< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 江~姫たちの戦国~ 第6話「光秀の天下」感想 > 江~姫たちの戦国~ > 江~姫たちの戦国~ 第6話「光秀の天下」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第6話「光秀の天下」感想


う~ん…
「このドラマは、きっと最後までそうなんだろうな」と思わせる回でした。
一般的な感想で言うと、

(史実としては破錠しているが)
ドラマとしては泣ける。



江の身の上を案じる市、茶々、初の姿は、私達が忘れかけている「家族の絆」を思い起こさせてくれました。
普段はいがみ合っている妹の初が一番不安そうで、また、一番再会を喜んでいた姿も感動的でした。
そういったことですよね。

歴史ファン側から言うと、

(ドラマとしては泣けるが)
史実としては破錠している。



まあ、この回に始まったことではないのですが、「戦国時代」の誤解曲解が甚だしい。
自分の謀反の理由を「分からない」とノーテンキに告白し、江を丁重に送り出す光秀や、ダダっ子のようにわめき柱に頭をぶつける秀吉など…
なんか、「中国大返しとか山崎の合戦とか、有名な事件を適当に入れておけばそれで戦国史になるだろう」という、ドラマ制作サイドの大雑把さが鼻について我慢ならない。
そういう意見は、あって当然だと思いますね。
僕はもちろん、こちら側の意見です。




さて、今日の気になったシーンを見てゆきたいと思います。


来るでない!


上野樹里さんの演技力が光ったというか、「単なるのだめじゃないわよっ!」と言わんばかりのシーンでした。
それでも素直に楽しめないのは、このシーン、似たようなのをどこかで見たような…
おてんばな「おかつ」が、江戸城に入りしばらくして、ふと目覚めたように急に堂々とした態度を取るようになったシーンがありました。
「篤姫の二番煎じか…」と思ったのは、僕だけでないハズ。。。



分かりませぬ…


何を尋ねられたも「分かりませぬ…」
自分の行為に対しての誇りも何もなく、後悔すらする始末。
そんな状態なら、秀吉に勝てるわけないですよ。

前回から、とことんまで光秀をノータリンキャラに仕立て上げ、信長の株を上げようとする行為が露骨すぎるこのドラマ。史実だけでなく、ドラマの人格的にも破錠しています。
『本人すら分からないのに、視聴者が分かるわけないだろっ
と、光秀を叱咤した江以上にツッコミたくなる気持ちが沸き上がったのは、僕だけでないハズ。。。




あとは、なぜか盗賊どもの侵入を簡単に許してしまう上野城。
気合いだけで成し遂げ、人間を超越した(?)とされる秀吉の中国大返し。
コマ切れの描写のみで、合戦そのものがいつの間にか終わっていた山崎の合戦。
切腹シーンは良としても、「姫様、申し訳ありません…」とか、草食系男子も言わないような言葉を最後に口にする光秀。

同じシーンでも、もうちょっと説明やそれを補うシーンがあれば、史実や論理的に破錠せずに済むのに・・・
そういったことをすべてバッサリ斬り捨ててでも、江を中心とした「泣けるドラマ」にしたいんですね。
そこまでして感傷を誘う意味って、どこにあるんでしょうか?
泣きたい人なら、月曜から金曜までの民放ドラマで十分泣いてるでしょ。
別に日曜まで泣かせなくても・・・
逆に、「日曜は歴史をまじめに学ぼう」と思っていた往年の大河ファンにとっては、泣かせるとか云々よりも

「憤慨」

の気持ちを増幅させているだけだと思うのですが。
どうでしょうか?



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

このドラマは、きっと最後までこうなんでしょうね~-w-

2011/02/22(Tue)03:40

TVRockerさん、おひさです^^

今回の大河は…「やっぱりか~…」に尽きますね~^^;
でも最近、こんな妄想を持つようになったんですが、覇気のない大河が続いているのは、ひょっとしたら不景気なのが原因なんじゃないかな~と思えてならなくなってきました^^;


つい最近(っていっても数年前ですが…)
スカパーで1992年の大河の『信長 king of zipangu』が再放送してたんです。
信長を緒方直人がやってて、秀吉を仲村トオル、家康を郷ひろみ… 光秀は、なんとマイケル富岡がやってたやつです。
(マイケル富岡なんて、今の人たちは知らないかも^^; UFO仮面ヤキソバンっていっても通じないんだろうな…)

