< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 史実としての「薩長同盟」(2) > 龍馬伝関係 > 史実としての「薩長同盟」(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史実としての「薩長同盟」(2)


薩長同盟シリーズ2回目です。
今回は、薩長同盟の中身について、「龍馬伝」と史実を比べてみたいと思います。


________________________________________________________


まずは、「龍馬伝」での会談の様子を見てみましょう。






条文を、現代語訳すると…

1)長州が幕府と戦になった場合について:
  薩摩はすみやかに2000名の兵を上京させ、京都の兵と合流させる。
  大坂にも1000名の兵を配し、京都・大坂を固める。

2)その戦で、長州が勝てそうな場合:
  薩摩は朝廷側に働きかけて、長州を支持し講和成立に力を尽くす。

3)その戦で、長州が負けそうな場合:
  それでも、半年や1年で長州が壊滅することはないだろうから、
  その間に薩摩は支援策を考える。

4)幕府が長州征伐をあきらめ撤退した場合:
  薩摩は朝廷に働きかけて長州は悪くないと訴え、
  長州の赦免(名誉回復)を求める。

5)一橋慶喜・会津藩・桑名藩が朝廷を利用して、
  薩摩の行動を妨げる時は、彼らとの決戦も辞さない。


薩長同盟締結をもとにしています)



薩長両藩が、この同盟をひとつのきっかけとして、武力倒幕に動き出したことはその後の歴史で明らかなのですが…
「同盟締結時点での」薩長同盟の目的には、次の2つの説があります。


(1)倒幕でなく、一会桑政権の解体と、
  長州藩が攻められた時に備えての攻守同盟が目的


ドラマのテロップでも出した

一橋・会津・桑名=一橋慶喜・会津藩・桑名藩

当時の幕府側の中心勢力。
俗に言う、

一会桑政権
(いっかいそうせいけん)

民主党の「トロイカ体制」みたいなものです。
(ウソです、スリートップが中心となっている以外共通点ないです)

「あくまで、幕府を牛耳っているこのトロイカ野郎が悪いのであって、こいつらさえいなくなれば、幕府もしっかりやってくれるはずだし、オレたち藩の意見も聞いてくれるはずだ。
 悪いのはこいつらだ。長州に無謀な戦争を起こすのもこいつらのせいだ」

敵は、ムリヤリ長州征伐を行なおうとする「一会桑政権」である。
彼らの長州征伐を防ぐ軍事同盟(攻守同盟)であると同時に、一会桑さえなくなれば、あえて幕府を倒すこともないのではないのか…というニュアンスも包んでいます。
条文内で、あえて「幕府と決戦」とは書かれずに「一会桑と戦に…」と書かれていることが根拠になっている考え方です。




(2)武力倒幕まで十分視野に入れた同盟である

とはいえ、当時の一会桑は、幕府の代表というか、幕府の頭脳そのものです。
つまり、幕府そのものといってもいい。
そこで、一会桑を幕府と読み替えて、「幕府との決戦」=「幕府を倒す」ことも十分視野に入れたものである、という考え方です。




一般的には、薩長同盟=倒幕同盟(つまり(2)の考え方)だと思われています。
僕も(2)が妥当かなぁ…と思っています。

薩摩藩も長州藩も、お互いのプライドを捨ててまで同盟を結ぶ以上、幕府そのものを倒し、自分たちが日本の政権の中枢に入ることを狙っていたんじゃないの?
僕は思います。
「幕府を倒すぞ!」と大っぴらに書かなかったのは、武力による倒幕を望まない龍馬に遠慮したから??

未来の倒幕・新政権樹立まで想定した上での薩長同盟だからこそ、徳川幕府の権力を完全に削ぎ落とし、明治新政府が誕生するまで、薩長は歩調を合わせることができたのではないか、と思います。

(1)の考え方もおもしろいですけどね。


________________________________________________________

ちなみに…
「龍馬伝」では、「一会桑」と「幕府」を区別してる様子はないので、このような議論が出る余地はなく、薩長同盟は倒幕同盟だ、となりますね。
まあ、話がややこしくなるだけですし、それでいいと思います。





過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

2012/03/28(Wed)12:12

 どうして「(1)一会桑政権の解体」と「(2)武力倒幕」との二者択一の議論になっているのかわかりかねます。
 この時点では、長州が幕府から攻められそうになっていて、薩摩が長州側につくことを約束したということでいいんじゃないですか?その先のことについては、まだ不明確でしょう。

名前: (URL) 編集

Re:

2012/03/29(Thu)01:11

コメントありがとうございます!

少し深く考えすぎていたのかも知れません。
「この当時の薩摩藩は、何を意図していたのだろうか…」といろいろ考えてみたのです。
僕の歴史の楽しみ方でもありますので。

貴重なご意見ありがとうございました!!

名前:TV-Rocker (URL) 編集

2012/09/09(Sun)07:03

v-66v-3v-3v-4v-275

名前: (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。