江~姫たちは死に体~』の感想記事ですが、勝手ながら、今週から無期限に停止させていただきます。
僕自身は、もはや『江』を見るつもりもありません。



日曜日から月曜にかけて、このブログのアクセス数はいつもの倍近く上がります。
『江』の感想に対するアクセスです。
拍手数も最も多く、いわば、このブログの「顔」のような存在です。

それだけ多くの支持をいただいている記事を辞めてしまうのは皆さんに対しても申し訳なく思いますし、このブログのアクセス数に対するダメージも大きいのですが、前述の通り、自分がそう決めました。
その時間を、今後は『続・龍馬伝』の記事などに当てたいと思っています。

アクセス数はぐんと減ると思いますが、やはり自分には、どんなドラマでも器用に感想にする能力はないようです。
細々とでも、歴史に関することを書いてゆく方が、自分には合っているようです。




皆さんには、突然のことで、申し訳ございません。
「感想は続ける」と言っていましたので、ウソをついたことになりますし、やはり自分勝手な感情であることは事実だと思います。
本当は、せめて今週ぐらいはきちんと記事を書いて「来週から辞めます」と言えば筋を通したことになると思うのですが、もう、書こうというエネルギーを失っているのです。

自分のブログでリンクしている妄想大河さんや、~ Literacy Bar ~さんなどが、忍耐強く『江』の記事を続けておられますので、よければそちらをご覧下さい。
僕も、いち読者として、他の人のブログでは追ってゆく予定です。

申し訳ありませんでした。





過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

こんばんは~

2011/06/07(Tue)01:09

昨夜のTV-Rocker様のレスが気になっていました。

録画の失敗と重なりお疲れが出たのかな?と…

基本的にブログというものは自分がアップしたいと思うときにアップすればいいもので、無理をしてするものでもないと思います。

無理をすれば続きません。

と、まぁ偉そうなことを言ってしまいました。すみません。

面白い感想が拝見できなくなりますが、TV-Rocker様のお気持ちが一番です。
いままで楽しませてくださってありがとうございました。

名前:エム (URL編集

お疲れ様でした

2011/06/07(Tue)01:14

もしかしたら、コメント付けられることをお望みではないのかもしれませんので、最初に謝ります、ごめんなさい。


そして今まで本当にお疲れ様でした
ありがとうございます。江の感想もといパロディは、本当に楽しかったし
面白く拝見しました。

昨日の記事を拝見して
もしかしたら、江は外されるんじゃないかと思いましたが、やはりなぁとも思いました。


またこんな事を言ったら
怒られそうですが…
最初はロッカーさんの感想もとい
パロディは本当に楽しかったんですよ。 いや今も楽しいんですけれど
何かこう楽しいは楽しいでも
最初の頃と種類が違う
そう、何というか疲れている
疲労の伴う面白さというか


荒んでるというか…まぁ江が諸悪の根元でロッカーさんに罪はないと思いますが


こんな事言って、ごめんなさい。
私はアニメだろうが漫画だろうが
文学だろうが、面白さの判断にジャンルは関係なく、その作品がつまらないから駄作。その作品が面白いから良作とする人間なので


江の酷さを、アニメで現されたのは若干ショックでした。あれだとアニメが低俗と言われているのかなと感じられて


後、実際のロッカーさんを存じている訳ではありませんから、勝手にイメージ押し付けるなとも言われそうですが
ロッカーさん、基本的に礼儀正しく、そう酷い言葉を口にしない人に感じられたので、そう言わせる江が悪いんだけれど、やっぱり若干ショックというか、段々悲しい気持ちになってきていました。


なので、今回多大なストレスを棄てることで、また楽しいロッカーブログが再開になるのではと、私は期待&ホッとしてます。

私も、後半分観る気力は、今回ドアップになったセキセイインコで消し飛びました。(それを目撃した瞬間…喧嘩売られてるのかと思いました)



