< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第19話「初の縁談」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第19話「初の縁談」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第19話「初の縁談」感想


(問)以下のうち、この大河ドラマのタイトルに最も適切だと思うものをひとつ選べ。


1.「江~姫たちは恋に夢中~」
2.「江~姫たちは恋愛中毒~」
3.「江~姫たちの戦国捏造~」
4.「江~姫たちの茶番劇~」
5.「江~姫たちの作者は実は別人~」



あとの4つは冗談だとしても、最初はアリだと思うんですよね。
実際にそれを描きたいわけですから。
変に戦国ドラマみたいなタイトルをつけるから、みんなからパッシング受けるわけだよ。
最初から「これはイタい娘の恋愛物語ですよ」と宣伝しておけば、みんな文句を言わない。
「今年からは、日曜8時は『NHK恋愛ドラマ』になりますよ」と銘打って。
大河ドラマなんて名前、もう捨てちゃえ。

________________________________________________________

今日の準クライマックス。


私も、菓子を好きになるよう…



泣いた(笑)

自分が実はお菓子が大好きだと、京極高次に告白した初。
自分の全てを受け入れてもらいたい。
そう願い、彼に全てをさらけ出す。
「あなたが大嫌いなお菓子を、私は好きなのです。それでも私を愛してくれますか?」と…

じっと聞いていたポーカーフェイス。
彼は初に伝える。
「私も、お菓子を好きになろう」と。
それは、彼からの精一杯の愛のメッセージ。
その言葉が初の全身を貫き、ふたりの心は、初めて、ひとつになる。


世界が泣いた、究極の純愛お菓子物語。
日本中が、お菓子をぼろぼろ落として慟哭した。


とんだお菓子騒動だ。


日本中の、何百万とも何千万とも知れぬ視聴者を、お菓子で感動させようとする田渕妹。
まったく、たいした度胸だ。
身の程知らずにもほどがある。




今日のクライマックス。


私にも分からぬ…


心配すんな。
オレも分からん。



みんな分からん。
このドラマ分かる人がいれば天才。
…と、茶々様を励ましたくなる僕がいます。

この影武者脚本家さん、本当に「分からぬ」好きですね~
江も言ったし、信長も言ったし、光秀も言ったし、家康も言ったし、秀吉は言ってないか?あとは…??
「分からぬ」を言うことが、このドラマでひとかどのキャストとして認められるステータスになります。
今回、ついに茶々様も分からぬメンバーの仲間入りをなされました。
何でも分かりすぎる石田三成なんかは、まだまだ青二才と言えます。
三成よ、茶々様に想いを抱くのは、「分からぬ」と言ってからにせい!
(最近は恋も冷めたのか、そういったシーンないですけど)

ちなみに僕も視聴中「分からぬ…」を連発していますから、立派な江キャストのひとりです。
もしあなたが、江を見てる最中に「分からぬ…」とつぶやいたら、あなたも立派な江キャストです。
NHKに申告すれば、ドラマのクレジットに名前を出してもらえます。
僕はこんなドラマに名前が載るのは末代の恥なので、あえて申告しませんが…

それに、僕の場合は、少し違う感情を持っているのです。
「分からぬ…」というよりむしろ…


分かりたくもない。


主要キャストが揃いもそろって「分からぬ」と連発するドラマを、分からせようとする田渕妹。
まったく、たいした度胸だ。
身の程知らずにもほどがある。




…ということで、前回に引き続き今回も、ドラマの内容には触れず。
45分版で見たけど、ダイジェスト版だけでも書けそうな記事だな、これは。


あれでしょ?
NHKは、大河ドラマ枠を放棄したんでしょ?
だから、こんな分からぬドラマ放送しているんですよね?

