< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 龍馬伝 第44話「雨の逃亡者」予告動画 > 龍馬伝関係 > 龍馬伝 第44話「雨の逃亡者」予告動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第44話「雨の逃亡者」予告動画


雨の逃亡者

このタイトル、けっこう好きです。



もととなった事件を簡単に述べておきます。
通称、

イカルス号事件



1867年7月7日深夜2時ごろ。
龍馬が「夕顔丸」船上で後藤に「船中八策」を示した約1ヶ月後のできごとです。


丸山の繁華街でイギリス軍艦イカルス号の水夫2人が泥酔して道路に寝ていたところ、何者かに殺害されたという事件が発生します。
これより先の5月にアメリカ商船の水夫が殺され、同じく7月始めにも西洋人が雇っていた中国人3人が斬られるという事件が起こっていましたが、いずれも犯人は捕まっていませんでした。
そこに今度は、イギリス海軍の水兵が殺されるという事件。

ちょうど長崎にイギリス公使パークスが来ていたことから、事件は大きくなります。
パークスが得た目撃情報によると、犯人が持っていた提灯(ちょうちん)の紋が土佐藩のものに似ている。さらに、現場の近くの料理屋に海援隊の隊士が来ていたという情報も寄せられます。


さらに、以前から海援隊に目をつけていた長崎奉行が、このような情報をパークスに流します。

事件後、土佐藩の帆船「横笛丸」と砲船「若紫丸」が相次いで長崎を出港した。
その後「横笛丸」のみが翌日に長崎に戻ってきた。
実は、海援隊の隊士の1人が、事件の夜に、停泊中の「横笛丸」に密かに乗り込んだという噂がある。
おそらく、長崎脱出のため港を出たあとで「若紫丸」に乗り換えたに違いない。
これは、真犯人をかくまうため海援隊と土佐藩が仕組んだ工作と推定される。


イギリス公使パークスは、こういった情報から、犯人は海援隊隊士・土佐藩士・もしくはそれに関わる者のいずれかに違いないと決め込み、岩崎弥太郎や後藤象二郎らを追求、さらに、海援隊隊長である龍馬も事情聴取を受けることになるのですが…



ドラマ上では、今回の事件に、

お元の叫び

お元

を積極的に使うようですので、前に書いた詳しい状況は省かれるでしょう。
それもあって、基本的には放送後に記事にするような史実的なことを、今回はあえて前に持ってきた、というワケです。
…それにしても、画像のこういうシーン、演技派女優の腕の見せどころですね。
楽しみですリラックマ27「上昇」



そして…

パックン

アーネスト・パックン登場!


一部では「いろは丸事件」ですでに出ているという情報もありましたが…
スミマセン、僕は発見できませんでした。
ただ、大久保利ミッチーにしろ、もうすこし早く登場してもいいような気がしましたが…
(だって、キャラ確立するまで回、足りないでしょ)
でもでも、楽しみですリラックマ27「上昇」




風雲急を告げる「龍馬伝」
1回1回、心して見たいと思います。




i-Rockerにアップしました。



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。