< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第15話「猿の正体」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第15話「猿の正体」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第15話「猿の正体」感想


この時代、脚気は別名…


皆さん、先週の『JIN-仁-』見ましたか?
「脚気」コワイですよね~
「野菜ちゃんと食べよ」って改めて思いましたね、僕は。
このドラマは、食生活のアドバイスもしてくれる、ホント現代人に優しい番組デス

南方先生は、続けて、こうもおっしゃっておられました。


「症状は手足のしびれに始まり、
つま先が上がらなくなり、転びやすくなる。
末梢神経が麻痺するのだ」





急に笑う猿
(セリフは一部脚色しております)




え・・・??
それって、どこかで見たような・・・





猿の幻影
(セリフは一部脚色しております)


やっと分かりました。
秀吉は仮病のマネをしているだけでなく、本当に病なんですね。
しかも、末期の脚気(衝心脚気)。
今までの秀吉の意味不明の言動も、末梢神経の麻痺によるものだと、やっと分かりました。
そこで、先生にお願いがあります。



南方先生!!
幕末が一段落したら、
戦国時代にタイムスリップして下さい!!!
ここにも、先生を待っている患者がぁ~!!





衝心脚気




あ・・・
遅かったみたい・・・



________________________________________________________


すでに『JIN-仁-』に心を奪われつつある今日このごろです。
皆様、まだ『江~姫たちの・・・~』見ておいででしょうか?
見ておいででしたら、すみません。
今日も、あなたの荒(すさ)んだ心に、さらに追い打ちをかけたいとおもいます・・・え??リラックマ4「汗」




それにしても、退屈だった・・・
ドラマも退屈でしたが、この主人公も、ずいぶんと退屈な人生を送っていますね。


『江~姫たちは退屈女~』


猿を恨む江


なんだか大げさなことを言っていたので、いよいよ猿めを羽交い絞めするのかと思えば、秀吉の忠実な家来に、秀吉の欠点を聞いてまわるという、なんともおヒマな行動でした。
今日の3分の2を割いたこのシーン。
全くリアリティがないんですよね。
全体がコメディータッチなので、すべての会話が軽く見える。
なんだこれは。

「秀吉に復讐したい」とか言ってるなら、早く殺してしまえよ
いつでも秀吉に近づけるアンタなら、簡単に殺せるだろ
早く、殺してしまえ



今さらながら秀吉を憎んでいますけど、それを言うなら、秀吉の元に三姉妹で落ち延びたときから、その恨みはあったはず。
しかし、秀吉を殺すことが出来なかったのは、(仮にこのドラマのように秀吉に自由に近づけるスーパーレディーであったとしても)庇護してもらっている立場上、自分たちの身を護るためには、悔しくても、秀吉に生きて頑張ってもらうしかない。
自分の敵(かたき)に養ってもらっているという、三姉妹の苦しみ。
衣食住の不自由はなくとも、心は監獄に入れられているような、絶望的な苦悩と憎しみ。
そういった内容を描いてこそ、視聴者の共感を呼ぶのではないでしょうか?
そんな当たり前のことが、全然描かれていないんですよね。

こんなツッコミをすること自体、空しくなっていますが…



あと、すごく素朴な疑問なんですけど…
最後のシーンは、泣くところなんでしょうか??
ありえないでしょ、あんな展開。

秀吉も、シエも、人格変わりすぎ。


シエさんよ、先週の雪をぶつけまくったあの憎しみはどこへ行ったのですか?
モンキーさんよ、先週までの厭味ったらしい態度の数々は、全部嘘だったのですかい?




抱き合う秀吉と江


抱き合うシエとモンキー。


頼むから、ふたりとも脚気にかかってくれ。
そして、このドラマから退場してくれ。



________________________________________________________

過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

ケイタイからですが[i:63943]

2011/04/25(Mon)09:26

えーと、画像を見ていないのですが文面からは貴方様の苦労と苦痛が滲み出てる気しかしませんな(苦笑)

ブログ1ファンとして忠告しますけど、こんな公害ドラマは観て自分が傷つくだけなんですからこの時間を風呂に入るなり、何か有意義な時間を過ごした方がいいです

こんなドラマを見て体調を崩したり平日の仕事や学業に悪影響を及ぼしたらバカらしいというか悲しすぎるじゃないですか・・・

このブログでの記事の為の義務感のお気持ちもあるでしょうが、このドラマもどきの記事を止めても貴方様を責める資格なんて誰にもないはずです。

というより責める人がいるなら、それだけの根拠を示せと私なら問い掛けてしまいます。そう思わさせざるを得ないドラマもどきなんですから・・・

名前:しずく (URL) 編集

こんにちは~

2011/04/25(Mon)14:00

この間JINの記事にコメントを入れさせていただいたエムです。

「江」のドラマは論外でしたね。
でもTVーRocker様の感想の記事がとても面白くて…ぷ!^m^失礼!(笑)
これはこれで楽しみなんです。が…お辛いのでしょうか?

