< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第18話「恋しくて」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第18話「恋しくて」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第18話「恋しくて」感想


今週は、非常事態宣言です。


今日は少し帰りが遅くなるので、すべてを録画スタンバイ確認して、家に帰って来たのですが…
全く録画されていませんでしたリラックマ8「ガーン」
ジンゴロー全滅。未だかつてない壊滅ぶりです。


よくよく調べてみると、実にしょうもない理由でした。
B-CASカードが半差しになっていて、認識してくれていなかった。
恐らく、土曜日の夜にパソコンを少し移動させたので、その影響だと思います。
よりによって、このタイミングで…リラックマ64「少し凹む」



今回は、図らずも「5分で分かる深夜の『江』ダイジェスト版」みたいなのがやっていたので、それをもとに記事を書くことにします。
不行き届きもありましょうが、そういう事情なので、許してやって下さい。
(今回のジンゴローは全てネットで動画ゲットする予定なので、他の感想は普通に書けると思います)

________________________________________________________


乾杯(千宗易)


  ↓


乾杯(秀吉)


  ↓


乾杯(茶々)



田渕先生の勇気に完敗。


今の気持ちを表すと、そうなります。

僕はバカでした。
僕は豚のしっぽみたいにバカでのろまで愚かで融通の利かない人間でした。
田渕先生の遠大な計画に今まで気付かなかったなんて。
田渕先生の牛の胃袋のように遠大で雄大で暖かくって慈悲深い計画に今まで気付かなかったなんて。


恋しくて


やっと分かりました。
このタイトルに込められた意味を。
このタイトルを通して、この糞大河ドラマで伝えたかったことを。




相変わらず身分身分と…


命よりも大事であった「宮廷の官位」をもバカにする、初の信じられない発言。
戦国ドラマでこのような発言が脚本として出てくること自体が想定外。
歴史の中傷・冒涜以外の何者でもありません。


これを今まで僕らは、言葉尻をそのまま捕らえて批判していました。
しかし、田渕先生。
もし、それをあえて承知で入れているとすれば…
視聴者の痛烈な批判を織り込んだ上で、あえて入れているとすれば…
「こういったドラマはもうやだ!過去の、歴史ガチのドラマを見せてくれ!」といった原点回帰を狙った上で、あえて入れているとすれば…
タイトルの通り、視聴者を一種の「恋しくて」状態にさせるのが目的だとすれば…


(過去の大河ドラマが)恋しくて


自らが犠牲となって、次の世代の大河ドラマにその志を引き継ぐため。
だから、記念の50作目に、このドラマをもってきた。
だから、数々の批判に耐えながら、あえて面白くないドラマを作ってきた。

温故知新。
以前の大河ドラマに戻ってほしいと、人々が真剣に願うように。
古きよき時代を忘れたすべての日本人に対するショック療法。

その根性、その度胸、その信念。
まさしく、大河ドラマの救世主です。






九州征伐


第2のショック療法がこれ。
戦国時代でありながら、合戦を全く描かない。
戦国の歴史を把握している者からいえば、「次は○○の戦だ」と期待するたびに、その期待を裏切られ、フラストレーションが溜まることになります。

そのことも、田渕先生はすべてお見通し(毒リンゴではありません、ハートです)
一種の禁断症状を作り出し、視聴者を「恋しくて」の気分にさせる。


(戦が)恋しくて


戦国の華である戦を禁じることで、視聴者を「戦のない戦国ドラマなんて、ケチャップをかけないオムレツみたいに味気ないものだ」と実感させる。
それにより、戦を描いていた過去の大河ドラマの、原点回帰をさせる。
それが目的だとすれば…

その根性、その度胸、その信念。
まさしく、大河ドラマの救世主です。



そうだとすれば、今回は言葉通り「伝説の回」
「自らを反面教師として、大河を原点に戻してくれ」という、田渕先生の甚遠な御心が隠されている。
それを、秀吉のバカ芝居や、初のバカ芝居や、江のバカ芝居や、おねのバカ芝居や、茶々のバ・・・・・・に託したのではないか。
きっとそうに違いない。


そうであるとすれば…
人々がその真理に気づいた時、このタイトルの本当の意味に気づく。
「もう一度、あのドラマを見たい!」と。


シエが恋しくて


200年後には、スーパーハイビジョン3Dで、シエのリメイクが作られていることに僕は100000000000万円賭けてもいい。
嘘ですけど

________________________________________________________

えっと…


今回は、最初に言ったように、45分版を見て書いた記事ではありません。
ダイジェスト版(5分)しか見れなかったので、記事の最初にちょっと載せる予定だった「恋しくて」のタイトルネタを無理やり引き伸ばして作りました。

ダイジェスト版なので、省かれた40分に何が描かれていたのか、非常に気になります。
ネットで動画を見る予定ですが(最悪、土曜日の再放送でチェックする予定ですが)、少しでも早く真実を知りたいので、ブログを見て下さっている方に情報提供をお願いします。
5分ダイジェストでは、下らない恋の話(?)しか描かれていなかったのですが、

1.恋バナ以外に、物語が進展した要素はあったのでしょうか?
2.九州征伐は、本当に全く描かれていなかったのでしょうか?