本当にお疲れ様でした。ロッカーさんはしんどかったかもしれませんが、江を通して、このブログに出会えた幸運を感謝します。ではまた(*^_^*)


追伸、重要なのはアクセス数より、中身のある内容だと思います。だから、今のままで十分だと思います。

名前:YU-KI (URL) 編集

2011/06/07(Tue)01:28

こんにちは。僕も江はどんなにひどくても全話みるつもりでした。が、じつはもう3話くらい前からみてません。
ですからブログ主さんのお気持ちも少しはわかるような気がします。

名前:とも (URL) 編集

ありがとうございました

2011/06/07(Tue)07:22

こんにちは。
私もロッカーさんどうしたのかな、と思っていました。
大河ドラマを見つづけて40年になります。個人的な都合の多忙(家族の入院、自身の出産育児等)以外では見るのをやめたのは武蔵だけです。日曜の夜、ほっと一息、大河ドラマを見るのが私の楽しみで、家族も裏番組は見ずに私にチャンネルを譲ってくれていました。
浅井三姉妹の話ももう十何年も前からドラマにならないだろうか、と願っていたのに・・・(私は初が主人公・語り部として徳川・豊臣どちらにもくみしない視点での関ヶ原や江戸時代の初期を描くというドラマを夢想していました。また、前田家の姫たちとの交流を通じて同じ大名家の姫たちの様々な生きざまも見どころになると思っていたのに)
日曜の夜、ドラマを見てそれからロッカーさんのブログを読むのがとても楽しみでした。残念でなりませんが、ロッカーさんのお気持ちは本当によくわかります。これでお別れではなくまた来年平清盛で復活される日を心から楽しみにしています。
私はまだ見つづけます。どんな酷いことになるか、見ていなければ批判もできないのでとりあえずまだ気力は残っています。原作も読んだのでだいたいこんな調子でいくだろうと予想もしているし、春日局のからみや、家光・忠長の葛藤もほとんどないだろうと思っています。
本当に、今までありがとうございました。

名前:ミミエデン (URL) 編集

もう見ていないものが言うのもなんですが

2011/06/07(Tue)08:20

3話目を見たときに家族から「これ、もう見なくてイイでしょ」と打ち切りを宣言され(笑)、それ以降チャンネルをあわせていないものが言うのもなんですが、

もう十分かもしれません。

見たい人は見る。
見たくない人はもう見ない。
でももう評価は決まっているような気がします。

とあるドラマに出演中の役者さんの言葉ですが、ドラマは台本がよければ80%勝てる。役者に出来ることは、そのドラマを台本以下にすることがないようにすることだと思う、とのこと。

「江」に出演中の役者さんたちは懸命にがんばっています。だから、まだ見る方もいらっしゃるんでしょう。それは特筆すべきことだと思います。
ですが、内容について行けなければ、それはそれで仕方ないでしょう・・・

たぶん、これ以降、たくさんの方が感想(批評)から下りられるんじゃないかと思っています。
それは、とりもなおさず、「江」の今後の評価に繋がることとも思いますので、時を待ちましょう。

また、「JIN」や「魂ラジ」のお話など、楽しみにしています。
お疲れ様でした!

名前:KaoruMy (URL) 編集

よし、引き受けた

2011/06/07(Tue)14:21

何はさておき、大変お疲れ様でした。ゆっくりと休まれて下さい。

ロッカーさんと同じく『江』の感想を書いてきた者として、お気持ちは痛いほど判ります。私も仕事の都合や作品にたいする憤りから感想をやめることになるかも知れませんが、直々にご使命を受けた以上、ノボさんから国を託された淳さんのような覚悟で矢尽き刀折れるまで抵抗を続けていこうと思います。
また、当ブログを本文で取り上げて頂き、ありがとうございます。妄想大河さんと私とでは横綱と幕下くらい差がありますが(勿論、私が幕下です)、紹介して下さったロッカーさんの厚意に応えられるよう、精進していきます。
それでは失礼致します。

