< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「龍馬伝」本編 第45話「龍馬の休日」感想 > 龍馬伝関係 > 「龍馬伝」本編 第45話「龍馬の休日」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」本編 第45話「龍馬の休日」感想


龍馬とお龍のホリディ。


しかし残念ながら、いろんな人に邪魔されて、夫婦水入らずとはならなかったようで。
お龍さん、怒りの拳銃を構えていました。

いっそのこと、そのまま撃ってしまったら?
パンッ!って。
「龍馬暗殺の真犯人は妻のお龍だった!」みたいな。
こんなこと書いたらダメですねリラックマ20「すまん」




まあでも、今回もたくさん拳銃を向けていましたね。
だんだん、不自然な感じに見えなくなってしまいます。
さすがSP上がりです。
…で、こんな感じのアニメーションgif作ったので、どうでしょうか?


拳銃をもつお龍アニメ




そんな勝ち気のお龍も、ひとりになったら淋しいようでして。
龍馬が斬られる夢を見て、はっとします。
周りには、いつしか並べていた紅葉の葉がたくさん。


もみじのシーン


このシーンはビジュアル的にナイスでした。
「こんなキレイに並べられるかい!」
「自分の手元から並べていったのに、どうやって遠くの方に置いていったんだ!!」
「なんで音楽がスペイン風なの?」
みたいなツッコミは無粋でしょうね。
(でもやっぱり、言いたくなるリラックマ4「汗」



________________________________________________________



一方の弥太郎。
佐々木高行の言葉に対して、怒っていました。


佐々木高行


先週の記事で2回ほど佐々木高行を登場させていたので、
「おっ!登場してくれた!」
と名前のテロップが出たときは少しうれしかったのですが…


それにしても、ひどい扱いでした。
明治の夜明け後に政治を担い、維新後の土佐の政治家として後藤象二郎や板垣退助と並び称されるにはあまりにも考え方が古い。土佐藩内であればまだしも、長崎の地で「地下浪人」なんて言葉を使うとは、旧石器時代なみですな。
原始人に罵られた、岩崎弥太郎。
名セリフを吐き捨て、土佐商会をあとにするのでした。


「これから日本は、生き馬の目を抜く世の中になりますろ。
上士・下士と、身分にこだわり続けるもんは、間違いのう、負けてしまうがじゃ。
覚悟を決めて商売をできるもんだけが、勝つがです」



でも、土佐商会のお金を勝手に使ったらだめだよ。岩崎さん。
今も昔も、会社を私物化したらだめ。



________________________________________________________



そうそう。
予告で気になっていた、漫才コンビの件です。


龍馬と三吉の踊り


お龍さんが一日千秋の想いで待っているのに、これはダメです。
「唄をうたって」とムチャぶりされてましたけど、怒られるの当然だよ。
いっそのこと、こんな唄うたってあげたら良かったのに。

今回の記事は、この唄にて締めくくりたいと思います。お粗末さまでした。


♫女房待たせた その償いは
 仕事を取らずに 暇をとる


「今日一日は、なんちゃーせず、ずっとお前のそばにおるき」



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

出来ました!

2010/11/08(Mon)08:50

うまくいきました♪
まずは、ご報告まで。
ありがとうございました。

名前:shimasuke (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2010/11/08(Mon)10:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re: 出来ました!

2010/11/08(Mon)13:40

よかったです。

ZIPファイルについては、今朝10ごろ削除しようとしたらダウンロードしている人がいるようで削除できなかったので、今日一日は残しておこうと思います。
1日ぐらいならNの人からも何も言われないと思うので。
来週もこの方法でいきます。

名前:TV-Rocker (URL編集

Re:

2010/11/08(Mon)13:42

了解です。ファイル削除しました。
次回も46.zipで、パスワードは今回と同じでアップしておきます。

名前:TV-Rocker (URL編集

管理人のみ閲覧できます

2010/11/09(Tue)08:44

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

2010/11/09(Tue)13:11

TV-Rockerさんこんにちは!
今日はひっさびさに自分のブログというよりPCを開けた次第で・・・汗

龍馬伝のブログはどうなっているかな?と楽しみにやってきました。
と、まだ龍馬伝について自分のブログでアップできていませんが、そのうちぜったいに書きますよ!

そうですね、今回のお龍はこわかったですね、史実でも朝帰りの龍馬にブリブリ怒るお龍・・・みたいな場面は多々あったみたいだしストレス解消のためにわるお皿を龍馬が買ってきてあげていたとか・・・

それよりもわたしが龍馬伝を好きな理由にその映像と音楽があります。
このもみじも美しぃ~本物らしくみせるというより作り物の美しさを感じます!
佐藤さんの音楽もさらにしみるぅ~何度か使われているものでフレンチフィルムノワール的なのがあってずしっと心に響きます。

「清風亭の対決」すごかったですねぇ~(長まわし18分!)、これはもしかしてドラマ史上に残る名場面かも!

蒼井優ちゃんの演技もすごいけど、この龍馬伝に出てくる外国人の方々の演技もすごすぎません?
あんまり皆さんこれに関してコメントしていないようなんですが・・・
TV-Rockerさんはいかがお考えですか?

名前:Miwakitz (URL編集

Re: タイトルなし

2010/11/10(Wed)02:43

外国人の方々の演技に関しては…すみません、ノーマークでした(汗
なるほど、そうかも知れません。
グラバーさんはともかくとして、ロッシュ、パークスとか、カンロク十分ですね。
パックンは…僕は「英語でしゃべらナイト」の印象が強すぎて、スミマセン、最初笑ってしまいました。

さすがは Miwakitz さん、視点が鋭いと思います。


ぜひ、龍馬伝の記事、お願いします!
Miwakitz さんの切り口だと、他にないユニークなものになると期待しています。
僕はどうしても史実に合ってるとか合ってないとか、つじつまがどうのこうのとか、固くカタクなってしまいがちですが、そうでなく、映像・音楽・演技・演出など、感性の部分とかいろいろ教えて下さい。
僕はそのあたりセンス無いので、「フレンチフィルムノワール的」とか言われても、分からないのです…

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。