非常に気になるので、すみません、教えて下さいリラックマ58「ペコリ」




過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

はじめまして

2011/05/16(Mon)01:37

はじめまして。与力と申します。
毎週、江の感想を楽しく拝見させて頂いております(私もブログで江の感想を書いています)。

さて、
1.恋バナ以外に、物語が進展した要素はあったのでしょうか?
2.九州征伐は、本当に全く描かれていなかったのでしょうか?

の二点ですが、それ以外は全く描かれていません。島津義弘も仙石権兵衛も立花宗茂も登場どころか、名前も出ませんでした。5分のダイジェスト版だけで充分に話についていけます。残りの40分はムダな映像を垂れ流しているということです。そんなもん、放送するなよ(泣)。

というわけですので、ご安心下さいませ。

それでは失礼致します。

名前:与力 (URL編集

Re: はじめまして

2011/05/16(Mon)02:01

> の二点ですが、それ以外は全く描かれていません。島津義弘も仙石権兵衛も立花宗茂も登場どころか、名前も出
> ませんでした。5分のダイジェスト版だけで充分に話についていけます。残りの40分はムダな映像を垂れ流して
> いるということです。そんなもん、放送するなよ(泣)。
> というわけですので、ご安心下さいませ。


ありがとうございます。妙に安心しました(笑)
でも、こんなことで安心してもいいのかという気持ちもあります(泣)


記事を読ませてもらいました。
ガラシャの洗礼については、江との絡みが気になるので、(時間の無駄遣いと分かってつつ)再放送で確認してみます。
他の記事も読ませてもらました。
失礼を承知で言わせてもらうと、与力さん、内容が個性的すぎます!!!
しかも、江と血風録を両方ともその日のうちにアップするなんて、なんてバイタリティ!!!
血風録の記事も含め、今後も気になったので、勝手ながらリンクさせてもらいました。
これからもヨロシクです!

名前:TV-Rocker (URL編集

2011/05/16(Mon)08:36

レスありがとうございます。

>ありがとうございます。妙に安心しました(笑)
>でも、こんなことで安心してもいいのかという気持ちもあります(泣)

全くもって同感です。私も紹介していて悲しくなりました(泣)。

>記事を読ませてもらいました。失礼を承知で言わせてもらうと、与力さん、内容が個性的すぎます!!!

自覚はあります(笑)。つぅか、ネタにでもしないとやってられないといのが本音です。でも、こちらのブログの秀吉=脚気患者説も充分個性的だと思います(勿論、いい意味で)。

>血風録の記事も含め、今後も気になったので、勝手ながらリンクさせてもらいました。
>これからもヨロシクです!

ありがとうございます。こちらこそ宜しく御願い致します。

名前:与力 (URL編集

Re:

2011/05/17(Tue)11:58

他の方もブログも見させてもらいましたが、今回はそうとうひどかったようですね。

それに、『ダイジェスト版』の存在が…
今回は5分ダイジェストに救われましたが、その日の深夜にわざわざダイジェスト版を放送するとか、どれだけ必死やねん(-_-;) ・・・
字幕の大きさから、ワンセグ版に作った番組を地上波でも流用しているような感じですけど。
忙しい人が、そこまでして『江』を見続けたいと思うものなのか・・・??

名前:TV-Rocker (URL編集

すみません、サボタージュ

2011/05/18(Wed)01:43

してた訳じゃないんですが、何やかんや忙しくて
やっとこちらに伺えました。
お元気ですか?

5分間ダイジェストの視聴で
今回の内容把握としては充分だと思います。


むしろ5分で済む内容を、45分引き延ばしてる訳ですから
必然内容も、そりゃあ薄い訳だなぁと妙に納得してしまいました。私も5分ダイジェストの方を観たかったです。


島津、丸っと無視か…
とりあえず歳久に謝ってくださいみたいな


九州征伐(ちょっと語弊あるかも)は、色々ドラマがあって
本当に美味しいんですけれど。

『私、恋愛しちゃうと他の事がどうでも良くなって、いつも失敗しちゃうの』な田渕先生が描く恋愛至上主義作品ですから


戦(歴史)<恋愛


なんでしょうね。
そういう訳ですから、恋愛をテーマに取った時点で、この作品自体『失敗』は予め決まっていたのやもしれません。

初の官位軽視発言は
名門のお姫様ゆえの世間知らずを、際立たせたいのかと思っていたんですが、私が深読みし過ぎただけなんですね(いやはや、お恥ずかしい)



本当に戦、歴史・人間ドラマが恋しいですね。
同じ宮沢さんが出てるなら
太平記再放送、本当に希望です。


追伸


来年のキャストや粗筋発表になりましたが、今年よりは
マシになりそうで
ちょっと安心しました。


後、あまり関係ないのですが、ちょっと別ジャンルの管理人さんとキャットファイトじゃなかった、意見の食い違いで
引かなかった私も悪いんですが
最後は逆切れされて
一応、それまでとなったのですが、それを考えると
TV-Rocker様は
私が生意気な事を言っても
いつも穏やかに接して下さり、本当に感謝と共に
偉大だなぁと思ってしまいます。


名前:YU-KI (URL) 編集

Re: すみません、サボタージュ

2011/05/18(Wed)20:48

> してた訳じゃないんですが、何やかんや忙しくて
> やっとこちらに伺えました。
> お元気ですか?

