< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第11話「猿の人質」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第11話「猿の人質」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第11話「猿の人質」感想


何とか見終わった…
何はともあれ、今回は、この人に救われました。


茶々の迫真の演技


「茶々」のキャスティングについては、年齢的な面から不安視する意見もあったようですが(失礼な人たちですね、まったく)、今回は、大成功だったのではないでしょうか。
いや、今後、茶々が主人公でもいいくらい。

宮沢りえさん。それにしても、圧倒的な演技力。
僕は前回の記事で江役の上野樹里さんを褒めましたけれど、やはりこの人が演技力を問われるシーンをすると、他の2人はかすんで見えますよね。
秀吉の前に初めて姿を見せるこのシーンと、3姉妹が亡き母を偲んで泣く後のシーンと、いずれも、惹き込まれる演技でした。
(初の見せ場がないのが、なんかかわいそう)





そして、今日二人目のMVP(?)は、この人。


市の亡霊


しつこいよアンタ。
自分から死を選んでおいて、なに未練がましく彷徨ってるんだよ。
わが子が今日一日いろんなことがあって疲れて寝ているのに、わざわざ呼んで起こすなよ。
とんでもなく自分のことしか考えていない女だね。


以上、誰かさんの心の声でしたリラックマ46「冬の風」


それにしても、この脚本家、霊関係が好きですね。
そういうのに興味あるんでしょうか?
それとも、死んだ人間が今後もナレーションをする不自然さを補うために、「この人は、肉体は死んでますけど、魂はドラマ内で生きているんですよ♪」と訴えたかったのでしょうか?

だとすれば、まったく異次元のドラマですね。
なにしろ、この市の霊はどんな場所にも一瞬にして忍び込めるわけですから、
「家康が信雄と組んで、秀吉討伐の兵を挙げますよ」とか、
「石田三成は茶々に片想いをしているよ」とか、
いろいろ江に教えてあげたりとか…
これからも、どうかご存分に、ご活躍下さいませリラックマ11「ダウン」





ということで、このドラマ、タイトルを変更することにしました。
主人公は、なんか最後の方で伊賀城で前見たシーン(例の十字架シーン)のリフレインやってましたが、今回から残念ながら、単独主役を降板になります。
そうでもしないとあの人、傍若無人さが直らさなそうなので。
「この世はアナタ中心に動いているんじゃないんですよ!」って叱ってあげるのも、時には必要でしょう。

…それでも、この人のスゴイところ。とにかく、霊感は半端じゃないですね。
市の浮遊霊に気付いたのもこの人だけでしたし、信長の霊を呼び寄せたり、呼び寄せただけでなく、もはや信長を背後霊にしている様子すら感じます。
なので、タイトルはこうなります。


『死霊と茶々と江~姫たちの霊界~』



まあ、無難なタイトルでしょう。
残念ながら、お菓子しか目がなく取り柄も見せ場も全くない初は、姫の資格から脱落しました。
せめて霊感が高ければ、残った可能性はあっただけに、残念です。


次回は、どんなスピリチュアルな世界を見せてくれるのでしょうか?
楽しみでなりませんリラックマ11「ダウン」






と、冗談ぽく書かねばならないほど、本ドラマは迷走しております。
戦国どころか、現代版ドラマにもなり切れず、それこそ中途半端な浮遊霊のように、落ち着くべきところを探し求めて、今日も漂っているのです。

とにかく、今回、多くの人が感じたであろうこと。

過剰演出

音楽を使い過ぎ。
シーンの度に違う音楽をもってきて、ミュージカルじゃないんだから。
あと、秀吉が茶々に一目惚れするシーンなんかでも、やりすぎ。
「これくらい画面をチカチカさせてあげないと、視聴者は気付かないだろう」
そう思ってあんな無意味な演出をしているとするならば、視聴者をバカにしすぎ。
というか、逆にあんな演出では、年配の方にとっては逆に分かりづらい。

民放のドラマでも、こんな中途半端な出来では、とり合ってくれないでしょう。せいぜい深夜枠に回されるのがいいところ。
NHKさんも、某東京電力と同じく、親方日の丸企業の弊害で、あぐらをかいてるんじゃないの?
「そんなことはない!」と言いたいのなら、せめて大河ドラマの意地を見せてよ。
最近「戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち」(テレビ東京)や「遺恨あり」(テレビ朝日)と、民放の方がよっぽどいい歴史ドラマ作ってますよ。





本ドラマ。浮遊霊のように、彷徨っております。
こうなったら、本気で考えるしかないでしょう。


悪霊退散400


来週から、いよいよアレも始まるようですし、アレに切り替えようかなぁ…??

