< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」感想


いぬかわアニメ
『江~姫たちのせんごChu~』


いぬかわアニメ


毎週日曜夜8時~(全50回)
対象年齢:忍耐力のある人
ストーリー:
江・初・茶々が戦国を舞台に繰り広げるラブコメディ!?
秀吉、信長といった有名人も登場し、はちゃめちゃラブロマンスを繰り広げる!
(注)本作は歴史上の人物とは一切関係ありません。

 ↑
たぶん、これなら誰も怒らない。
アニメなら俳優さんのイメージダウンも防ぐことができるし、一石二鳥。


________________________________________________________


今週の感想。
(見ていない人のために、記事の最後にストーリーあります)



ナレーション陥落


歴史を感じさせる唯一の場面であったアバンタイトルも、今回、タブチ色に染まる。
今まで体裁だけでも大河ドラマを取り繕っていましたが、遂にそれも放棄してしまいました。
そして…とうとうこのドラマは、田渕カラー一色で塗りつぶされた。


見事なまでの統一感リラックマ11「ダウン」


脚本、演出、キャスト、美術、ナレーション…全制作スタッフが一丸となって、田渕妹の脳内からどろどろと生み出される無価値な創造物を、せっせと作っております。
それでも、まだ半分も作り終わっていないのです。
これから暑い夏も寒い晩秋も、まだせっせせっせと作り続けなければなりません。
スタッフは今さら修正する気はないのでしょうか?
ただ、無価値なもののために、あくせく働く。
やれやれ、ご苦労なことだ。



…と思っていましたが、



僕は、気づきましたよ。
この田渕化されたNHK制作陣の中で、それでも必死に抵抗しようとするレジスタンスたちを。
表立っての反逆はできないので、主人公・江のセリフに密かにメッセージを紛れ込ませ、全国の我々に伝えようとしているのですね。
ひとつの事実=「田渕氏は、でき上がったドラマは見ない」
それを利用し、脚本や演出を少しずつ細工して、我らにメッセージを発信しているのです。


届かぬ思い


今思えば、田渕化されたアバンタイトルの中にも、彼らの悲痛な叫びが込められていたのですね。
いえ、思いは必ず届くはず。
以下、孤独な愛国者たちの「届かぬ思い」を、彼らに代わって届けたいと思います。


そうじゃ。また届いたののじゃ。


まずは、最初のシーンより。
初の手紙にウンザリするシーンに見せかけて、田渕の脚本にウンザリしている内情を我々に伝えようとしているのですね。
それでも、これはちょっと露骨すぎるでしょ
田渕氏に見つかったら即刻削除され、名指しで非難されますよ

でも、それくらい、物言えぬ制作陣の間には厭戦気分が溜まっているということですね。
全国民の99%から愛想を尽かされる番組を作り続けなければならないのですから、当然ですね。
安心してくれ。君たちのメッセージは確かに受け取った。




何でもかんでも、男と女の話にしないで下さい


これは危険です。
これは危険すぎます

京極竜子を田渕妹の化身と見立てて、全国民の言いたいことを江に代弁させています。
これは、視聴者のほとんど全員が気づいたのではないでしょうか。
露骨すぎます。
恐らくこれを工作したレジスタンスは捕らえられ、今頃はNHK内の晒し者にされていることでしょう。
身を張った抵抗、立派です。
それでも、国のためとはいえ、惜しい方を亡くしました(涙)




猿がいなくなる~


前回の「男と女の話」事件の発覚によって、抵抗運動への締め付けは一層厳しくなっていることでしょう。
しかし、それでもこのように、彼らは我々にメッセージを送り続けているのです。

これは巧妙ですね。
表向きには、田渕氏を何ら非難していない。
しかし、江が縁側で豆をまく仕草をすることによって、視聴者に「これはきっと、追い出したい人間が制作陣内部にいるんだろうな」と暗示させている。
むろん、対象はひとりしかいないのは明白です。
田渕氏が気付いたとしても、証拠がないため捕縛することもできません。
自らの身の安全も同時に考えた、頭脳プレーの勝利です。



