< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第17話「家康の花嫁」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第17話「家康の花嫁」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第17話「家康の花嫁」感想


激突は、再びあるのか


今日のアバンタイトル。
いつものことだけど、ここだけは歴史ドラマであることを感じさせてくれる。

それにしても、ナレーションが仰々しい。
「嘘つけ」とか思いながらいつも見てる。



  ↓


日の本一


緊張が高まるどころか、緊張感ないのがまる分かりのスタート。
ほら、やっぱり嘘だった。

本編と関係ない前置きなんか、いるのかなぁ?
あ、逆か。
歴史と関係ない本編の方がいらなかったのか。
そんなこと思いながらいつも見てる。


________________________________________________________

今日の感想。

なんかフツーだなぁ。
退屈だなぁ。
ツマラナイなぁ。


いつも同じパターンなので、飽きましたリラックマ54「寝る2」



さんざん秀吉のイヤな面を見せておいて、最後に彼の本音の優しさ?みたいなのを見せて、お涙頂戴みたいな。
前々回の「猿の正体」と同じパターンか。

シエが事件のあるところには必ず登場して、「猿め!」「猿が!」「猿の分際で!」とかなんか猿の五段活用を口走りながら、結局おいしいとこ取りして彼女のおかげですべてが解決し、ものごとが進んでゆく。
前回と前々回と前々々回と前々々々回と前々々々々回と前々々々々々回と・・・・・と同じパターンか。


不審な顔をする家康家臣団


なんか、大学時代のすごく眠たい授業を思い出しました。
いつも同じ声で同じトーンでぼそぼそぼそぼそ…しゃべる先生で、たぶん言ってることは違うことなんだろうけど、その前に雰囲気が同じすぎて催眠術にかかってしまう。
今日も後半眠たくなったので、思わず熱々のブラックコーヒー飲んだ。




それと、どうしても不可解な点が…
これもいつものことなのですが…キャラクターのことです。
性格がコロコロ変わりすぎじゃない?


たとえば、秀吉。
前回はけっこう執念をもって関白の地位をもぎ取ったみたいな演出でしたけど、今回は、関白をネタにして冗談ぽく笑ってみたり、関白の地位そのものを馬鹿にしてるし。
今回も、前半は妹や母を人質に出すことも冗談半分でどうでもいいように見えて、最後に「実はすごくつらかったんだ…うるうる(;_;)」みたいなことになっていたし。


茶々も変だよね。
秀吉に対して「父のかたき」「母のかたき」「気持ちが変わることはないぞ」と言ってるかと思えば、急におかしな風に吹かれたかのように「でも秀吉はいいところもあるよ」みたいなことを言ったり、今回も茶を立ててもらったぐらいで「秀吉にも真心があるね」とか言ってみたり。
尻軽女?にしか見えない。


今日は、最後の牙城も崩れました。
家康だけは、ある意味キャラが一定していたんですけど…
前半はクールに状況を分析していた家康も、後半は急にガハハと笑い出したりして…


笑う家康


たのむから、キャラ固定させて下さい。
どう視聴していいのか困るので。



なんだか多重人格者のドラマに見えてきた…リラックマ18「もやもや」





あと、音楽と効果音もだめ。
秀吉が何かアクション起こすたびに「でっで~ん」みたいな効果音つけるのやめてよ。


ああ…
今回は、いろんなことが気になりすぎて、まともに見れませんでした。
眠たかったし・・・




次回:

「恋しくて」

演歌の曲目ではありません。
大河ドラマです、念のため。




過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

はじめまして

2011/05/10(Tue)16:42

こちらのブログの内容があまりに面白いので、ブックマークさせていただき「江」の放送後には必ずお邪魔しています。

「独眼竜政宗」のころからの大河ドラマファンなのですが、記念すべき50回目の「江」があまりにも酷く、それでも大河ファンとしての呪縛と、このような酷い作品が大河として放送されたことの歴史の証人として毎回見ています。(涙)

こちらのブログがあることで、見た後の虚脱感ともやもや感が払拭され、すっきり日曜の夜眠りにつくことができています。
ありがとうございます。

TV-Rockerさんの映像の切り取りと、言葉・表現のセンスに脱帽です。

これからもよろしくお願いします!

名前:えりたま (URL) 編集

Re: はじめまして

2011/05/10(Tue)20:48

> こちらのブログの内容があまりに面白いので、ブックマークさせていただき「江」の放送後には必ずお邪魔しています。

ありがとうございます!
そう言ってただけると、記事も書き甲斐があります^^;


> 「独眼竜政宗」のころからの大河ドラマファンなのですが、記念すべき50回目の「江」があまりにも酷く、それでも大河ファンとしての呪縛と、このような酷い作品が大河として放送されたことの歴史の証人として毎回見ています。(涙)

「大河ドラマファンとしての呪縛」というのは、よく分かります。
ひどいとは思っていても、大河ドラマはきっちり見ておきたいという妙なひっかかりがあるんですよね。
それにしても、歴史的犯罪です、この作品は。


> TV-Rockerさんの映像の切り取りと、言葉・表現のセンスに脱帽です。
> これからもよろしくお願いします!

このドラマじゃないですけど、ワンパターンにならないようには気を遣っています。
これからも頑張ります!!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。