< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第16話「関白秀吉」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第16話「関白秀吉」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第16話「関白秀吉」感想


今回は、ちょっと良かったぞ。



どうしたんだ田渕久美子?
とうとう乱心したのか?


いつもツマラナイのが当たり前なので、良ければ心配してしまうドラマって、なんだかぁ~と思いますが、それでも今回はなかなか良かったゾ。
僕のこのドラマに対する視線が、いつの間にか下がってきているからなのか??
なんだか、不思議な感じ。


特に、今回一番のグッジョブが、この人。


背後霊信長


アナタが出てきた出てこない今週は、
すごく平和でした。
頼むから、もういい加減、成仏してください





まあまあそれは冗談として、今回のグッジョブは、この人です。


関白の意味を説明する三成


露骨にドラマの語句説明の役を買って出た、石田三成。
彼のおかげで、関白の意味とか、いろいろ分かりました。
田渕氏のむちゃぶりの脚本のせいで、無理やり説明をさせられたKYな場面も多くあったけど、それでも嫌な顔ひとつ見せず、さわやかにナレーターを務めて下さいました。
ほんと、いい仕事したよ。
がんばったよ。

ついでも、亡霊の市に代わってナレーションもやってくれるとありがたいんだけど・・・



ナレーター三成は大プッシュしてましたけど、明らかにおかしなところもありましたけどね。
将軍になりたいという、前半のシーン。
関東を武力で制圧しないと、征夷大将軍とは認められないでしょ?
つまり、家康に戦で敗れた時点で、秀吉の将軍への道は閉ざされたことになるんですけどね。
将軍になるには、もう一度家康と決戦を行い、勝つしかない。
戦ギライの脚本家には、分からないことでしょうけど・・・


新興宗教の教祖


できもしないことをそんな得意げに言われてもねぇ。
しかもあのポーズ。新興宗教の教祖かよ。

あのシーンはいらんだろ。

「将軍になろうと思う」と言う時のエフェクト、あのサムイことったら・・・リラックマ46「冬の風」




また、誰が吹き込んだものか


今日は、心なしかギャグも少しだけマシだったような・・・
いつもの、体を張った3流芸人のようなズッコケネタや、ヘン顔コンテストをしているような顔ネタでなく、一応、言葉を使ったギャグだったので。
それでも、このドラマ、ひとつのギャグを何回も使うの好きですね~
今回だけでなく、信長の背後霊ギャグ(ギャグなのか??)とか、侍女のズッコケとか、あのあたりはもウンザリ。
いや、面白かったらいいんだけど、意図がよく分からないので。

ギャグもいらんだろ。




関白・秀吉


関白となった秀吉。
関白の座を射止めるまでの政治的な駆け引きも、比較的ちゃんと描いてくれていました。
江から意見を聞くという展開も、本当は許せないはずなんですけど、今回は、その意見を真に受けるのでなく、秀吉の行動原理に照らし合わせた上でのことだったので、比較的まともに見れたんだと思う。

※まあそれでも、わずか13才程度の子供が「関白になったら」とか秀吉に意見しているわけですから、本当は無理ありすぎるわけですけどねリラックマ4「汗」



「菓子は菓子でも、食べられぬ菓子ですが」


あのセリフは良かったな。
世の中を達観したような宗易のセリフなんかよりよっぽど良かった。
なんか、公家を金で釣り、ニンマリする秀吉の顔が浮かんでくるようで。
(というか、実際に映像でニタニタしていましたけど)

「江が近くにいないとヤダ」と政治なんてどうでもいいように描いたと思ったら、今回のように政治力を駆使してみせたり、おねに対していつもヘコヘコしている印象があったのですが、今回はおねの意見をまったく無視したり、脚本家の都合のいいようにキャラ立てされている印象もありますが・・・
今回の秀吉は、比較的「見れた」秀吉でしたね。

おねに対する態度は、あれはあれで、関白になった記念に亭主関白になったことを意味しているんでしょうか?
それにしてもおねさんって、亭主を盛りたてることもなく、いちいち旦那のやることに頭ごなしに反対してばっかりで、一いる意味ないよね?
前の離婚話はどうなったんだ?




…ということで、なんだか分かってきました。
多分、余計なものが多すぎるんですよ、このドラマ。
そういう脂肪を減らしていけば、それなりにスリムで見やすいドラマになるのでは。

信長の背後霊いらん。
映像効果いらん。
音楽いらん。
ギャグいらん。
おねいらん。
初いらん。
江はビミョー。(一応主役なので、ギリギリセーフ)



などなど・・・
つまり、ドヤ顔の演出みたいなの全部いらないんですよ。
多くは望みません。感動も望みません。
ただ、普通にやってくれたらいいんです・・・リラックマ3「うん。」




過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。