どんな感想を書けばいいのか分からないので、これで失礼します。

________________________________________________________

ドラマを見ていない方のための、今週のストーリー。

茶々に振られたショックから、草食系めそめそ片思い男へと180度キャラ転換した秀吉ですが、逆にそれが茶々の心の琴線に触れたのか、「もっと私にプッシュしてこい!」と、なよなよした秀吉を叱ります。
そう、茶々はただの姫でなく、肉食系ツンデレラだったのです。
しかしそれが正室のおねや側室の竜子には不満らしく、草食系関白をめぐって、三つ巴の女の戦いがドロドロと繰り広げられるもよう。(次回以降)

一方、その凶暴性ゆえか恋愛の「れ」の字もなかった我らが主人公・シエは、1日10回以上「さる」と言う訓練を自分に課しているのか(恋愛修行か?)、事あるごとにさるさる言っていますが、誰にも相手にされないストレスから、重度の人間不信になるもよう。(次回以降)





過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

とうとう歴史捨てましたね

2011/05/29(Sun)23:31

こんばんは。今週もお疲れ様です!台風大丈夫ですか?


ごめんなさい、悪い意味とかじゃなくて
記事読みながら、涙出てきましたよ、無理してませんか?大丈夫ですか?真剣に貴方様の、精神の健康被害が心配です。(ロッカーさんに、こんな苦しい記事書かすなんて、田渕妹めっ)


とうとうオープニングから
歴史捨てましたね。


次回既に『やや』もお腹に仕込み済みって…どんだけ展開早いのよ。みたいな…省略するのは戦だけじゃなかったのかみたいな


ストーリーがおかしいのは
いつも事だし


ロッカーさんが的確に言われているから、私からは三言だけ


竜子の飼っているセキセイインコ…セキセイインコは日本に初めて輸入されたのは
明治30年代


竜子のいる時代は天正時代



インコはタイムスリップして来たんですね。某TBSの未来から来た脳外科医(現在江戸在住中)のように


拝啓NHK様、JIN模倣するなら、別のとこで見習ってください。


後、江の箸の持ち方、食事の所作


箸の持ち方…食べ物の食べる順番間違えただけで
箸置き飛んできた私の家より、行儀悪い&品がないってどうなんだろうと思います。



拝啓所作、作法指導様へ
ちゃんと仕事してますか?
しましょうよ、国民の税金で食べてるんだから。



茶々のワガママ&ツンデレっぷり
もういっそ秀吉押し倒して
馬乗りになって迫った方が、いっそまだ清々しいというか
潔かったと思います。


というか、ああいうウザさ見せられたら、恋も一気に氷河期突入しちゃう気がしますが


男性目線から、ロッカーさんなら、どう思われますか?


まだ半分もあるんですよね。
もう息の根止まりそうです。



追伸…アニメ画像は自作ですか?

名前:YU-KI (URL) 編集

ごぶさたしてます。

2011/05/30(Mon)14:28

久しぶりにコメントします、いつも拝見はしてます。
ワタシも前の方同様、心配ですよ。
龍馬伝も坂の上の雲も新たな史実がRockerさんの記事で楽しめましたのに!
今回はこう理解して今度こそ今度こそ本当のドラマが、という涙ぐましい解説! ごくろうさまです。
ちなみにワタシはもう見てません。・・・予告見るのもイヤだなあ。
もう次の清盛に期待は移っちゃいました。

名前:shimasuke (URL) 編集

こんにちは~

2011/05/30(Mon)16:56

冒頭から秀吉の「分からん」が出ましたね~

ああ…言っちゃった…後は今回も同じか…(私のつぶやき)

今回も、前回も、前々回も!3週連続じゃキッツイですね。
TV-Rocker様の苦慮された記事が手に取るように分かります。

『福は内、田渕が~そと!』は面白かったですよ(笑)

