< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 歴史秘話ヒストリア「ウルトラマン誕生秘話」動画 > 歴史秘話ヒストリア > 歴史秘話ヒストリア「ウルトラマン誕生秘話」動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史秘話ヒストリア「ウルトラマン誕生秘話」動画


サブタイトルは

ウルトラマンと沖縄
~脚本家・金城哲夫の見果てぬ夢~



まず感じるのが、その意外性。

ウルトラマン

「歴史番組に、ウルトラマン??」

ジャンルとしては、「現代文化史」に入るのか?ウルトラマン1「ショワッチ!」


…とまあ、疑問を持ちながらも、見てみると、これは立派な歴史です。
ジャンル分けでいうと「戦後沖縄史」のコラムに入るような位置づけでしょうか。
一言で言うと、

ウルトラマン産みの親・金城哲夫さん。
彼が「ウルトラマン」に秘めた願いは、彼の故郷・沖縄の、戦後アメリカ統治下での苦しみの声を、本土に届けることであった。



沖縄の歴史は、ここで改めて述べるまでもなく、苦難の歴史を辿ってきましたし、現代においてもその苦しみが癒えることはありません。

「龍馬伝」の時代、つまり、アメリカが日本に開国を迫っていたころから、アメリカは沖縄を狙っていたといわれています。
事実、ペリーは浦賀に姿を現す前に、沖縄(当時は琉球)を訪れ、琉球の開国を迫っています。
(当時の琉球王国は薩摩藩の実質支配下にあったため、それを理由に琉球独断で判断はできないと、この申し出を断っています)

このころから、アメリカにとっての沖縄は、

THE KEYSTONE OF THE PACIFIC

つまり、「太平洋のカナメ石」であったわけです。
ちなみにこの言葉は、太平洋戦争終盤にアメリカが沖縄を指して使った言葉です。
それを裏付けるかのように、いよいよ日本本土を攻略しようとするとき、まっさきに沖縄を占領し、日本が降伏したあともアメリカが沖縄を実効支配する既成事実を作っていることでも分かります。


現代の沖縄の苦しみの歴史は、ここから始まりました。
日本の独立後もアメリカ統治下にあった沖縄では、米軍による土地没収、米軍基地による事故や騒音、米兵による殺人・強盗・強姦などの事件、さらに本土と切り離され、本土に行くのにも外国とみなされパスポートなしでは行き来できないなど、本土では想像もつかない苦しみを受けています。
日本とアメリカの戦争の負の遺産を一手に負わされたのです。

沖縄基地


その中育った金城哲夫さん。
本土に渡り、ウルトラマンを生み出します。

その精神は「地球人」でもあり「宇宙人」でもあるウルトラマンに、
沖縄と本土の架け橋となろうとする自分を重ね合わせた。
そう番組で紹介されています。


最後は、悲しい結末を迎える金城さんの生涯。


本土に住む人間として、オキナワを忘れてはいけない。
そう感じさせる、真面目な番組でした。


i-Rockerにアップしました。


過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。