< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「龍馬伝」本編 第41話「さらば高杉晋作」動画 > 龍馬伝関係 > 「龍馬伝」本編 第41話「さらば高杉晋作」動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」本編 第41話「さらば高杉晋作」動画


人間、高杉晋作

今回の一番イイトコロ。


特に好きになったシーンがこれ。


花見の風景


一度は断られるんですよね。
「高杉晋作の自宅に立ち寄ってはならぬ」と、木戸貫治が止めるシーンがありました。
木戸も、高杉のことを気遣って返したのだと思いますが…

その奥で、高杉は必死に涙をこらえていました。


みんな…高杉様と花見がした


そのあとにくるこのシーン。
「医者は…桜を見せてやりたい、って言うちょる」と木戸貫治が龍馬に言ってしたシーンが間接的に重なるので、いっそう切なさを呼ぶのですよね。
馬関の奇跡での「三味線の強調」も、このシーンの伏線だと考えれば、許せる。


奇兵隊は、百姓がその4割を占めます。
彼らに対して、高杉晋作がどう接して、それに対して彼らはどう感じていたのか?

ドラマでは、高杉と奇兵隊の関係はほとんど描かれていませんでしたが、このシーンだけで十分です。
このシーンだけで、高杉の人柄が十分分かります。
このシーンだけで、奇兵隊の隊士が高杉に対してどのような思いを抱いていたか、十分分かります。

「高杉さん!お願いだから、彼らのためにも、三味線を弾いてあげて!たのむから、追い返さないで!(それと、たのむから、木戸さん来ないでネ!)」そう心の中で叫んだ人は、僕だけではないはずです。



これがドラマの魅力。
僕は最近、このブログを書く関係で幕末史に関する本を読みますが、解説書はもちろん小説でも、高揚することはあっても、逆に、喉の奥が熱くなるような感動を覚えることはさすがにありません。
やはり本は、どこまでいっても本。
映像と音楽を駆使するドラマには「感動・感銘」という点では遠く及ばないのだと思います。




蛇足

高杉晋作が、坂本龍馬の提唱する「大政奉還」に傾倒する姿が描かれていました(前々回からそうですが…)が、これは蛇足だと僕は考えます。
今回は、前述の奇兵隊隊士のエピソードだけで十分。
高杉晋作は、あくまで高杉晋作。
「長州藩は独立するんじゃ!」と、第3部初回に宣言してたわけですから、その意志を全うすればいい。

まあ、企画側としては…
「高杉の意志は、龍馬に受け継がれた」みたいなオマケをつけたいという狙いだと思いますが(そんなナレーションがしつこく入ってましたが)、高杉の最後にケチをつけてしまいました。
もったいないね。せっかくの逸材を。

今回の中岡慎太郎のシーンで「お前は龍馬の言うことに従ってればいいんじゃ!」ってケチをつける人がいますか?
それと同じです。

________________________________________________________

i-Rockerにアップしました。




過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

管理人のみ閲覧できます

2010/10/11(Mon)01:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re:

2010/10/11(Mon)01:50

ご迷惑をおかけします。

申し訳ないのですが、どこのリンクが教えてもらえないでしょうか?
(一応、高画質版以外のリンクはチェックしたつもりなのですが、抜けがある可能性もありますので)

名前:TV-Rocker (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。