< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「坂の上の雲」 第1話「少年の国」感想と解説 > 坂の上の雲 > 「坂の上の雲」 第1話「少年の国」感想と解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「坂の上の雲」 第1話「少年の国」感想と解説






まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。

「小さな」といえば、明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。
産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年のあいだ読書階級であった旧士族しかなかった。
明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものをもった。
誰もが「国民」になった。
不慣れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。

この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。
社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも、官吏にも、教師にも、軍人にも、成り得た。
この時代の明るさは、こういう楽天主義から来ている。

今から思えば、実に滑稽なことに、コメと絹の他に主要産業のない国家の連中は、ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした、陸軍も同様である。財政の成り立つはずがない。
が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは、元々維新成立の大目的であったし、維新後の新国民の少年のような希望であった。

この物語は、その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つロシアと対決し、どのように振舞ったかという物語である。
主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかく我々は3人の人物の跡を追わねばならない。
四国は、伊予松山に3人の男がいた。この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争が起こるに当って、勝利は不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。
その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコルサック師団を破るという奇跡を遂げた。
もう一人は、俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて、その中興の祖となった俳人・正岡子規である。
彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。
上って行く坂の上の青い天に、もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。




この最初のナレーションが、このドラマ全体を物語っている気がします。
原作に、このような連続した一節があるわけではありません。司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』のところどころの文章を拾ってきて、このようなひとつの連続した文章に仕上げたスタッフがNHKにいたということです。
よほど『坂の上の雲』が好きでないと、このような文章は作れないと思います。
素晴らしい名文です。
ネット上でも、最初のこの部分に関しては、賛美する声が多々ありますね。



さて、このナレーションから期待値MAXで始まりました。

第1話「少年の国」


四国の各国500


明治新政府が、大人である西欧諸国に追いつこうと少年のような健気さで文明開化を推し進める姿と、維新における賊側の藩である伊予松山藩で生を受けた3人の少年が、立身出世を夢見て無邪気に東京へ想いを馳せる姿を重ねています。
これもまた、秀逸のタイトルですね。
(ちなみに、小説の初題は、正岡子規の俳句から取った「春や昔」となっています)

上の図で「伊予松山藩」は、現在の松山市周辺ですね。
お隣りには、龍馬が「いろは丸」をレンタルした「大洲藩」がありますね。




少年時代の3人


この3人が、またかわいいんですよね。
信と淳の兄弟の絆もいいですし、淳と升(のぼる)の友情もいい。

ちなみに原作では、
「真之は松山じゅうの腕白小僧が束になってやってきても平気なほど向うっ気のつよい男だったが、この好古兄貴だけがどうにもならぬほどこわかった」
という文章に代表されるように、真之(淳)が兄貴のことをおそれている、コワイ、という風に書かれていますが、ドラマでは、逆に兄弟愛の方を強調していますね。


兄さんをバカするやつはわし

みたいなシーンも、原作にはないのですが、入れてみたり。
3人の主人公と言っても、主軸にはやはりバルチック艦隊を破った秋山真之をもってゆきたいということでしょうか。




今回、僕の中で一番好きになったのが、このシーン。
タダの師範学校の行きたいという信三郎(好古)は、父の勤める県庁に赴きます。
16歳の信三郎には3年足らぬ、方法があるとすれば、大阪で試験に合格し小学校教員の資格を得、教員をしながら3年を待つしかないと言う父。
「大阪行きの旅費は、どうなりましょう?」
「いや…それは、当然…私弁じゃな。おい、どうするつもりじゃ」
苦い顔をして息子に尋ねる父・久敬。

このあとの父子の会話が絶妙。

「帰って、父と相談つかまつります。
きっと、父が何とかしてくれましょう」


その言葉に、久敬は呆れたのか、その機転に舌を巻いたのか、笑いをこらえ切れません。

「その方…良い父を持ったのう」

ついにして、県庁で父子とも密かに笑いあう2人。
なんともいえない、いい雰囲気です。
これも原作にあるひとつのエピソードですが、ドラマにすると、より臨場感をもって見れますね。




そして、最後のシーンへ。
前回の「坂の上の雲」が帰ってきた!でも少し触れましたが、このシーンは原作にはない、オリジナルのシーンです。


巡洋艦・筑紫の見学


実は、真之が見ている「巡洋艦・筑紫」は、海軍に入隊した真之が日清政争時に乗り込む軍艦なのです。
そして、高橋是清のこの言葉にも注目です。

「この国の法律・憲法をつくり、国会を開く。国としての正義を世界に示すのです。
 日本が「紳士の国」だと、世界に認めさせることができたならば、治外法権はなくなるでしょう」



折しも「龍馬伝」で、坂本龍馬が船中八策で描いた「近代国家・日本」の条件が満たされていることが分かります。ここでも、龍馬の先見性に驚くばかりですよね。

残念ながら、龍馬没後16年経ったこの時代(明治16年当時)でも達成されておらず、のちに外務大臣になった陸奥宗光(龍馬伝時代の陸奥陽之助)が日清戦争後の明治27年にようやく欧米諸国との治外法権の撤廃を達成します。龍馬の遺志を継いだのです。



(主な参考資料)
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)



ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。