名前:エム (URL編集

Re: とうとう歴史捨てましたね

2011/05/30(Mon)23:37

昨日は傘も壊れるぐらいの強い風と強烈が雨が降っていましたが、今朝はいくぶん穏やかでした。


> ごめんなさい、悪い意味とかじゃなくて
> 記事読みながら、涙出てきましたよ、無理してませんか?大丈夫ですか?真剣に貴方様の、精神の健康被害が心配です。(ロッカーさんに、こんな苦しい記事書かすなんて、田渕妹めっ)

自分も一夜明けて記事を読み返してみると、かなりひどいですね(笑)
ドラマの感想とか、そういう内容でなくなっていますよね。
(でも、内容がないから書きようがない)


> 竜子のいる時代は天正時代
> インコはタイムスリップして来たんですね。某TBSの未来から来た脳外科医(現在江戸在住中)のように
> 拝啓NHK様、JIN模倣するなら、別のとこで見習ってください。

インコが歴史を変えるか…
あのドラマのように「歴史の修正力」というレベルを超えてますけどね。
すでに日本でもない。妄想の世界。
最終回の演出で、夢から醒めた田渕久美子本人が登場し「ああ、夢だったのか・・・」と、妄想ドラマであったことを暴露して終わる。そうして全てを曖昧にさせる。


> 茶々のワガママ&ツンデレっぷり
> もういっそ秀吉押し倒して
> 馬乗りになって迫った方が、いっそまだ清々しいというか
> 潔かったと思います。
> というか、ああいうウザさ見せられたら、恋も一気に氷河期突入しちゃう気がしますが
> 男性目線から、ロッカーさんなら、どう思われますか?

そういう人間だと分かっていたら、アリですよ(意外にも)
ツンデレでもワガママでも、そうとは知らなかったら最初は引くかも知れないですが、「ああ、彼女はそういうタイプなんだな」と分かれば、それに合わせて付き合えると思う。
一番困るのは演技派で、もしあれが全部演技であれば、弄ばれそうでコワイ。
茶々は見ている限りそんな器用なタイプでもなさそうで、心は女子高生のままオトナになってしまったような感じで、20代後半まではああいうのでも許せるのではないでしょうか?


> 追伸…アニメ画像は自作ですか?

そのような才能は持ちあわせておりません(-_-;)
あれは以前NHKでやっていた、NHK三重放送制作の番組の一部です。
(シエが忍者の格好しているのでしょ?伊賀忍者のつもりなんですよきっと)
何を狙ってあんなへんちくりんな絵にしたのか理解できないのですが、おもしろかったので使わせてもらいました。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: ごぶさたしてます。

2011/05/30(Mon)23:47

お久しぶりです!
見て下さっていたのですね!!(感動)


> ワタシも前の方同様、心配ですよ。
> 龍馬伝も坂の上の雲も新たな史実がRockerさんの記事で楽しめましたのに!

書くことがないので、あんな感想になっています。
しかも見て下さる方も、あれでストレス発散するという妙な需供バランスが取れています。
『江』とは、いったん何だったのだろう・・・

龍馬伝の時のように、歴史をもうちょっと知りたいという興味をかきたてられることがないので、史実記事を書くパワーが湧いてきません。
四国統一も九州征伐も、せめてもうちょっと取り上げてくれたら、足りない部分を記事で補おうという気にもなるんでしょうが・・・


> もう次の清盛に期待は移っちゃいました。

これコケたらもう終わりです。
このブログ閉めるかという勢いです。
ホームページの動画では、過去の白黒大河のカットをあえて入れていますよね。
あれは、大河の原点回帰を目指す決意の表れだと期待しています。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: こんにちは~

2011/05/30(Mon)23:58

「分からん」をこのドラマの放送禁止用語のリストに加えてくれ。
あと「さる」などの差別的表現、「チャラチャラ」「ズバズバ」などの軽薄な表現も。
NHKが日本語の乱れを助長してどうするんだ。