名前:与力 (URL編集

Re: こんばんは~

2011/06/07(Tue)23:07

正直、疲れていたと思います。
たとえば『JIN』の感想記事や、以前で言うと『続・龍馬伝』の記事など、やはり疲れますし、ストレスも感じるのですが、書いている作業自体は楽しく、充実感もあります。
素材がいいと、料理するのが楽しいのと同じですね。(…といいながら、今は料理しませんが)

『江』は…
具材が腐っている。
田渕157菌が繁殖している肉を生食用として提供されても、トリミングで取り除けるレベルでない。
仕方なく「この記事をお読みになって不快な思いをなされても、当ブログは一切の責任を負いかねます」というスタンスで記事を出さざるを得なかった。
そんなところだと思います。


この時間は『続・龍馬伝』などに使いますので、そういった歴史記事をまた楽しんで頂ければ…と思います。
こちらこそ、今まで読んで下さり、ありがとうございました。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: お疲れ様でした

2011/06/07(Tue)23:21

> もしかしたら、コメント付けられることをお望みではないのかもしれませんので、最初に謝ります、ごめんなさい。

お望みでないなんてことはないので安心して下さい(笑)


> またこんな事を言ったら
> 怒られそうですが…
> 最初はロッカーさんの感想もとい
> パロディは本当に楽しかったんですよ。 いや今も楽しいんですけれど
> 何かこう楽しいは楽しいでも
> 最初の頃と種類が違う
> そう、何というか疲れている
> 疲労の伴う面白さというか

見抜かれていたのですね(笑)
その通りで、始めは茶化すこと自体を楽しんでいたのですが、特に茶々と秀吉の恋愛騒動になってからは、茶化してやるしか能のないこのドラマに対する憤慨と、そういうことをせっせせっせとやっている自分自身に対する疑問などもあり、釈然としないものはありました。
こんかいは録画失敗がトリガーになりましたが、それがなかったとしても、ある意味この結果は時間の問題だったのかも知れません。


> 後、実際のロッカーさんを存じている訳ではありませんから、勝手にイメージ押し付けるなとも言われそうですが
> ロッカーさん、基本的に礼儀正しく、そう酷い言葉を口にしない人に感じられたので、そう言わせる江が悪いんだけれど、やっぱり若干ショックというか、段々悲しい気持ちになってきていました。

ジェントルマンで、悪口は言わない人間です、基本的には。(すごく甘く自己評価すると笑)
まじめに自己評価すると、よく言えば環境適応力がある、悪く言えば周りに流されやすいタイプです。

今回のことで、ある意味、自分の弱さを読者に露呈させてしまいましたが、アクセス数が減ったとして、それでも見に来て下さる方は大切な方ですので、今まで以上に頑張って記事を書いてゆきたいと思います。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: (ともさんへ)

2011/06/07(Tue)23:24

僕も『江』は、どんなひどくても全部見るつもりだったんです。
決意は固かったはずなんですけど…

今回の気持ちの変化は、自分でもあっけないほどすーっと冷めてしまった感じです。


同じですね。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: ありがとうございました

2011/06/07(Tue)23:32

> 大河ドラマを見つづけて40年になります。個人的な都合の多忙(家族の入院、自身の出産育児等)以外では見るのをやめたのは武蔵だけです。日曜の夜、ほっと一息、大河ドラマを見るのが私の楽しみで、家族も裏番組は見ずに私にチャンネルを譲ってくれていました。

大河と共に歩む人生、いいですね。
そういうのって、音楽と一緒で、過去に見たドラマに触れる機会があったときに「あ、この頃は、あの子が生まれる前で…」と、自分の人生とオーバーラップするんでしょうね。
大河ドラマは、そういう要素を与えてくれるものだとも思います。


> 日曜の夜、ドラマを見てそれからロッカーさんのブログを読むのがとても楽しみでした。残念でなりませんが、ロッカーさんのお気持ちは本当によくわかります。これでお別れではなくまた来年平清盛で復活される日を心から楽しみにしています。

