< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 新選組血風録 第3話「芹沢鴨の暗殺」感想 > 新選組血風録 > 新選組血風録 第3話「芹沢鴨の暗殺」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新選組血風録 第3話「芹沢鴨の暗殺」感想


あの・・・
思ったこと、ストレートに言っちゃっていいですか??




ちょっと手ぇ抜いてないか??


芹沢鴨の暗殺は、新選組ドラマの中でも指折りの緊迫するところ。
期待していただけに、その落差でそう思ってしまうのかもしれないですが、あまりにもストレートに描きすぎなのでは…
なんだか、途中はず~~~っとつまらなかった。




最後のチャンバラを見せたかっただけ?


「チャンバラは時代劇の華」
「だから、チャンバラさえ見せておけば、時代劇は成り立つ!」
何万年か前の時代劇には、確かにそんな傾向もあったかも知れませんが…
それって、いつの時代の話ですか?
今はドラマが乱立し、視聴者の目も肥えてきているので、ただのチャンバラでは満足しませんよ。
あくまでも脚本や演出の良さがあって、初めて+αの要素としてチャンバラが活きてくる。

なんだか、第1話以降、新鮮さが薄れていくと同時に、自分の中でも期待値が下がっていくのを感じる…






新見錦の切腹


今回、一番気になったシーンがこれ。

「お前は規則に違反した!」って、ひとりが言うならまだしも、薄暗い部屋で、寄ってたかって「そうだ、お前は悪い!」「お前は罪を犯した!」「お前はジゴクに堕ちるぞ!」みたいな…
(スミマセン、セリフは一部脚色しております)

これって、陰湿なイジメじゃないの?
もしくは、アブナイ宗教の儀式みたい。

原作にもこんなシーンあるのでしょうか??すごく気になる。
仮にあったとしても、そうとうマイナスな気持ちにさせますね、このシーン。
このシーンのせいで、土方フクチョのこと少しキライになったよ、僕は・・・リラックマ18「もやもや」

※『新選組!』の新見錦を追い詰めるシーンは、お見事でしたね。






辞世の句2


このシーンは、正直言って、意味が分からなかった。
僕の理解力が足らないだけ??

まず、歌の意味が分からないし、なぜあのタイミングで歌を詠んだのかも分からない。
さらに、なぜ急に芹沢センセがおセンチになったのかも分からなければ、それを見たお梅がなんで急に芹沢に深く同情したのかも分からない。
辞世の句に、自分の名前の「梅」が入っていたことに感動したの??
でも、直前まで金の亡者的な、愛とか夢とか友情とか糞喰らえみたいな顔してたでしょ、アナタ?

芹沢鴨の複雑な人格を描く余裕がないのなら、こんなシーンの代わりに、芹沢軍団で土方失脚のシナリオでも練っていてくれた方が、見る側としては緊迫感あったかも。

「土方は、必ず俺を殺そうとする。
 あいつのことだ。新見を殺った時のように、大勢で姑息な手段を使ってくるだろうよ。
 そこを逆に利用する。
 『仲間を裏切り、隊士の寝首を刈る行為は、士道に反するのではないか』と。
 自分の作った法度によって命を絶つことになる土方の姿は、見ものだぞ」







八木邸のチャンバラ


他の場面を犠牲にして?作った場面だけだけあって、ここは気合入っていましたね。
もちろんホンモノの刀でないにしろ、間違って当たったらすごく痛そうで、それをキンキンいわせるもんだから、「このシーン撮影するときに、間違って怪我とかしなかったのなかぁ…」と、ヘンなところで緊張してしまいました・・・リラックマ4「汗」

個人的には、雨がザーザー降ってる中での最後の決闘より、八木邸の中での闘いの方が、ハラハラしましたね。
「土方、やられるぞっ!」って。
刀の動きとか、振り方とか、結構派手で、映像的には楽しかったです。





今日のまとめ:

まとめというか、少しキャラ考察を。
主人公の土方歳三、鬼というか、感情がイマイチ見えてこず、マシーンみたい。
近藤勇、土方にあやつられすぎじゃない??
他の隊士、キャラの個性が見えず、まだ区別できてない。

ただし、沖田総司だけは別。なかなかいいキャラしてる。
実は、彼が主人公だったりしてリラックマ43「ひらめき」





今日のおまけ:


戦に…女はいらん




うちらのこと??




過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2011/04/21(Thu)23:08

TV-Rockerさんもだいぶ盛り下がってきましたね・・・笑

わたしは最初からそこそこの期待度で見ているので第3回もまあこんなもんか・・・みたいな・・・無感動というかなんというか・・・

この血風録を毎回見ていると、あらためてわたしのお宝大河「新撰組!」のクオリティの高さを再認識させられますね(笑)そのために12回まで見ようかな?

※『新選組!』の新見錦を追い詰めるシーンは、お見事でしたね。
↑確かに名シーンですぅ~!!何度も繰り返し見ていますが、息を殺してみるほどの緊迫したシーンですよね!

さ、鴨が死んでいよいよ新撰組始動!
頑張って感想よろしくお願いします!毎回楽しみにしています。

名前:Miwakitz (URL編集

Re:

2011/04/22(Fri)13:51

> わたしは最初からそこそこの期待度で見ているので第3回もまあこんなもんか・・・みたいな・・・無感動というかなんというか・・・
> この血風録を毎回見ていると、あらためてわたしのお宝大河「新撰組!」のクオリティの高さを再認識させられますね(笑)そのために12回まで見ようかな?

歴史ドラマは、あらすじがだいたい分かってしまっているので、脚本や演出がフツーだと、本当に平凡な、無感動なドラマになってしまうのですね。今回、それがよく分かりました(笑)
特に僕は、新選組にそれほど強い思い入れがあるわけではありませんので、容赦なくダメ出ししてしまいます。。。
(比べるなと言われても)比べて見れば見るほど、『新選組!』が光る結果になってますね。


> ※『新選組!』の新見錦を追い詰めるシーンは、お見事でしたね。
> ↑確かに名シーンですぅ~!!何度も繰り返し見ていますが、息を殺してみるほどの緊迫したシーンですよね!

あれぞ脚本の力!
『血風録』にも、ああいった視聴者をびっくりさせるような仕掛けを入れてくれれば良いのですけど・・・


> さ、鴨が死んでいよいよ新撰組始動!
> 頑張って感想よろしくお願いします!毎回楽しみにしています。

こちらこそ、これからも感想見て下さい!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。