< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「魂のラジオ」2月26日 > 魂のラジオ > 「魂のラジオ」2月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」2月26日


ダンロップCM1




ダンロップCM2


今日のオープニングトーク×ダンロップCMのハイブリッドで作ってみました。
いかがでしょうか?…って、ビミョーですよね、ハイ。リラックマ32「…」




それにしても、今日はダークましゃでした。
ドラえもんのメッセージに、そうとう噛み付いていましたね。
まあ、おもしろかったけど(笑)

「秘密道具なんて、ほんとはくれないくせに」
「大阪城ホール?着ぐるみだろ?あんなかに人が入ってんだろ?休憩中にタバコ吸ってんだろ?」
「…じゃあ、どこでもドア」

みたいな。。。



あと、ましゃの都都落ち伝説に、あなたな1ページが…

スナック「リョウマ」

ましゃが70才ぐらいで、それこそブリジストンのCMに出てくるようなおじさんになってからでもいいので、月1回くらいふらっと店の様子を見に来るマスターみたいな感じで、のんびりとやってくれたら。
働きたいという女性はいっぱいいるでしょうし。
そしたら、僕も行ってみたい。

以下、妄想です…
________________________________________________________

スナック「リョウマ」


いつものように、スナック「リョウマ」に顔を出した僕。
いつもとは風景が違うことに、僕はすぐに気づいた。
めったに姿を見せないマスターが、今日はカウンターのそばの椅子に座っていたのだ。

ましゃ爺。僕は、多少の愛着を込めて心の中でそう呼ぶ。
もちろん、店ではマスターと呼ぶのだが…

午後4時。まだ早い時間だからか、客はまばらである。
僕は、思い切って、日頃から疑問に思っていることを尋ねることにした。
ありきたりの会話のあと、おもむろにこう切り出してみる。


僕「マスター、どうしてこの年まで結婚しなかったのですか?」


そう。ましゃ爺は70才だが、いまだ独身を貫いているのである。
50才ぐらいまではマスコミも話題にしていたが、徐々に世間も関心を失い、今ではほとんどその話題を口にするものはいない。
もしかしたら、そのことをずっと気にかけていたのは、僕ぐらいなのかもしれない。


ま「ふむ。わしも今までツアー続きで、ゆっくり嫁を選ぶ余裕がなかったんじゃ」


ましゃ爺が前年の69才まで現役ミュージシャンで、毎年ライブツアーしていたのは、この国で知らない者はいない。
「そんなこと知らない」なんて言おうものなら、モグリと叩かれ、この国を追放されるに決まっている。
70才の誕生日の前日に故郷の長崎でゲリラライブを行い、その最後に「ライブツアーも音楽活動も、今日で最後だ」と宣言し、ピタリと活動をやめたのは、今では伝説となっている。
その後、ここ大阪の下町・八尾で、ひっそりとスナックを経営していることを知る人は少ない。
僕は、思い切って、あのことを尋ねてみた。


僕「これからも独身を貫くのですか?」


世間は、年も年であるし、生涯独身のまま世を去ると思っている。
みんなそう思っている。
しかし、ましゃ爺は、ゆっくりと、しかしはっきりと、こう言ったのだ。


ま「やっとわしも落ち着いたしなぁ…
  いい嫁をもろうて、子供を育てながらのんびり過ごそうと思っているのじゃ。
  おお、子供の名前も決めとる。
  ひとりめが雅秋、ふたりめが雅冬、3人めが雅夏じゃ。
  みんな、元気な男の子じゃ」



意外だった。
ましゃ爺は、これから結婚し、子供を3人も産むつもりだったのだ。
あらためて、ましゃ爺のバイタリティに恐れ入った。
僕は、69才最後の日のゲリラライブの報道を見た時の衝撃を、改めて思い起こさずにおれなかった。
ましゃ爺は、いつでも、全力疾走なのである。

…だが、ちょっと待てよ。
僕は、ましゃ爺との会話の中で、ふと湧き出た疑問をさりげなく聞いていみた。


僕「もし、女の子が生まれたら、どんな名前に?」


その時のましゃ爺の顔は、今でも忘れられない。
「あっ…!」
そんな声が聞こえてきそうなほど、ましゃ爺は驚いていた。
恐らく、女の子が産まれることなんて、想定していなかったのだろう。

…しかし、長年ラジオ番組をやっていた強みであろうか。
とっさに返答をする姿は、40代の往年のましゃを僕に思い起こさせるに十分だった。


ま「ま、雅秋子かのう。。。
  いや、雅子の方がスッキリしていい感じじゃ」



僕は、その返答に敬意を払い、心の中でこう答えた。
「そんなあなたを、いつまでもリスペクトしています」
そして、心の中で答えたその返事の代わりに、こんな言葉を返したのである。


僕「いい名前ですね」


ましゃ爺は、ピンチを切り抜けてほっとしたのか、いつの間にか、もとの温厚な顔に戻っていた。
この人は、年を取っても、本当に表情が豊かだ。
僕も、こういう年の取り方をしたい。


ま「わしの未来も、大変じゃ。ほっほっほ。
  …おっと、もうこんな時間か。わしは帰ることにする。
  では、ばいばいく~」



そう言いながら、ましゃ爺は店を出て行った。

「まったく、いくつになってもおちゃめな人だ…」
そう思いながら、僕は、グラスを傾ける。
マスターのいなくなったカウンターは、いつも見る風景に戻っていた…



________________________________________________________

ファンの方に怒られそうですが…
なんとなく書きたくなっただけなので、深い意味はありません。
あくまで僕の妄想ですので、笑って流してくださいリラックマ4「汗」



最後に…
わが地元・大阪城ホールでのライブ、ありがとうございました!
また、大阪に来て下さいねっリラックマ27「上昇」




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。



ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2011/03/02(Wed)20:53

こんましゃ☆
スナック龍馬( ̄▽ ̄)にまず爆笑!

うれなくなった時の、妄想すきですよね、ましゃ(笑)

TV-rockerさんの妄想も楽しかったです!
八尾ってとこが、なんかいーですね(笑)

結婚してない設定も、
まだ諦めてないってとこも、ありえる~(笑)

子供の名前なんですけど…
トーキングFMで、高菜が大好きだとゆー話しをしていて、娘が産まれたら、福山高菜にするそーです( ̄▽ ̄)

『てゆーかさ』、『なんで』
ましゃの口グセが、わかってきました(笑)

名前:ベベウ (URL) 編集

Re:

2011/03/04(Fri)02:04

こんましゃ!

スナック龍馬、ましゃは笑いながら話していたけど、妙にリアルだから、ついいろいろ想像してしまうんです…
今回は、その想像をふくらませてみました☆

八尾は、大阪で都落ちするとなれば、そこかなぁ~って。
なんだか無茶苦茶な設定になりましたが、ましゃの今のバイタリティを見てると、なんとなくアリだと思えてしまうんですよね。

なるほど!「福山高菜」いい名前ですね。
なんだかすごく美人そう。勝手な想像ですけど…


ましゃの口ぐせ、確かに。
魂ラジの中で5~6回は言ってるかも??

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。