え?
未だに「大河ドラマ」って入ってるの?
それはいけないよ。
それははっきりいって、詐欺だよ。
天下のNHKが、そんなことしてはいけないなぁ。
もう、潮時だよ。


NHKは「大河ドラマ」の座を
TBSに禅譲せよ。



※【禅譲(ぜんじょう)】
 中国の易姓革命の思想。
 天子(=国営のNHK)が自らの非を認め、より徳のある者(=TBS)に自らの地位(=大河ドラマ)を譲ること。



え?
「大河ドラマ」の名前がなくなったら、困るって?
心配すんな。
別の名を用意してある。
どうせみんな「こんな大河ドラマはおかしい」と思いつつも、上からの命令には逆らえず、黙々と従ってんだろ。
自分たちの過ちが、いかに多くの人を苛立たせているのかも分からずに。
オレが新しい名をつけてやる。


「NHK犬河ドラマ」


国家権力の犬、上司の犬に成り下がったおまえらにおえつらえの名前だよ。





過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

こんにちは~

2011/05/23(Mon)16:22

TV-Rocker様の『心配すんな、オレも分からん』にはPCの前でふきだしてゲラゲラ笑ってしまいましたよ~(笑)

前回も今回も同じような内容でわかりません。
何を考えてるんだか…あれじゃ役者さんが可愛そうだ!素晴らしい方がたが出演されているのに。

私はちょっぴり来年の松山ケンイチさんに期待をしているんですが…私が注目している男優さんなので。って松山ケンイチファンに怒られそう^_^;

とにかくフツーにオーソドックスな大河ドラマを望みます。ハイ!

名前:エム (URL編集

コスプレなんちゃって時代劇

2011/05/23(Mon)22:08

酷すぎる、もう解らないなんて生温いレベルじゃない位
酷すぎます、このドラマ


バファリンの半分は優しさで出来ている。


江の半分は捏造と(くっっだらない)恋愛で出来ている。


もうドラマ
というよりバラエティー
コメディですね


時代劇のコスプレした
現代人の安いドダバタ劇と申しますか…。


春日局で、逆境でも生き抜く逞しさや、信念を貫く大切さを学び(そのせいで婚期逃したっぽい感はありますが(*^_^*))


太平記で、時代に翻弄される悲哀や、鬼気迫る命のやり取り
運命の残酷さに涙した私にとって


江は、何も得るものがないです。それだけは言えます。


それしか分かりません。


大河ドラマって、視聴者の心を強く打つ何か
キラリと光るもの
刻み付けられるような
何かが宿っているものだと思いますが…


何かの雑誌で
田渕妹(この表現拝見して、とうとう田渕妹になったと爆笑してしまいました。)が『魅力的なヒロインならいくらでも書ける』と豪語していましたが


魅力的どころか
共感すら出来ませんが


本当に宮崎あおいちゃんは
田渕お兄ちゃんの時の脚本だから運が良かったなぁって(この子は

名前:YU-KI (URL) 編集

続きです

2011/05/23(Mon)22:12

(この子は作品に恵まれてますね。)


樹里ちゃん本当に可哀想。



何せよ、『歴史に興味がない』 と公言するような
作者ですから…『興味がないならでしゃばるな』ともの申したいですね。
先に出た原作本もお兄ちゃんが書いたんじゃないかと思えてきました(所々、?となる部分や全体的に平坦ですが、ドラマよりマシでした。)



今回も本編は評価する価値もなく


TV-Rocker様のコメントの豪快なはじけっぷり(無論いい意味で)と面白かったから
それだけで良しとします。

名前:YU-KI (URL) 編集

2011/05/23(Mon)22:45

市も言いましたねw
「母にも分からぬ」

名前:あおい (URL) 編集

Re: こんにちは~

2011/05/24(Tue)01:28

> TV-Rocker様の『心配すんな、オレも分からん』にはPCの前でふきだしてゲラゲラ笑ってしまいましたよ~(笑)

おっしゃ!!(ガッツポーズ)
せめて皆さんのストレスを笑いで発散して差し上げるくらいしか思いつかなかったので・・・
ああいう記事にして大正解です!
(むしろ、本編をまともに批評する文才を吾輩が持ち合わせてないもので…)


