< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > JIN-仁-第3話 感想 > JIN-仁- > JIN-仁-第3話 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁-第3話 感想


いや、今回も、やってくれますな。
感動のドラマでした。

はじめのほうは、南方先生が牢屋のボスを助けてあげたり、まあ前回予告での予想通りというか。
そして、牢屋のみんなが、

「お前様は、仏じゃあ~」

ちょっと違うような・・・


私は、医術の神の子


だって、
「神は、乗り越えられる試練しか・・・」
「これは神の手によって、巧妙に仕組まれた罠で・・・」
って、よく神神神・・・


考えてみれば、南方先生は普通の日本人の感覚からすると、少し不思議なヒーロー像ですよね。
志が高く、仲間思いで一途(いちず)…このあたりは共感をもてるとしても、苦しい時に「神の試練」と受け止める感覚は、僕も含めて日本人ではちょっと珍しいような気がします。
普通なら「神」の主語が取れて、「これは自分が成長するための試練」となる。
南方先生がキリスト教信者とか、そういう設定でもないようですし・・・

このあたり、『JIN』の特徴というか、少し気になりますが…
ただ、どんな人でも「幕末にタイムスリップする」という異次元の経験をした場合には、自分自身を納得させるためにも、神というか、そういう超越的な存在を考えざるを得ないのかな、と。
今は一応そう解釈しています。




新門辰五郎


出ましたね、新門辰五郎の大親分!
南方先生を知っている様子でしたけど、前回の『JIN』にも出てたんですかね?
前回どこに出てきたのか、全然思い出せない…
今ちょうど読んでいる草莽枯れ行く (集英社文庫)という本にも、坂本龍馬や西郷吉之助、相楽総三、など幕末志士に混じって、新門辰五郎や清水次郎長などやくざもの?も出てくるのですが、貫禄があって本のイメージ通りで、GOODでした。
でも、今回も1シーンだけだったし、あんまり活躍はしないんだろうな・・・リラックマ49「下むいて…」




こん国は、いつからそんな、恩知らずになったがじゃ!


新門の親分を通して手に入れたはずの、「ホンモノの」一橋公の書状。
しかしニセモノと言われ、アッサリ、はねのけられる。
一橋公、どんだけ影響力ないねんリラックマ28「どかーん」
京ならともかく、江戸では・・・???
というか、これが本当にホンモノなら、奉行所に持っていけば済む話では・・・???

書状も何もなしに助けようとした方が、この番組の龍馬の向こう見ずのイメージと合っていたような。
僕個人的には、このアイテムは余計だったかな、と。


でも、その後のこのシーンは、良かったなぁ
第1話の最後でもそうでしたけど、『JIN』での龍馬の言葉は、胸を突く名言が多いね。
等身大の、龍馬個人のセリフにちゃんとなっているところがいい。
こういう言葉、『龍馬伝』で聞きたかった。
昨年の大河ドラマは、いかにも龍馬の偉業を知っている後世の人間が、龍馬にしゃべらせたい言葉を無理やり言わせた「現代のセリフ」になっていた。
だからサムかったんだと、『JIN』と対比してみて、ようやく謎が解けた。


※ただ、最後の「薩摩と長州を結びつける」というセリフは、ちょっと早すぎたような。
 まだ、薩摩藩の厄介になる前でしょ?
 それに、いくら思っていたとしても、そんな滅多なこと、将軍様のお膝元でそんな堂々と言ったら×




お断り申し上げます2


断ったなんてリラックマ9「ガーン2」

僕のドラマ歴が浅いからかも知れませんが、あの展開で、断ることは予測していなかったので。
咲さん、悲しくなってしまうくらい自分に厳しい人ですね。
それにあんなハッキリと、面と向かって、きっぱりと言えるなんて。
強い女性だ。

ここでラブラブの展開にならないところが、このドラマの成熟度の高さを物語っていますよね。
咲さんは、向こう見ずに家を飛び出したり、まだまだ世間に疎いなという感覚で見ていたのですが、あの人はちゃんと自分の将来のことも考えていたんですね。
咲さんが大人で、南方先生が子供に見えた(笑)




でも、最後お兄ちゃんの前で泣いてしまうところは、やっぱり子供だネリラックマ24「好き好き」

________________________________________________________

今回もおもしろかったデス。
『JIN』は、安心して見れるからいいですよね。
『江』見ていると、いつ突拍子も無い場面が出てくるかと、ハラハラしてしまうので。



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2011/05/04(Wed)10:29

血風録の感想待たずしてのコメントです!
ふむふむ「江」も↓のようにあれっ?いいじゃん!みたいな回があるなら見てみようかという気になりますね!