※「アレ」については、今回は歴史がほとんど進まなかったため『江』関連記事を書かない代わりに、今週前半にアップする予定です。
新しいBSで始まる予定の、アレです。
もしかしたら、けっこう期待できるかもしれないと思っています。
少なくとも、これよりマシでしょリラックマ27「上昇」


________________________________________________________

過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

TV-Rockerさんに敬礼!

2011/03/29(Tue)19:46

とまぁ大仰なタイトルつけましたがwこんばんわ コメント2度目のしずくです(^.^)

タイトルの意味はそのままの意味ですwTV-Rockerさんの様な歴史・戦国時代の雰囲気、知識を掴んでる方がこんな「大河」に値しないドラマ(ってかコップ1杯の水にも値せず、飲んだら実は・・・って感じの心身に悪影響及ぼします飲料物ですよ、全く(呆))を視聴している事には頭が下がるばかりです。というかこれを観てる全ての大河ファンに言えますなw

批判するなら見るなって声もありますけど、見なきゃ評価は出来ないんで自分もウザい所は録画の早送りでそれなりに見続けましたがやっと死んだと思ってうれしかったのにまだ、あのアレ亡霊が出てる事で観るの切りました。(全くシエ(このドラマの江の別名、結構他でも使われてます。)といい初といい市といいここ3年間の大河主要上の歴史人物が嫌いになるってのは嫌なもんです。実在の偉人達や役者さんには罪はないのに・・・ムカつく演技は役者さんまで嫌いになってしまう。脚本家とプロデューサーの罪は巨大です。)

愚痴になって申し訳ありませんでした。なので一つ情報提供です。

もしもTV-Rockerさんが時代劇専門チャンネルも視聴可能なら2001年の「北条時宗」を観たらどうでしょう。今4話まで放送してますが、なかなか物語の緊迫感や役者さん達(子役含め)の演技が素晴らしいものです。自分は当時子どもだったから観ててもちょっと内容がハードだったから内容をあまり覚えていませんでしたが、今観ると充分名作なんだってわかります。もし時代劇ch観れないなら、差し出がましい口を挟んですいません。だってホントシエはストレスたまると思って・・・・

長々と失礼しました。これからもブログ楽しみにしますのでアレに負けずに頑張ってください。

名前:しずく (URL) 編集

補足です

2011/03/29(Tue)19:59

記事本文見返して「アレ」で誤解を招かないように訂正を

私のコメントの「アレ」とはBS放送の永井大主演の新撰組ではないですよwシエこと江の事ですから。

※悪霊退散!ってこれまた懐かしい画像をww1期の伊澄は色んな意味で面白かったなぁw

名前:しずく (URL) 編集

江見ました

2011/03/30(Wed)00:04

私だけじゃなかったんですね、このドラマには霊が多すぎると思っていたのは…。
よかったです。ほっとしました。
江は霊とか幻の演出が過剰すぎです。
故人が言ったセリフを誰かが言った、とかそういうきっかけもないのにいきなり霊とか出てこられても、「え?なんで出てきたの?」ってなります。市にしても信長にしても、そして江の生霊(?)にしても。

茶々さんは才色兼備で、江ちゃんは自分の信念のお太いお方(わがままとも言いますが(-_-;))、そんな中で初の扱いは全く持ってヒドいですね…。姫として扱われていない。可哀そうだと私も思いました。

話は変わりますが、「遺恨あり」、私も拝見しました!渋くて良いドラマでしたね。ああいうの大河でやってほしいです。当時の士族の思いは今の価値観とは全然違いますが、それでもそこをあくまで忠実に描いてくれていました。そして全然価値観が違う人たちの話であるはずなのに、視聴者の私は感動しました。やっぱり武士の潔さや誇りのようなものに憧れているからかもしれませんが、大河ドラマもそこらへんを忠実にやってほしいです(柴田勝家の扱いも酷かったですね)。
残念ながら、家はテレ東が見れないので「戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち」は見れませんでしたが、機会があったらぜひ見たいです!