> 私はちょっぴり来年の松山ケンイチさんに期待をしているんですが…私が注目している男優さんなので。って松山ケンイチファンに怒られそう^_^;

僕の会社にも松ケンのファンの方がいて(20代後半の女性です)、彼女いわく、彼は「憑依するタイプの役者さん」だと言っていました。
デス・ノート、デトロイト・メタル・シティなど、24時間生活そのままがその役になりきって演じるタイプだそうです。
先日、彼女に「小雪と結婚するんだね」と話をもちかけると、「私は何を生きがいにしていったらいいのか…」とがっくり肩を落としていました。(それは余談でした、すみません)
ただ、映画「ノルウェイの森」では、僕もひとりで観に行ったのですが、彼の良さが殺されているような気がして、映画そのものも実につまらなかった。原作(小説)が良すぎたために、監督はじめ制作陣がそれに縛られているような感じでした。

何が言いたいかというと、松ケンの「憑依する演技力」を活かすためにも、脚本が命だということです。
今回の『江』にどんな俳優さんが出ていても、良い評価はされないでしょうし。
来年は僕も本当に期待しています。
というか、これでコケたら、大河ドラマの権威は失墜します。

名前:TV-Rocker (URL編集

全面的に支持します

2011/05/24(Tue)15:01

こんにちは。
以前、JINの記事継続を非公開でお願いしたものです。
もう今年の大河ドラマは見ないつもりでしたが、もしかしたら改善されているのではと、淡い期待をかけましたが、あまりに酷い内容に絶句しました。
特に脚本家の方には私の好きだった過去の大河ドラマ達に謝ってほしい気持ちで一杯です。
唯一の救いは、その直後に見たTBSのJINが人間味あふれる竜馬を描いていたのが嬉しかったです。
今後もちょくちょく覗かせて頂きます。

名前:グロッソ (URL) 編集

Re: コスプレなんちゃって時代劇

2011/05/24(Tue)21:51

> バファリンの半分は優しさで出来ている。
> 江の半分は捏造と(くっっだらない)恋愛で出来ている。
> もうドラマ
> というよりバラエティー
> コメディですね

ほんとそうです。
バファリンならいいんですけど、この薬は効果がないどころが「見るものの意欲を減退させる」という副作用しかないですからね。
僕の一番嫌いな、何も得るもののないお馬鹿バラエティ番組と同じレベルです。


> 春日局で、逆境でも生き抜く逞しさや、信念を貫く大切さを学び(そのせいで婚期逃したっぽい感はありますが(*^_^*))
> 太平記で、時代に翻弄される悲哀や、鬼気迫る命のやり取り
> 運命の残酷さに涙した私にとって

見事に影響されてしまいましたね(笑)
今僕は余った時間にちょくちょく『花神』総集編を見ているのですが、やはり過去の大河ドラマは歴史を通して生き方を学ばせてもらえますよね。
1本芯が通っているとでもいいましょうか。
こんなへなへな大河、箸にも棒にもかからない。


> 何かの雑誌で
> 田渕妹(この表現拝見して、とうとう田渕妹になったと爆笑してしまいました。)が『魅力的なヒロインならいくらでも書ける』と豪語していましたが

狂ってる。
そうとしか言いようがない。
NHKでたまたま田渕妹のインタビュー見てても、自分に酔っているんですね。
客観的に物事をみれない人間に歴史は書けないだろ。
製作者側も製作者側で、ちゃんと田渕妹の話を聞いておけば、こんなやつに大河の脚本は任せられんとなるでしょうが。
今年は日本の厄年でしょうか?
それを大河が象徴してしまったというのが実に皮肉です。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: 続きです