もちろんです!!!!
このブログを閉じるつもりはさらさらありませんし、来年の大河に向けて、今年の秋~冬にかけて平安時代の勉強をするつもりです。
来年の大河は(これは僕も何度も言っていますが)原点回帰の流れから往年の大河に近い形になると期待していますので、がっつり記事を書く予定です。


> 私はまだ見つづけます。どんな酷いことになるか、見ていなければ批判もできないのでとりあえずまだ気力は残っています。原作も読んだのでだいたいこんな調子でいくだろうと予想もしているし、春日局のからみや、家光・忠長の葛藤もほとんどないだろうと思っています。

お願いします。
このドラマの行く末を、どうか見守ってやって下さい。
あと、今まで見て下さり、ありがとうございました。

名前:TV-Rocker (URL編集

こんばんは

2011/06/07(Tue)23:41

こんばんは。

せっかくこのブログを見つけたばかりですが、今までの記事とても楽しかったですよ。
特に歴史的考証が詳しくて時代劇のブログなのに、とても勉強になります。
お疲れ様。

「江」については、家族との食事中、かけてあるのですが、みんなつまらないと言ってます。
だから、食事が終わると、うちでも見るのを止める状態です。(ただ老親が、この時間に見る適当な番組ないんですよね)

民放なら即座に脚本家変更すると思いますし(複数の脚本家使ってはいけないんでしょうか)、それ、以前のように半年で違う作品やってもいいと思うのに、大河ドラマって変ですね。

(昨年の時も、おそらく脚本家は資料漬けで龍馬について書いていたはずなのに、今年はメチャクチャですね)

ご苦労様です。
この間の「仁」、すばらしかったですよ。終わってもテレビの前から立てないぐらい興奮しました。
「血風録」もすごかったと聞いています。
心が折れて大変でしょうが、
ゆるゆるでいいので、「仁」や「血風録」のレヴューを、このブログのファンのためにお願いします。

名前:よしぼう (URL) 編集

Re: もう見ていないものが言うのもなんですが

2011/06/07(Tue)23:44

> 見たい人は見る。
> 見たくない人はもう見ない。
> でももう評価は決まっているような気がします。

「評価は決まっている」その通りだと思います。
どうせ、この流れで行くんでしょうし。
打ち切りを宣言した家族の方は、英断であったと思いますよ(笑)


> とあるドラマに出演中の役者さんの言葉ですが、ドラマは台本がよければ80%勝てる。役者に出来ることは、そのドラマを台本以下にすることがないようにすることだと思う、とのこと。

そうですね。
戦国時代の戦になぞらえると、戦術が勝利の80%。戦術が悪ければ、個人(=役者)がいくら奮戦しても、全体の選局を変えることはできない、ということでしょうか・
僕の好きな上野樹里ちゃんが、ひどい顔でひどいセリフを言わされるのが、これ以上見ていられなかったのもあります。
(ちなみに僕は『のだめ』のファンで、ドラマ、スペシャルドラマ、映画、すべて制覇しています笑)

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: よし、引き受けた

2011/06/07(Tue)23:51

すみません、心に致命傷を負ったので、戦線離脱します。

あとは、妄想大河さんや与力さんのような、歴戦の猛者にお任せします。
僕は『江』に関しては、ノボさんのように日本の行く末を案じながらも、静かに息を引き取ります。


僕にとっては、妄想大河さんも与力さんも、大先輩です。
いつも勉強させてもらっています。
ありがとうございます。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: こんばんは

2011/06/08(Wed)00:03

> 「江」については、家族との食事中、かけてあるのですが、みんなつまらないと言ってます。
> だから、食事が終わると、うちでも見るのを止める状態です。(ただ老親が、この時間に見る適当な番組ないんですよね)