キャスティングはなんだか微妙なんですが、この大河の「信長」は、改めて見返してみると、確かに信長が主役だからねっていうのはあるのかもしれないんですが…
その後あらゆる作品で登場した、どの「信長」よりもインパクト強くて恐いな~って実感したんです…

こういうことを言うと年齢がバレるんですが、当時中学生だった私はこの「信長」を3つの理由で見たくありませんでした><

①時代劇口調が重く、堅苦しかったから
(…でも言い換えれば、それだけ忠実さを意識してたってことですしね~)

②信長が怖かったから
(次の瞬間、信長がブチギレて、誰かの生首が宙を舞ってることもあったし…・w・)

③②が強烈すぎて、話を洞察するだけの集中力がなかったから
(こういう神経が後の「ゆとり大河」を生んだのかも^^;)

しかしながら、中学生には強烈すぎたんだけど、
このころの大河ドラマは覇気があったような気がします…
視聴者に媚びてなくて、堂々としたものを作ってたよな~って…・w・
ちなみに当時はバブル景気の末期だったらしいので、金に任せて思い切った作品が作れたのかも…・w・

もはや、この手のテンションの大河は、社会風潮が許さない気もするんですが、

昨今のような『ゆとり大河』は、ターゲット視聴者の年齢層への意識もそうなんだろうけども、製作コストをトータル的に節約するなら、、
ある意味、理に適った作品なのかな?と考えれば納得いくような気が勝手してきてしまいました・w・

…まあ、本当に根拠のない、身の程知らずな妄想なんですがね・・・・++

TVRockerさんはどのあたりまでが、大河として見られた作品だと感じられますか?
私は、大河を見ない時期も間にあったんですが…2004年の三谷幸喜の「新撰組!」までかな~って気がします。
単に新撰組(特に山本さんの土方歳三)が好きだった…ってだけの可能性…大なんですが・・・++

最後は、ルイス・フロイス調に…w
それでは…“Ate breve! Obrigado!”「また会いましょう。ありがとう」

名前:チェ・ジバラ (URL) 編集

Re: このドラマは、きっと最後までこうなんでしょうね~-w-

2011/02/23(Wed)01:42

> つい最近(っていっても数年前ですが…)
> スカパーで1992年の大河の『信長 king of zipangu』が再放送してたんです。
> 信長を緒方直人がやってて、秀吉を仲村トオル、家康を郷ひろみ… 光秀は、なんとマイケル富岡がやってたやつです。
> (マイケル富岡なんて、今の人たちは知らないかも^^; UFO仮面ヤキソバンっていっても通じないんだろうな…)


なんだか、すごいメンバーですね・・・
UFO仮面ヤキソバンとか、何となく聞いたことがあるような…
でも、中学生の頃から大河ドラマに接していたなんて、うらやましいですね。
それと、スカパー見れるのもウラヤマシイ・・・
環境の違いなんでしょうか、僕はこの頃はアニメにハマっていたような…
小学生の頃(?)は、堺正章さんの西遊記の再放送が夕方からあって、学校から帰ってからまずそれを見てから宿題したり、遊びにいったかすかな思い出はありますけど。。。


> 昨今のような『ゆとり大河』は、ターゲット視聴者の年齢層への意識もそうなんだろうけども、製作コストをトータル的に節約するなら、、
> ある意味、理に適った作品なのかな?と考えれば納得いくような気が勝手してきてしまいました・w・
>
> …まあ、本当に根拠のない、身の程知らずな妄想なんですがね・・・・++

「ゆとり大河」とは、良いネーミングですね(*^-^)
今の人は、男性は草食系ですし、女性は安定志向ですし、こういうドラマがウケる風潮なのかもしれませんね。
僕は自分の生き方はともかく、歴史はがっつりといきたいので、コメントに書いて下さっていたような『コワイ信長』が見たいですね。


> TVRockerさんはどのあたりまでが、大河として見られた作品だと感じられますか?
> 私は、大河を見ない時期も間にあったんですが…2004年の三谷幸喜の「新撰組!」までかな~って気がします。
> 単に新撰組(特に山本さんの土方歳三)が好きだった…ってだけの可能性…大なんですが・・・++

あまり考えたこともなかったですが、そうやって考えると、僕も『新選組!』まででしょうか。
というのは、新選組は、細かい創作はありましたが、大筋は史実に合わせていましたし、テーマも「新選組の若人の力と、時代の荒波に呑み込まれる無念さ」のような、歴史に沿ったテーマだったような気がします。
それ以降は、創作が史実を侵食し、テーマが現代風の価値観になってしまいましたもんね。


今後とも、よろしくお願いします!