…と、このドラマは文句が尽きないのです(涙)


> 今回も、前回も、前々回も!3週連続じゃキッツイですね。
> TV-Rocker様の苦慮された記事が手に取るように分かります。
> 『福は内、田渕が~そと!』は面白かったですよ(笑)

もうそろそろ僕もネタ切れ+ブチギレです。
次回の感想は5行ぐらいで終わるかもです。
(とか言いながらいろいろ書いてしまうんでしょうけどね…)

名前:TV-Rocker (URL編集

2011/06/02(Thu)02:51

こちらにも、コメントさせていただきます。
以前コメントで、大河ドラマファンとしての義務感から見ている、と書いたと思うのですが、テレビの不具合で二週連続録画ができておらず、見ることができませんでした。

律儀にも動画を検索して初の縁談を見たのですが、画質の良くないネット動画で見て、心底このドラマが嫌になりました。通常37インチプラズマディスプレイで見ている時は、集中できないながらも45分耐え忍んで見ていたのですが、実にその映像のクリアさだけで何とか鑑賞に耐えていたのかもしれません。

大河ドラマファンとしては失格かもしれませんが、もうリタイアしようかと思っています。

今3ヶ月の赤ん坊の子育てをしており、ドラマを一本見られる時間がとても貴重です。その貴重な時間をシエに費やすことが、もったいなくて仕方ありません。

徳川家に嫁ぐ辺りになったら、向井くんも登場するのできまぐれに復活するかもしれませんがとりあえず今はシエ用の時間を他に回したいと思います。すみません!

虫のいい話ではありますが、こちらのブログには、引き続きお邪魔したいと思っております。本編見るよりTV rockerさんの記事読む方が分かりやすくて面白いんだもん。

名前:えりたま (URL) 編集

Re: (えりたまさんへ)

2011/06/02(Thu)23:55

> 律儀にも動画を検索して初の縁談を見たのですが、画質の良くないネット動画で見て、心底このドラマが嫌になりました。通常37インチプラズマディスプレイで見ている時は、集中できないながらも45分耐え忍んで見ていたのですが、実にその映像のクリアさだけで何とか鑑賞に耐えていたのかもしれません。

37インチに度肝抜かれました(汗
僕は21インチのパソコン用ディスプレイで見てますので(笑うしかない)

…でも、おっしゃっていることは、ある意味真理だと思います。
昔の大河ドラマは、今に比べたら、画質も悪いしカメラワークも芸がないしナレーション多いし…と技術面ではままごとでしたが(あくまで今と比べたら、ということです)、脚本家魂や役者魂は間違いなくあった。
今僕は、『花神』という大河ドラマをレンタルして見ているのですが(総集編しか残っていないのですが、どうしても見たかったんです)、セリフの一言ひとことが、熱を帯びている。
魂が入っているのを感じます。

『龍馬伝』は、脚本はイマイチなところもありましたが、演出が一流だったので、見れたところはありました。
今年のコレは、全部ダメです。
全部ダメです。
全部ダメ。


> 大河ドラマファンとしては失格かもしれませんが、もうリタイアしようかと思っています。
> 今3ヶ月の赤ん坊の子育てをしており、ドラマを一本見られる時間がとても貴重です。その貴重な時間をシエに費やすことが、もったいなくて仕方ありません。
> 虫のいい話ではありますが、こちらのブログには、引き続きお邪魔したいと思っております。本編見るよりTV rockerさんの記事読む方が分かりやすくて面白いんだもん。

今年は大河ドラマではありませんので「心配ご無用」!
「いぬかわアニメ」ですから。

大切なお子さんのためにも、辞めてあげてください。
リタイアでなく、無意味な戦をやめるということです。大政奉還です(ちょっと違う??)
シエの感想は、リタイアした人も意識して書いていますので。
内容云々でなく、このドラマが少しでも大河に戻る気があるのかないのかを感じ取ってもらえたらと思います。

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。