2011/05/24(Tue)21:57

> 樹里ちゃん本当に可哀想。

僕も、彼女はむしろ被害者だと思います。
彼女を叩く人もいるようですが、方向が違うだろう、と。


> 何せよ、『歴史に興味がない』 と公言するような
> 作者ですから…『興味がないならでしゃばるな』ともの申したいですね。
> 先に出た原作本もお兄ちゃんが書いたんじゃないかと思えてきました(所々、?となる部分や全体的に平坦ですが、ドラマよりマシでした。)

原作本読まれたのですね!
原作が大河に正式採用となったあとで妹が「今度の脚本は私がやるから」出しゃばりだして、嫌気がさした兄が離脱、というのは考えられる線ではありますね。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: (あおいさんへ)

2011/05/24(Tue)22:02

市も言っていたんですね!
最近ナレーションもろくに聞いていないので、すっかり存在を忘れていました(笑)
貴重な情報提供ありがとうございます!!


誰もかれも「分からない」とセリフに出させるのは、脚本の「逃げ」ですよ。
セリフを考えるのが面倒になり、そう言わせておけば視聴者も煙に巻けるだろう、と思っている。
素人の浅知恵。


…あと何人の人が言うんでしょうね、このセリフ。

名前:TV-Rocker (URL編集

一応、読みました原作本。

2011/05/25(Wed)03:49

薬は薬でも劇薬か毒薬ですね。私もう心折れそうですもん(涙)

原作本は一応、読みました。TV-Rockerさんは読まれましたか?

個人的な感想としては
何というか
教科書的な印象というか
文学というより
資料本
戦国ビギナー用、フィクション教材みたいな感じでした。


何でこれが、今年の大河に
1年はキツいなぁと思ってましたが、別の意味で既にキツいですね(汗)


インタビューも観られるんですね。私は環境のため視聴不可でしたが21日に、秀忠役の向井理くんと対談番組が
NHKBSで組まれていて
『向井くんも、なまじ頭が宜しいだけに妄想&捏造&ドリームなオバサンに合わせるのは、キツかろうなぁ』と思ってました。(向井くん自身が結構毒舌キャラクターらしいので、やり込めてたら面白いのにとも思いましたが、まぁ仕事の兼ね合い上ないでしょうね)



樹里ちゃん本当に気の毒です。事務所…失敗したな。


話は逸れますが、別の方のコメントを拝見して思ったのですが、もしかして村上春樹お好きですか?


お好きだったら
非常に申し訳ないのですが
村上作品もある意味
田渕妹作品に似通った部分あって私は好きではないんです。


主人公至上主義&主人公というか作者の願望&妄想丸出しが
受け付けなくて。


来年繋がりで
個人的に西行ファンとして
藤木直人さんは
綺麗過ぎてイメージに合わない気がして
少し不満です。(藤木ファンには申し訳ないですが)

個人的には、堺雅人さんに
して欲しかったなぁと(崇徳院でも可)


あっ、別に堺さんが
綺麗じゃないって訳ではないですよ。念のため


今回は意見指示して頂き
本当に嬉しかったです。


もう心折れる5秒前ですが
来週も頑張ります。
JIN視聴始めたら
更に心折れるんでしょうね、きっと。

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: 全面的に支持します

2011/05/25(Wed)10:53

見てしまいましたが…あれは本当にひどい。
ひどいというものではありません。
すでに死滅していて、腐敗臭がただよっている。
「大河ドラマ」という看板を掲げる以上、過去の作品をも侮辱していますからね。
確かに、NHKおよび脚本家は謝罪すべきですね。
深く反省し、2度とこんなドラマを大河枠で流さないと国民に約束してほしい。


> 唯一の救いは、その直後に見たTBSのJINが人間味あふれる竜馬を描いていたのが嬉しかったです。
> 今後もちょくちょく覗かせて頂きます。

そうですね。
すべてを見通した超全的な龍馬でなく、ひとりの等身大の人間として描いていると僕も感じます。
龍馬に限らず、JINの登場人物はみんな活き活きしている。
JINの感想も最後まで続けますので、よろしくお願いします!

