< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 歴史秘話ヒストリア「坂龍・中慎コンビ」感想 > 歴史秘話ヒストリア > 歴史秘話ヒストリア「坂龍・中慎コンビ」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史秘話ヒストリア「坂龍・中慎コンビ」感想


サブタイトルは

さらば相棒 龍馬と死んだ男
~坂本龍馬と中岡慎太郎~


ということで、今回は、



幕末の相棒70

「坂本龍馬」と「中岡慎太郎」



ご存知の通り、薩長同盟を結ばせた立役者。
同じく土佐藩出身。
近江屋で凶刃に倒れたふたり。
「龍馬伝」のラストを悲しくも飾るふたりが、今日の主人公です。




番組であったこんな言い方、goodだと思いませんか?

海の龍馬と、山の中岡


どこがどう海なんだとか、山なんだとか、そういう細かい話でなくて、あくまでイメージです。
おおらかな考え方、自由が振る舞いが、『海』、坂本龍馬。
厳格な考え方、安心感を与える振る舞いが、『山』、中岡慎太郎。



このふたり、比較してみると本当におもしろい。


たとえば、柿を出されたときの食べ方ひとつでも違いが分かる。

武市半平太の妻・富によると、

「柿を出したとき、中岡さんは行儀よく『いただきます』『ごちそうにあずかりました』と食べたが、坂本さんは何も言わずガブリとかじりつき、種をぺっぺと出して食べていた」


中岡の柿 龍馬の柿



なるほど。



次は、同じく土佐出身の板垣退助(当時の乾退助)が明治維新後、ふたりを評した言葉。

板垣退助

「中岡慎太郎は、もし生きていれば、西郷隆盛や木戸孝允と肩を並べる政治家になっていただろう」
「坂本龍馬は、もし生きていれば、岩崎弥太郎のように、実業家方面に発展していたはずだ」



言い得て妙ですよね。
ちなみに、評した本人である板垣退助は、明治新政府の官僚として一度は出仕するものの、下野したのちは自由民権運動の旗手として演説の生涯を送ります。




ラストのエピソードは、徳川慶喜の扱いを巡っての考え方の対立と、それでも切っても切れない生涯の相棒であったふたりの絆の強さが描かれます。

龍馬は、暗殺される数日前に友人にこう語っていたそうです。

「吾れ中岡と事を謀る。
 往々にして、論旨相合わざるを憂う。
 しかれども、中岡と相謀らざれば、また他に謀るべき者なし」



最後のエピソードは、本当に悲しくなりました。
再放送もありますので、ご興味のある方はホームページ等でご確認下さい。



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

中岡慎太郎と西行と大正天皇を語らせたら止まらないYU-KIです。

2011/04/29(Fri)12:54


私もこの回拝見しました。

多分、海の坂本
山の中岡は


坂本龍馬生家が、今の高知市内、海に面しているから=海


中岡慎太郎生家が、山間部だから=山


なんだと思いますが
TV-Rocker様の解釈されたように思考パターンも、山と海だったんでしょうね。きっと(*^_^*)


ちなみに、私は変わり者で中岡慎太郎が大好きです。

中岡慎太郎を好きな理由は、頭はキレるし
理不尽な年貢の要求には、命をかけて座り込みで直訴(この時代の土佐は、直訴は死罪にされても文句が言えない)


行動派で実現可能な理論の組み立て方が出来る


後は、笑顔がチャーミング


龍馬に比べて、影は薄いが有能なところが好きです。(ポツンと1人室戸岬に佇む銅像があります。)

基本的に真面目だが、話上手で冗談好きなところ。


中岡慎太郎で大河書けば、それはそれで面白いと思います。

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: 中岡慎太郎と西行と大正天皇を語らせたら止まらないYU-KIです。

2011/05/01(Sun)00:22

> 多分、海の坂本
> 山の中岡は
> 坂本龍馬生家が、今の高知市内、海に面しているから=海
> 中岡慎太郎生家が、山間部だから=山
> なんだと思いますが
> TV-Rocker様の解釈されたように思考パターンも、山と海だったんでしょうね。きっと(*^_^*)