名前:TV-Rocker (URL編集

2011/02/24(Thu)21:23

>でも、中学生の頃から大河ドラマに接していたなんて、うらやましいですね。

いえいえ、とんでもないです☆
本格的に接することができるようになったのは、もっと老けてからですw
大人になって、『笑える=楽しい』ばかりが全てじゃないと考えるようになって、、
昔、理解できなかったことが理解できるようになってくると、それだけで楽しかったりしますからね^^

中学生のときに見ていたといっても、
当時は『ダウンタウンのごっつええ感じ』×『信長 king of zipangu』だったので
次の日の学校に備えてテンションアップを優先した結果…
「恐い信長」よりも、ダウンタウンの方を優先してました^^;
んで、信長は土曜日の再放送の方を見てましたw(見る気になったとき限定でしたが;;)

この大河の信長はDVDBOX化されてるようなんですが、
レンタルされてるのはあまり見たことないんですよね^^;
DMM や amazon にはあるみたいなんですが。。。
ここは、さしあたり「YouTube」などで動画検索すると、
この「信長のOPの動画」や「外国の人?がアップした本編が一部」が視聴できるようなので、
一度、ご覧になってみてください^^

>堺正章さんの西遊記の再放送が夕方からあって、学校から帰ってからまずそれを見てから宿題したり、遊びにいったかすかな思い出はありますけど。。。

こちらの地方だと、夏休みとかにひっそりとやってたのを見たことがありますよw
岸部シローの沙悟浄が好きでした☆ ゴダイゴもイイ感じでしたね^^

しかし、こっちを先に見ちゃってると、
どうしても「香取慎吾版の西遊記」は見劣りしちゃうっていうのはあります^^;
頑張りは感じるんですが、
オリジナリティーって面と周囲(フジテレビ)が、やたらと祭り上げてたものだから、
良い物かもしれないけど、興がそがれるんですよね~-w-
やたらと感動を押し売りしようって構成も好きになれなかった要因の一つかも…・w・

>今後とも、よろしくお願いします!

御覧の通り、ひねくれ者ですが、こちらこそよろしくです^^

名前:チェ・ジバラ (URL) 編集

Re:

2011/02/26(Sat)01:59

> 中学生のときに見ていたといっても、
> 当時は『ダウンタウンのごっつええ感じ』×『信長 king of zipangu』だったので
> 次の日の学校に備えてテンションアップを優先した結果…
> 「恐い信長」よりも、ダウンタウンの方を優先してました^^;

それを聞いて、少し安心しました(;^_^A
僕が歴史を本当に好きになったのが大人になってからというのは、遅いわけでないないのですね。


> しかし、こっちを先に見ちゃってると、
> どうしても「香取慎吾版の西遊記」は見劣りしちゃうっていうのはあります^^;

実は、香取慎吾さんのは僕は見てないんですよね。
正直にいうと、最初から正統派と思っていなかったので。
それに、少年の頃の思い出を、大人になった自分の価値観で汚したくなかったので・・



コメントありがとうございました。
「龍馬伝」が終了し、あの頃コメントして頂いていた方々も「江」に愛想をつかしてか(?)、めっきり名前を見かけなくなってしまったので、(こんなことブログ管理者が言うべきではないのかもしれないですが)正直、少し寂しく思っていたところでしたので。
「江」はとんでもなく駄作大河ですが、毎回の感想を見て下さっている方がいる以上、がんばって見続けたいと思います。
(最近は、ドラマよりも歴史記事を書くネタとして見ているような感覚ですが…(;^_^)

名前:TV-Rocker (URL編集

私も応援しています

2011/02/26(Sat)17:09

初めてコメントいたします。
「龍馬伝」の途中から拝見しており、「江」になっても拝見し続けています。
大河ドラマにあった内容の感想だけでなく、
背景説明や発展させたテーマを解説くださっているので、
とても読み応えのあるブログになっているといつも感じています。
ささやかながら拍手しています。
「江」の感想は大変かと思いますが、是非続けてください!
楽しみにしています。
「信長 king of zipangu」のObrigadoも懐かしいです。

名前:resp (URL) 編集

Re: 私も応援しています

2011/02/27(Sun)01:08

勇気百倍の嬉しいコメント、ありがとうございます!