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: 一応、読みました原作本。

2011/05/26(Thu)00:40

えっと…僕は原作は読んでいません。
ドラマが面白ければ読む可能性もあったのですが、その可能性もゼロになりましたし。
でも意外にも、一応ちゃんと戦国のことが書かれていたのですね(笑)


> インタビューも観られるんですね。私は環境のため視聴不可でしたが21日に、秀忠役の向井理くんと対談番組が
> NHKBSで組まれていて
> 『向井くんも、なまじ頭が宜しいだけに妄想&捏造&ドリームなオバサンに合わせるのは、キツかろうなぁ』と思ってました。(向井くん自身が結構毒舌キャラクターらしいので、やり込めてたら面白いのにとも思いましたが、まぁ仕事の兼ね合い上ないでしょうね)

いえいえ、僕が見たのもそれです。
『江』のキーワードで番組が引っかかったので、自動的に録画されてあったので。
それも一部しか見ていませんが、あまりにも心酔っぷりに気味が悪くなってすぐにやめましたので、実質は実はほとんで見てません。
思わせぶりな書き方ですみませんでした。



> 話は逸れますが、別の方のコメントを拝見して思ったのですが、もしかして村上春樹お好きですか?
> お好きだったら
> 非常に申し訳ないのですが
> 村上作品もある意味
> 田渕妹作品に似通った部分あって私は好きではないんです。
> 主人公至上主義&主人公というか作者の願望&妄想丸出しが
> 受け付けなくて。

好きですけど、何か(笑)

僕は小説の言葉遣いをけっこう注目してしまうんですよ。
筋よりも言葉の使い方重視なんです。
(ドラマでも、脚本が良くても演出がダメなら見れないんです)

たとえば村上春樹さんの言葉遣いというか、会話の流れ、比喩表現など、おおよそ男性が書けないような感覚的な表現を使うのが好きなんです。論理的でなくセンスが溢れている感じで、みずみずしいというか…作風は違いますけど、江國香織さんも同じような理由で好きで、一時期はよく読んでいました。
※ちなみに僕の「村上春樹さんが好き」というのは、「風の歌を聴け」から、だいたい「ノルウェイの森」くらいまでです。その後は比喩表現その他が説明臭く、「おれがこんなのが得意なんだ」と言わんばかりに文章をロジックで固めようとしているのが丸分かりで、読んでられないです。

村上春樹の主人公というか筋に関しては、そういう理由でほとんど重視していません。
ノルウェイの森なんか、意味不明なままモテてしまう主人公に、自殺の美化、精神障害の美化、とめちゃくちゃですが、これでいいんです。圧倒的な表現力で惹きつけるので、村上ワールドが許されるのです。

田渕大先生の作品ですが、僕は小説は読んでいないので分かりませんが、もしこのドラマに圧倒的な演出の力があれば、たとえはちゃめちゃラブコメでも僕は評価しますよ。(大河ドラマしては評価しませんが、ドラマとしての魅力という意味で)
このドラマは演出も屑なので、脚本のひどさが余計に目立つのです。

ちなみに最近は北方謙三さんの歴史物が好きです。
ハードボイルドで培った技術を歴史上の人物に応用していて、極限にカッコイイ男性像を描いています。
文章の表現力がこれまた独特で魅せてくれます。
(またYU-KIさんに斬られそうですが…汗)


> 来年繋がりで
> 個人的に西行ファンとして
> 藤木直人さんは
> 綺麗過ぎてイメージに合わない気がして
> 少し不満です。(藤木ファンには申し訳ないですが)

まあ、ある程度ルックス重視になるのは仕方ないのかな、と。
あとは個性をいかに出せるかでしょうね。
まあ、今作のように、世の中の男をイケメンかブサメンかの2種だけで論じるようなことはないでしょうが…(当たり前だ)