おそらく、番組内では生まれから山、海の違いを説明していたと思います。
ただ、これは僕の思い過ごしかも知れませんが、性格的なことも山と海にかけて言われていたような気がしたのですが・・・
だいぶ前のことで、しかも最近物忘れがひどいので、とんと思い出せません ^^;


> ちなみに、私は変わり者で中岡慎太郎が大好きです。

中岡慎太郎が好きな人間は、意外に多いような気がします。
「JIN」でも、あの市川亀治郎さんが中岡慎太郎役をするということで、けっこう「早く見たい!」「楽しみ!」的な話があるようですから。
龍馬と腹を割って話のできた、数少ない人物ではないでしょうか。

名前:TV-Rocker (URL編集

なるほど

2011/05/01(Sun)02:00

すみません、私もうろ覚えです。劇中に出てきたイラストが可愛いなぁと、そこだけ鮮明に覚えてます(*^_^*)



成る程!TV-Rockerさんは、そのように解釈されてるんですね。


私は逆で
落ち着きない龍馬の首根っこを引っ掴かんで
暴走する龍馬の軌道修正が唯一出来る人物だと考えてました。


龍馬が周りの空気読まず、お龍とラブラブ新婚旅行や寄り道航海の裏側で

『坂本(龍馬)はまだかぁぁぁぁ!!!』


とぶちギレる高杉&中岡さんの怒号が
関門海峡辺りに響いただろうなぁとか(丁度時期被ってるので)


多分、身内にぶちギレてストレスを発散すべく、鬼のように戦った末の勝利だったりして


『坂本(龍馬)はまだ殺るわけにいかん(きに)』


とか、私の中の龍馬像は、それなり魅力も中身もあったけれど、それを上回るくらいに周りの迷惑省みずフリーダムなAKYな男なので


こういう人には、常識人かつ地に足がついた
ブレーンがいないと
空中分解しかねないような気がします。
高杉に引き続き、お近づきになりたくない人物です。

司馬史観が英雄・坂本龍馬を作り上げただけであって、龍馬が発案した殆どが、ベースや骨組みを考えたのは、中岡さんを始めとする別の人物だったり


それに、私龍馬さんが一番苦手というか
信用ならないと思う一番の原因は


この人…肝心な時に居ないんです。


仲間の死とか
亀山社中での親友ともいえる長次郎切腹事件とか

一、二度ならともかく
何回も重なると


『こいつ、こういう空気は読めるんじゃ…』


って勘繰りたくなります。


カピバラじゃなかった、亀次郎さんですか。
今回は暗殺されちゃう側ですね。龍馬伝からそう間が空いてないから
心中どう思いながら、演技されるのか
楽しみですね(*^_^*)



追伸


高知県では、中岡さん好きは少ないと思います。
私も滅びゆく者も
時代を築きゆく者
両方、子供に見せる父親に、龍馬と慎太郎さんの所に連れて行ってもらわなければ、歴史の勝者ばかりに目がいっていたと思います。

今思えば、二人の所に連れて行って貰ったのが、父親が仕事に行き詰まっていた時期だったので、父も色々あったんだなぁと(*^_^*)

名前:YU-KI (URL) 編集

Re: なるほど

2011/05/01(Sun)10:28

> 私は逆で
> 落ち着きない龍馬の首根っこを引っ掴かんで
> 暴走する龍馬の軌道修正が唯一出来る人物だと考えてました。

> こういう人には、常識人かつ地に足がついた
> ブレーンがいないと
> 空中分解しかねないような気がします。

そう言われてみれば、そうかも知れませんね。
中岡慎太郎だけでなく、龍馬はひとりでは何もできない人で、亀山社中のメンバーとか、ほんとまわりの人に迷惑をかけているというか、助けてもらっていますよね。
逆にそこが龍馬の魅力でもあり、助けてあげたくなるというか、リーダーとして担ぎ上げたくなるというか、日本人らしからぬところが備わっていたのではないでしょうか。


> 今思えば、二人の所に連れて行って貰ったのが、父親が仕事に行き詰まっていた時期だったので、父も色々あったんだなぁと(*^_^*)

懐かしい思い出があったんですね。
そういうのは、いつまで経っても鮮明に記憶に残るものですよね。
分かる気がします。

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。