大河ドラマは、(今までは)家族が一緒に見れるほんといい番組だったんですけどね。
僕も、両親が見るのをぼーっと見ていた記憶があります。
今年はあの大震災もあり、「家族の絆」を再認識するいい機会であるのに、この大河ドラマだけは時代に逆行して空虚な方向に行っているようで、ほんとだらしなく思います。


> 民放なら即座に脚本家変更すると思いますし(複数の脚本家使ってはいけないんでしょうか)、それ、以前のように半年で違う作品やってもいいと思うのに、大河ドラマって変ですね。

NHKの硬直性というか…大河ドラマの志を忘れているんですよ、きっと。


> 心が折れて大変でしょうが、
> ゆるゆるでいいので、「仁」や「血風録」のレヴューを、このブログのファンのためにお願いします。

このふたつのドラマ感想については、全く折れていません(笑)
今から「仁」を見て、木曜日あたりに記事をアップする予定ですし、血風録も最悪土曜日の再放送で見ることになったのとしても、江がない分、日曜日の時間を使えますので、ちゃんとアップします。
書くのが楽しいので、大丈夫です。

名前:TV-Rocker (URL編集

お疲れさまでした。

2011/06/08(Wed)16:27

TV-Rockerさんの今回のブログでおっしゃったこと、痛い程分かりました。
私自身、録画失敗→全く残念に思わず→離脱という道をたどりましたので。(笑)

録画に失敗した時、「また土曜日の再放送を録画したらいいや。」と思っていたのですが、事前予約もせず、いざ土曜日になってみると録画に失敗したことも忘れていて結局見そこねました。

いかに自分にとってどうでも良いドラマだったかということを、この出来事でひしひしと感じました。

>日曜日から月曜にかけて、このブログのアクセス数はいつもの倍近く上がります。
『江』の感想に対するアクセスです。
拍手数も最も多く、いわば、このブログの「顔」のような存在です。

それだけ多くの支持をいただいている記事を辞めてしまうのは皆さんに対しても申し訳なく思いますし、このブログのアクセス数に対するダメージも大きいのですが、前述の通り、自分がそう決めました。


私自身も当初、「江」の感想を読みたいがためにこちらにお邪魔していましたが、そもそもの読みたい理由というのが、Rockerさんの記事が涙が出る程面白かったことはもちろんですが、江を見て感じる今年の大河ドラマへの憤り、虚しさを共有させてもらえることで満たされない思いが楽になるということが一番でした。

ですから、TV-Rockerさんが「江」の記事をやめられることは、このドラマの酷さから考えて当然だと思います。

今後はJINなどの素晴らしい作品の良さを分かち合うためにこちらにお邪魔しますので、「江」のことはお気になさらず、他の記事の執筆に邁進して下さい。

今までありがとうございました。
これからも応援しています!!!

名前:えりたま (URL) 編集

Re: お疲れさまでした。

2011/06/09(Thu)02:22

> いかに自分にとってどうでも良いドラマだったかということを、この出来事でひしひしと感じました。

同じじゃんか(笑)
たしかネットで見たけど幻滅したんでしたよね。
僕はネットで見る気力もなく、幻滅しました(笑)


> 今後はJINなどの素晴らしい作品の良さを分かち合うためにこちらにお邪魔しますので、「江」のことはお気になさらず、他の記事の執筆に邁進して下さい。

JINが終わったら、それこそこのブログの看板失いますけどね(涙)
まあそれでも、コツコツと自分の好きな歴史記事を続けてゆきたいと思います。

今回のことで、思いも寄らない皆さんからの温かいコメントと、多くの拍手をいただきました。
えりたまさんのような最近の読者さんだけでなく、龍馬伝以来コメントを下さった方もいらっしゃり、こんなブログでも、ずっと支えて見て下さる方がいると感じ、柄にもなく胸が熱くなりました。
今後は、アクセス数を、単なる数字でなく、ひとりひとりの温かいお心遣いとして、見ることができるように思います。
これからも、頑張るぜよ!!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。