名前:TV-Rocker (URL編集

番外編:ここのコメント機能は腐ってる

2011/05/26(Thu)00:54

上のコメントをアップするのに、1時間以上かかりました。
理由は、僕のコメントが「不正な投稿だと判断されました」とエラーが出て、どうしても投稿できないのです。
ネットで調べ、Cookieの設定がどうだとか、いろいろやったが解決できず。

文章を区切ってアップしてゆき、とうとう原因を突き止めました。
村上春樹の「風の歌の歌を聴け」の前に「ショジョ(本当は漢字)作」という言葉をつけたのが、「不正な投稿」と判断されたようで、それを削除すると、普通に投稿できました。


エロ系の迷惑コメントの防止策としてNGワードを入れているとするならば、表現の自由の侵害です。
僕は、コメントに何を書かれても構わない。
それを削除するか残すかは、管理者である僕が判断することで、FC2側がいらぬおせっかいをすべきことでない。
小さな親切、大きな迷惑とはまさにそのことです。
くだらんシステムを作る暇があれば、管理画面を見やすくするなど、もっと利用者のためになることをしろよ。


…以上、怒りにまかせたコメントぶちまけでした。
ただの愚痴です。すみません。。。

名前:TV-Rocker (URL編集

すみません、凄くKYなコメントです

2011/05/26(Thu)23:03

いやいや、読まなくて&観なくて正解なので、良し!ですよ。

戦国時代のことを書いてると言っても、本当になんちゃって
戦国話なので
ドラマと比較したら
『マシ』というだけですから。

斬る?剣術習うなら以前から『薩摩示源流』か『柳生新陰流』が習いたいなぁと思ってましたが(*^_^*)


斬るだなんて、滅相もない
怒って当然の問いかけに
答えてくださりありがとうございました(*^_^*)


田渕妹関連に関しては
聞くに観るに耐えないのは
致し方ないことですし


長年、私から見れば中身がない(ファンにバッシングきそうだ)村上春樹作品が、何故支持を受けるのかが理解出来なくて
TV-Rockerさんに頂いた回答で、解決しました。


確かに言葉遊びは楽しいですもんね。私も江國さんや
辻作品(作品自体は好きではありませんが)に一時惹かれていたのは、内容というより
言葉のセンス・言葉遊びだった気がします。


ただ、言葉遊びしか売りがないから、TV-Rockerさんみたいに、離れていくファンもいるんだろうなぁと(だからノーベル賞取れないんですね、彼は。おまけにイスラエル批判しちゃったし)



丁寧に答えてくださり
ありがとうござださり
ありがとうございました(*^_^*)いや、書いた後
キャットファイトした別サイト 様みたいに、何書いても華麗にスルーされたらどうしょうと
ビクビクしてたので
本当に嬉しいし、安心しました。


私は看護師として・人間としても、精神を患った方や、自殺してしまった(繰り返してしまう)人も何回か見てきました。
また、弱さと若さ故に
性を簡単に扱ってしまった
扱うしか出来なかった子供達も 見てきたし関わってきました。

実際見てきたから、大腕ふって発言する権利があるとも思わないし、声高に叫ぶ気もありません。


TV-Rockerさんが仰るように、『娯楽』や『趣味』は
基本的に自由だし
口出しするのが野暮というのもですよね。


ただ、私は
『娯楽なんだから、こまけぇこたぁ良いんだよ』とは
思えないし・思いたくないんです。作り物に目くじら立てる野暮天の意見ですが(ちなみに、TV-Rockerさんの事を指して言っている訳じゃないですよ。)
何か、堪らなくなるんです。


若さ故に、自殺や死や病に憧憬の念に近い感情をもって
惹かれる気持

名前:YU-KI (URL) 編集

続きです

2011/05/26(Thu)23:07

惹かれる気持ちも解ります(私もそうでした。)