名前:エム (URL編集

Re: ケイタイからですが

2011/04/25(Mon)20:30

> ブログ1ファンとして忠告しますけど、こんな公害ドラマは観て自分が傷つくだけなんですからこの時間を風
> 呂に入るなり、何か有意義な時間を過ごした方がいいです
> こんなドラマを見て体調を崩したり平日の仕事や学業に悪影響を及ぼしたらバカらしいというか悲しすぎるじ
> ゃないですか・・・


だいじょうぶです、まだ戦えますから。

…って、こんなこと書くから、心配されてしまうんですよね。
ご心配をおかけしてスミマセン\(TT。)
文章ではああ書いていますから、本気で怒ってるわけではなく、呆れているというか、まあ、それをネタにして遊んでやろうというか・・・そんな感じです。

妄想大河さんも今回はさすがに愛想を尽かしていましたが、まあ、自分で言うのもなんですけど気は長いほうなので、ぼつぼつやっていきたいと思います。
自分が限界だと思ったら、いつでもやめることはできるわけですからね。
楽しみにしていらっしゃる方もおられますし。

ご忠告ありがとうございました。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: こんにちは~

2011/04/25(Mon)21:14

> 「江」のドラマは論外でしたね。
> でもTVーRocker様の感想の記事がとても面白くて…ぷ!^m^失礼!(笑)
> これはこれで楽しみなんです。が…お辛いのでしょうか?

まあ、辛いといえば辛いですし、辛くないといえば辛くない。??
でも「辛さ」は、「こんなツマラナドラマのために時間を取られている」ということでなく、「こんなツマラナドラマから面白い記事をひねり出さないといけない」ということですので、発想力のいい勉強にはなります。

どこかの権威ぶった女流脚本家のドラマより、一市民の書く記事の方が面白いということを証明したいですし。

いい記事を書こうとすればするほど、産みの苦しみはあって当然ですので、これは自分がブログを始めた宿命と思い定めていますので、これからも頑張っていきたいと思います。

名前:TV-Rocker (URL編集

今週もお疲れ様でした

2011/04/25(Mon)23:03

今週もお疲れ様でした! 流石に今回は見放されるかと思っていたんですが、アップされたんですね。それだけで、もう貴方と黙って日本酒酌み交わしたくなりました。


私は、もう言葉が出ないというか


何を学べば
感じれば良いのか解らず

もう何が何やら『わからぬ』状態でした。


いつ絆深めてたっけ?一成と江


恋に時間は関係ないけれど、あの短時間で
何処をどう見たら
愛しくなるのか
そんな描写なかったよなぁ。江が早々に知恵熱出して、出陣して、帰ってきて、手紙キターの描写しかなかったよなぁとか

後、長丸(秀忠)→敢えて竹千代と呼びたくない。は、確か本当に棚ぼた式で二代に収まれたただけで、そんな優秀でもなかったはずですし。家康からもそこまで、気にかけられてないというか。他の方のコメントの横やりになり申し訳ありませんが、小牧~と対武田戦の頃の“いえあす”は、私もTV-Rockerさんと同じく、能力はあれど色々短慮と申しますか、あながち器に合わぬ力を持ったが故に、勘違いした若造が、年上の掌でコロコロ転がされた、“いえあす”人生史上最も屈辱の青春時代だったと思います。ヒスとリアもたまに、秘話してくれたり、クオリティ高くても、『大体合ってる』ものが多くて…本当に秘話?って感じもします。(音楽は好きですが)

後、おねさんが『父の姓の木下を』と言ってましたが、おねさんは淺野家の養女で、もし秀吉が
おねさんの名字を名乗るなら、淺野ではとか


大河観て歴史勉強する子もいるから、どっかの国みたいに、誤報流しまくるのだけは、勘弁みたいな…orz。うちは日本NIPPONチャチャチャな筈なんですが



話は変わりますが、JINは面白いですよね
私も好きです。


ただ、JINでも治せぬ病はあると思います。


いつでもタオル投げますから、やれるところまで、やってください


名前:YU-KI (URL) 編集

Re: 今週もお疲れ様でした

2011/04/27(Wed)13:07

はい。
今週は疲れました(汗
というのも、いつもは用事があっても夜7時頃には帰宅して、「BS録画の江を見る→感想書く→夜まったりと過ごす」というパターンなのですが、今週は帰宅が11時ころだったので少し焦っていたのと、見ながら

「どんな感想を書けばいいのだぁ~!」

と叫びそうになるくらい内容がなかったもので(冷や汗
まあ、JINの脚気ネタは先週の1話を見てからどこかで使ってやろうと思っていたので、それを盛りこんで、一応最低限の分量にしましたけど。
そのあたりの焦り具合が、しずくさんの心配にもつながったのかも知れないと。


言われるとおり、歴史検証は幼稚ですね。
いっそのことタイトル変えるべきです。
「江~姫たちの戦国捏造」
※来週ネタに困ったら、これ使うかも


今後は、夜更かしせず、次の日に書くようにします。
確かに、こんなことで体調崩したらくだらん。



P.S.
僕は、ビールはあまり銘柄にこだわらないですが、日本酒は普段飲まない分、飲むときは味にうるさいですよ。
高知県に知り合いがいて、前に「土佐鶴」の一番いいもの(?なんかブランデーっぽい容器だった)を送ってもらったのですが、冷で飲むとあれは美味かった。

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。