こちらは元気にブログ更新しております。
僕は小心者なので、自分の返信で傷つけてしまったのではないかと少し心配していました(・.・;)
これからもマイペースで更新してゆきますので、YU-KI さんもマイペースで来て下さい。
もう心配症になることもないと思うので(笑)


> 『私、恋愛しちゃうと他の事がどうでも良くなって、いつも失敗しちゃうの』な田渕先生が描く恋愛至上主義作品ですから
> 戦(歴史)<恋愛
> なんでしょうね。
> そういう訳ですから、恋愛をテーマに取った時点で、この作品自体『失敗』は予め決まっていたのやもしれません。

こんな恥ずかしいタイトル、よく付けたものだとある意味感心します。
もはや恋愛依存症の姫たちが自己崩壊させてゆくドラマにしか見えない。


> 来年のキャストや粗筋発表になりましたが、今年よりは
> マシになりそうで
> ちょっと安心しました。

来年度は少し期待しています。
少なくとも、戦は描いてくれると信じています!


> TV-Rocker様は
> 私が生意気な事を言っても
> いつも穏やかに接して下さり、本当に感謝と共に
> 偉大だなぁと思ってしまいます。

むしろ、反対意見を言ってくれる人こそ貴重だと思っています。
違う意見を聴くことで、自分の視野も広くなりますし。
ネットだとダイレクトに言われているわけでないので、冷静に受け止めれますし(笑)

人の数だけ意見があるのは当たり前なので、自分の考えが絶対だと思ってブログを書いているわけではありませんしね。
コメントくらい、自由に書いて下さい。
そのためにオープンにしているのですから。

名前:TV-Rocker (URL編集

何を仰るんですか!

2011/05/21(Sat)11:27

そんなそんな、TV-Rockerさんがそんな人を傷付けるような
発言されるわけないじゃないですか(;´д`)


ごめんなさい、逆にいらぬ心配をさせてしまって
本当に仕事が忙しくて


そうですよね、ストーカーみたいに通い詰めてて
いきなりパッタリですものね


いやぁ、こんなコメンター多数の人気ブログだし
私1人いなくなっても
気付かれないかなぁって


私としては、仕事が一段落して 沢山ブログ記事読めて幸せだったんで、本当に申し訳ないです。



大丈夫です。私の方が
いつも失礼な発言してないか
ヒヤヒヤですから。(けどやめない→おい)


すみません、記事に関係ない話を延々と

最後に江関連の情報を…
最近、何かの記事で読みましたが、前回の篤姫は
田渕氏の兄が大部分執筆をされていて、今回はノータッチらしいです。そりゃ酷い訳だ、別人の違和感の謎がようやく解けた面持ちにございます。


だから、結論として
田渕氏に時代劇書く才能はないから仕方ないのかもしれません。(これで努力してるなら、尚更)

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: 何を仰るんですか!

2011/05/21(Sat)20:34

> いやぁ、こんなコメンター多数の人気ブログだし
> 私1人いなくなっても
> 気付かれないかなぁって

気づかない訳がありません(笑)
コメントして下さる方は何人かはいらっしゃいますが、それぞれ特徴があったりするので「この記事は、みんなどういう反応するのかなぁ…」と反応を楽しみながら書いている部分もあるんですよ。
ただ、仕事が忙しくて他に目を配る余裕がなくなるのは、よく分かります。
僕はまだ時間が取れる仕事をしているので、こうやってブログ続けていられるわけですしね。


> 最後に江関連の情報を…
> 最近、何かの記事で読みましたが、前回の篤姫は
> 田渕氏の兄が大部分執筆をされていて、今回はノータッチらしいです。そりゃ酷い訳だ、別人の違和感の謎がようやく解けた面持ちにございます。
> だから、結論として
> 田渕氏に時代劇書く才能はないから仕方ないのかもしれません。(これで努力してるなら、尚更)

他の人のブログ記事なんかで知りました。
非常に納得です。
ただ一番悪いのは、ネームバリューだけで彼女を脚本に起用したNHKなのかもしれません。
ゴーサインを出す前に、せめて筋書きのチェックくらいはしなかったのでしょうか??
これだからお役所仕事は…(-"-)

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。