血風録は私自身かなり盛り下がっていますが、「JIN」のほうはTV-Rockerさんのコメントがきっかけで見始め前回TV-Rockerさんがいっていたようにこっちは安心して見れるし史実を追うというよりは奇想天外な発想の脚本で娯楽性に富んでいるというところがポイント高し!
ここに出てくる龍馬もなかなかよろしい!し、それぞれのキャラもしっかりしていてぶれていない!
続けてみようという気になります。

方や・・・血風録のほうはもちろんいい場面もあるんだけれど、キャストが地味な上に娯楽性がイマイチ・・・(つまりキャストで地味なんだからもう少し盛り上げろってことなんです!)
もう一工夫欲しいというか生真面目すぎて・・・さらに地味路線突っ走り?
ま、この辺の歴史はわかっているしとりあえず見てみるか・・・ぐらいのノリです・・・笑

名前:Miwakitz (URL編集

Re: タイトルなし

2011/05/05(Thu)11:34

> 血風録は私自身かなり盛り下がっていますが、「JIN」のほうはTV-Rockerさんのコメントがきっかけで見始め
> 前回TV-Rockerさんがいっていたようにこっちは安心して見れるし史実を追うというよりは奇想天外な発想の脚本
> で娯楽性に富んでいるというところがポイント高し!
> ここに出てくる龍馬もなかなかよろしい!し、それぞれのキャラもしっかりしていてぶれていない!
> 続けてみようという気になります。

そうですよね。
歴史上の人間が登場する以外はエンターテイメント性に富んでいますけど、でも、軽いドラマかというとそうでもなくて、命というものすごく大きなテーマに真正面から向かっていますからね。
あと、キャラクターにそれぞれ味があって、それがブレていないところがいいですよね。


> 方や・・・血風録のほうはもちろんいい場面もあるんだけれど、キャストが地味な上に娯楽性がイマイチ・・・
> (つまりキャストで地味なんだからもう少し盛り上げろってことなんです!)
> もう一工夫欲しいというか生真面目すぎて・・・さらに地味路線突っ走り?
> ま、この辺の歴史はわかっているしとりあえず見てみるか・・・ぐらいのノリです・・・笑

なんか、まじめな脚本家とまじめな演出がまじめなスタッフを相手にまじめに語り合ってできたドラマ??
ドラマというか教科書みたいで、別に新選組の歴史を勉強するために見ているわけではなんだけど・・・と思ってしまうこともありますね。
それでも、今後にも期待しつつ、見続けます!
感想、もう少し待って下さいね!

名前:TV-Rocker (URL編集

辰五郎親分について

2011/05/06(Fri)02:34

お邪魔します。
辰五郎親分と仁先生の出会いは前回の9話前後だったと思います。
出合った当初、親分は「医者」をやっている人間に不信感を持っていたのですが、その後、江戸に大火事起きて・・・という感じですね。

名前:通りすがりの町人 (URL) 編集

2011/05/06(Fri)13:15

内野さんの龍馬がとってもいいです。情に篤くて泥臭くて、実際の龍馬もきっとこんな感じだったんだろうな、と思わず納得してしまいます。と言っても私のイメージする龍馬象は90パーセントくらい「竜馬がゆく」から来てるんですけどね^^;
「龍馬伝」の龍馬はかっこよすぎましたね、やはり…。いや、ましゃがかっこいいという以前の問題として、龍馬の言動がありえないほどかっこよく描かれすぎているところがあって、そういう場面は見ていて居心地が悪かったです^^;それがTV-Rockerさんのおっしゃっていることなのかもしれませんね。
でもましゃは大好きですよ。JINを録画したらREGZAの新CMが入っていてうれしかったです^-^
咲さんがプロポーズをことわったのは私もびっくり!顔で笑って心で泣いて、見た目はもの静かなのに芯はとっても強い…こういう女性に憧れちゃいます。
おかげで南方先生も状況が許す限り、この時代で精一杯生きていく覚悟を固めたようですね。
来週はどうなるんだろう?ラストはどういう結末に?目が離せません。

名前:うめこ (URL) 編集

Re: 辰五郎親分について

2011/05/07(Sat)01:20

ありがとうございます!

やっぱり第1話で出ていたんですね!
それにしても、「最初は不信感を持っていたんだけど、のちに信頼を勝ち得る」というのは、なかなかベタな展開ですね!
逆に言うと、基本に忠実なところが、安心して見れる『JIN』の魅力なのかも知れませんよね。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: (うめこさんへ)

2011/05/07(Sat)01:27

> 内野さんの龍馬がとってもいいです。情に篤くて泥臭くて、実際の龍馬もきっとこんな感じだったんだろうな、
> と思わず納得してしまいます。と言っても私のイメージする龍馬象は90パーセントくらい「竜馬がゆく」から
> 来てるんですけどね^^;

YES!
この龍馬は、やはり王道ですよね!
ましゃがこういった龍馬を演じられるかどうかですけど…意外にましゃは庶民的?なところがあるので、こういった役の方がはまっていたのかも知れませんね。
(これは、龍馬伝が終わって、魂ラジを聴き始めてから気づいたことですけど…^^;)


> 咲さんがプロポーズをことわったのは私もびっくり!顔で笑って心で泣いて、見た目はもの静かなのに芯はとっ
> ても強い…こういう女性に憧れちゃいます。
> おかげで南方先生も状況が許す限り、この時代で精一杯生きていく覚悟を固めたようですね。

咲さんは魅力的デス (*^^*)
『JIN』は、人物の描き方が本当に上手ですね。
このふたりがどうなるのかも、これからの楽しみのひとつです。

一緒になるのが、ふたりにとって幸か不幸か…???

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。