ただ、私個人としては
そこからはいつか
卒業するのが
ある意味成長で健全だし
何より
自ら死を選ぶより
ギリギリ最後まで生を選びたい、どんな絶望的な状況でも、
最後には、ほのかに再生を暗示させるような希望の感じられる作品が好きだし、個人的にも、そういうものを目指してます。

それを、あまっちょろい戯れ言と片付ける人もいるでしょうし、その通りだとも思います。ただ、そうだとは思って…方向は変える気はないというか



すみません、何か纏まりがない話をしてますね。


TV-Rockerさんの仰られた作家さん、今度見てみます。

島津四兄弟が好きなので
私もワクワクするような
文体は好きです。


最後に、顔の造作関係なく
上手い役者さんは
ブサメンだろうと不思議に
イケメン(この言葉好きじゃないです)に早変わりするから
やはり演技力だろうなぁと(ex:古田新太・阿部サダヲ等)


名前:YU-KI (URL) 編集

腐ってやがる(by-ナウシカ)

2011/05/26(Thu)23:13

ホムペ管理してた(してるので)その気持ち解ります!
もっと違うところにサービスしてよって思いますよね。


私のとこはNGワード
自分で入れないと
不正な書き込み予防出来ないんですが、自分が指定してないのに、そんな機能いらないですよね。


管理人さん、読んでくれると良いですね。



全面的に指示します。
そりゃ腹立ちますわ。

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: すみません、凄くKYなコメントです

2011/05/27(Fri)20:18

> 長年、私から見れば中身がない(ファンにバッシングきそうだ)村上春樹作品が、何故支持を受けるのかが理解出来なくて
> TV-Rockerさんに頂いた回答で、解決しました。

文学作品に何を求めるかは、人によって違うと思います。
僕の場合、気に入った表現を見つけては蛍光ペンでアンダーラインを引いてゆき、言葉をコレクションするのが楽しみでした。
だから、気に入った小説は何回も読み返します。


> ただ、言葉遊びしか売りがないから、TV-Rockerさんみたいに、離れていくファンもいるんだろうなぁと(だからノーベル賞取れないんですね、彼は。おまけにイスラエル批判しちゃったし)

たとえば、「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」などのフィクションものや、「パン屋再襲撃」などの短・中編ものは、非常に素晴らしい想像力をもって書かれていますよ。
僕が彼の作品から離れていったのは、彼の魅力であるはずの言葉遊びがくどくなり、すらすらと読みづらくなってきたからです。「1Q84」も途中まで読みましたが、ストーリーはよく練られているのですが、言葉に往年の軽さがない。
ただ、今の作風のほうが好き、という人も当然いると思いますよ。


> ただ、私は
> 『娯楽なんだから、こまけぇこたぁ良いんだよ』とは
> 思えないし・思いたくないんです。作り物に目くじら立てる野暮天の意見ですが(ちなみに、TV-Rockerさんの事を指して言っている訳じゃないですよ。)
> 何か、堪らなくなるんです。

実際に自殺賛美の小説や美化された自殺(三島由紀夫、藤村操…少し古いですが)に影響を受けて何人もの人が自殺していますから、小説の影響力もばかにできないと思います。
ただ、そういったものの排除は事実上不可能なので、他人の主張や意見に対して客観的な視点を持てるよう、小学校中学校段階での教育が大事なのではないでしょうか。


> TV-Rockerさんの仰られた作家さん、今度見てみます。
> 島津四兄弟が好きなので
> 私もワクワクするような
> 文体は好きです。

もし書店などに行く機会がありましたら、「三国志」「水滸伝」などの中国史ものの方が有名なので、目につくと思います。
ただ、あまり有名ではないですが幕末ものもおもしろいですし、たしか南北朝も書いていたと思うので、今の幕末史シリーズをひと通り読み終えたら、そういったのにもよくよく読んでみる予定です。

「三国志」は僕もかなり影響を受けていて、「続・龍馬伝」などの記事にも、気に入った表現を使わせてもらっています。

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。