>大河ドラマにあった内容の感想だけでなく、
>背景説明や発展させたテーマを解説くださっている

のところが、僕が目指しているブログの方向性と合っていたので、すごく嬉しかったです。

大河ドラマを見て、ちょっと疑問に思ったり興味が湧いたりしたことでも、「本を買って本格的に勉強するまではちょっとねぇ…。でも、Wikipediaの説明を見てもだらだら長いだけで分かりにくいしツマンナイし…」と感じている人が、気軽にドラマに関連する歴史を学べて、より大河ドラマや歴史そのものに関心をもってくれたら…
そんな思いで、ブログを書いています。


そして、拍手いただき、恐縮です。
記事をアップした翌日や翌々日はけっこう拍手が気になるもので、会社でもついついチェックしてしまいます。ひとつでもあると、何だかほっとするのです。
アクセス数はおかげさまで安定してきたので最近は気にならなくなりましたが、ひとつひとつの記事を出すたびに、その記事が読者の心をつかんでいるか、自分の独りよがりになっていないか、読んで下さっている方の時間泥棒になっていないか…などは気になります。
インターネットは相手の顔が見えない分、拍手やコメントなどで判断するしかないんですよね。
逆に、「この記事ツマンナイ!」とか「分かりにくい!」と感じられたときは、遠慮なく拍手拒否するなり、コメントに書くなりして下さいね。

「信長 king of zipangu」の頃は、僕はまだ大河に触れてもいませんでした。
そういうことからも分かるように、多くの閲覧者と比べても、まだまだ未熟な身の上です。
皆様に支えてもらい、運営させてもらっていることを感謝しながら、「江」の感想も含め、これからも時間の許すかぎり頑張っていきたいと思います。

名前:TV-Rocker (URL編集

楽しみが増えました

2011/02/27(Sun)22:28

はじめまして。
当方大河鑑賞歴40年になるものです。初めてみたのは小学生の時天と地とで石坂浩二さんの謙信にほれぼれして以来です。
それ以来ほとんど毎年見てきました。挫折したのは武蔵くらいかな。天地人も文句言いながら最終回まで見てましたよ。
最近このブログを知り、楽しみが増えました。天地人の時から知っていればもっとストレスが減ったのに…と残念に思いました。
江も、ドラマ自身より突っ込み所をうんうん、そうだよね~と共有できてこっちを見るために大河ドラマを見てるようなもんです。
今後も楽しみにしていますので頑張ってください。

名前:ミミエデン (URL) 編集

Re: 楽しみが増えました

2011/02/28(Mon)02:49

はじめまして!
コメントありがとうございます!


> 当方大河鑑賞歴40年になるものです。初めてみたのは小学生の時天と地とで石坂浩二さんの謙信にほれぼれして以来です。

大河40年とは、素晴らしいです!!
僕の大・大先輩ですね。
「天と地と」は、僕は大河でなく、映画のものをレンタルして見た記憶があります。
上杉謙信はタダでさえカッコイイ(僕が好きな戦国武将NO1です)のに、石坂浩二さんがされたら、それこそ「鬼に金棒」ですね!


> 最近このブログを知り、楽しみが増えました。天地人の時から知っていればもっとストレスが減ったのに…と残念に思いました。
> 江も、ドラマ自身より突っ込み所をうんうん、そうだよね~と共有できてこっちを見るために大河ドラマを見てるようなもんです。

そんな嬉しいこと言ってもらえたら、涙でそうですっ
挫折しそうになったら、このコメント見てまた元気もらいます。
あと、もし良かったら、僕のリンクの中にある「妄想大河ドラマ」さんや「como siempre 遊人庵的日常」さんも、江の感想についてはシニカルな(=皮肉たっぷりな??)意見を書いて下さっていますので、そちらも見ていただけたらと思います。
僕も、いつも見て溜飲を下げさせて(=スカっとさせて)もらっています。

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。