江は溜まった分全部見ましたが、この先も見ようか見まいか考えさせられました…。とりあえずは見たいと思います。TV-Rockerさんの毎週の御感想、これからも楽しみにしております!

名前:くずゆ (URL) 編集

Re: TV-Rockerさんに敬礼!

2011/03/30(Wed)18:16

こんばんは!

いえいえ、敬礼されるほどのことではありませぬ。
コップ一杯の毒水ですが、唯一ありがたいことは、このおかげでさまざまな歴史書を読むきっかけになり、しずくさんにそうおっしゃっていただけるような知識を得ることができるようになったので(もちろん、薄識の身ゆえ現在も勉強中ですが…)そこだけは感謝してます、あんなシエにも。。。


「批判するなら見るな」って言う人、たしかにいますよね。
でも、批判するか評価するかは、見てみないと分からないんですよね。
シエの批判は確かに多いですし、その時流に乗って批判している人もいるかと思いますが、僕はあまりそういうのに影響されないように、ネット上の感想もサイトを吟味・厳選して見ているので。

もし、今後、ドラマの方向性が正統大河に戻ったら、誰よりも早く評価するつもりです。
(その可能性が、回を追うごとに小さくなっていくのを感じる今日このごろですが…)


時代劇チャンネルの情報、ありがとうございます!
ただ、残念ながら、BS有料放送は契約していないので、見れないんですよ(泣)
『北条時宗』は、リアルタイムで僕も見ていました。
あれが、始めて本格的に見た大河なんですよ。元の大都(でしたっけ?)のシーンとかすごく壮大で、圧倒されたのを覚えています。(内容は、残念ながらほとんど忘れてしまってますが…)


これからもヘコタれずに、感想出し続けますので!!

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: 補足です

2011/03/30(Wed)18:24

> ※悪霊退散!ってこれまた懐かしい画像をww1期の伊澄は色んな意味で面白かったなぁw


しずくさんにちょっと謝らねばならないことが…汗

実は、あのアニメ、僕見たことないんですよ。
タイトルは、聞いたことはありますが。
「悪霊退散」でなんかいい画像ないかと画像検索してみたら、あの画象を見つけて、シリアスでないし、軽いギャグタッチで使えるかなと思って、使わせてもらいました。
でも、反応してもらえて嬉しかったです。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re: 江見ました

2011/03/30(Wed)19:09

このドラマでは、主要な登場人物は霊となってずっと登場し続けるのでしょうか?
信長なんか、今話のは霊じゃないにせよ、いつまで出すんだよみたいな感じですね。
市も、そんな簡単に霊になって出てこれるなら、あの涙の別れは何だったんだ、と思います。


初の意見、そうですよね。
「憎めない人間だからこそ、アクの強い茶々・江ふたりの仲を取り持てたんだ」と言いたいのでしょうか?
でも…そもそもタイトルが「姫たちの戦国」なんだから、もうちょっと何とかならないかと思いますよね。


「江」見たのも、「遺恨あり」見たのも、実はくずゆさんのブログでチェック済みです( ̄ー ̄)ニヤリッ
それも知っていたので、記事の中に入れてみました。
登場人物が等身大で、スーパーヒーローでない。だから、感動するんですよね。
「戦国疾風伝」は、ドラマ性としては「遺恨あり」に負けますが、歴史を分かりやすく勉強・復習する上ではすごく見やすいドラマでした。(ただ、長すぎて、僕は最後のほう断念しました…)


これからも、頑張って記事書いてゆきたいと思います!

名前:TV-Rocker (URL編集

ちょっと魂魄飛ばしてました

2011/03/30(Wed)21:02

お久しぶりです。相変わらずカッ飛んだ、世間の常識を斜め45度に滑り出した今週の江の視聴後、あまりのショックに魂魄が、お市さんの代わりにあの世に逝きかけて、只今帰参致しました。


というのは冗談で
ショックと言えばショックですが…


実は携帯水没して
乾かしていたら
数日たったという
嘘のような本当の話+


週末交通事後を目撃、一応医療職なんで応急処置をしょうとしたら、倒れた筈の被害者が、加害者に罵詈雑言+蹴りかかり
喧嘩を止めて
挙げ句、警察も救急車も呼んでなかったため、私が全て手配するはめに…おかしい私は、単なる目撃者なのに


とバラエティーにとびまくった週末のせいと
携帯が機能しないせいで
此方のブログが見られませんでした。いやぁ、相変わらず容赦ない突っ込みグッジョブです!


本当に霊魂好きですよね。
後、宮沢さんはあんなに効果当てなくても、十分綺麗で惚れられる要素満載なのに、あの演出は流石に失礼ではと感じました。


完全ホームドラマで、唯一宮沢さんの気品だけが
何とか姫という存在を維持しているというか…



本当に戦国ってタイトルいるのかなぁと思いました。



そんなに合戦書きたくないか田渕久美子


そんなにあなた知らない世界が書きたいか田渕久美子


そんなに、視聴者をバカにしたいか田渕久美子


そんなに自分の技量を世間の前で地につき抜ける勢いで、叩き落としたいか田渕久美子

そんなに宮沢りえファンを敵に回したいか田渕久美子



とちょっとTV-Rocker様の真似をして、今週の印象を纏めてみました。



頼むから、誰か一人でもいい
理性や大局を見極めて動くキャラクターを求む!と
事故現場と江を見て切実に思いました。



※私も来週、支援活動引き続き頑張ります。いえいえ、私もビギナーです。ただ、興味は以前からあり、色んなところを徘徊していたら、色々知恵がついただけで、それにどうせやるなら、自己満足の部活では終わりたくないですしね(*^_^*)

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: ちょっと魂魄飛ばしてました

2011/03/31(Thu)23:23

幽体離脱(?)から、お帰りなさいませ。

いや、でも、携帯水没、大変でしたね~
もっとビックリなのは、乾かしていたら直った(?)ということ、不幸中の幸いでしたね。

それと、交通事故。
まあ被害者の気持ちも分からないではないですが、加害者とふたりきりならともかく、全然関係ない人がそのせいで困っているんだから、激昂していてもそれくらい気を遣えよ、と思いますよね。
いやはや、大変でした。YU-KIさん、お疲れ様でしたっ!


>本当に戦国ってタイトルいるのかなぁと思いました。

必要ないです。
というか、付けたらダメでしょう、このドラマで。
「八百屋」の看板見て入ったら魚しか置いていない。看板に偽りあり、となりますよね。
コメディ映画という触れ込みだが、見ても全然笑えない。駄作、ということでしょう。
エステサロンということで高いお金を出したが、全然効果ない。これは詐欺です。

「戦国」と付けている以上戦国時代劇だろうと思って見たら、あなたの知らない田辺ワールドだった。
これも詐欺じゃないか??
TVはタダだから大きな問題にならないけど、こんなのもし映画でやろうもんなら、金返せもんですよ。
というか、初回73分+45分×10話=8時間43分のおれの人生返せ。
なんてことは言いませんけどね、大人気ないですし。
それに、ブログの材料として使わせてもらっている身ですから。


>頼むから、誰か一人でもいい
>理性や大局を見極めて動くキャラクターを求む!と
>事故現場と江を見て切実に思いました。

おもしろい(笑)
今のところまだ家康と茶々、おねあたりは期待できるでしょう。
今後、あなたの知らない世界に引きずり込まれないことを願うのみです。



最後に…
これからも、支援活動お互いに頑張っていきましょうね!!

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。