< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 龍馬伝・名場面集 第27話「空想龍馬伝」 > 龍馬伝関係 > 龍馬伝・名場面集 第27話「空想龍馬伝」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝・名場面集 第27話「空想龍馬伝」


歴史の資料の上から、龍馬の足取りが消えた

空白の4ヶ月

を描いた、第27話「龍馬の大芝居」

坂本龍馬が武市半平太を助けるため土佐に戻り、後藤象二郎に対して「吉田東洋を殺したのは、わしじゃ」と罪をかぶるというオリジナルストーリーをはめ込んできました。

自分も、龍馬の生涯をすべて勉強しているわけではないので、何を根拠としてこういったストーリーを作ったのか、インターネットでも随分調べましたよ。

そして、素朴に思うこと。

________________________________________________________


「龍馬伝」空想部分の賛否:


「龍馬伝」の空想要素(つまり、史実と異なる点)については、賛否両論があるようですが、ネットサーフィンをした直感的な感じでみると、


龍馬伝オリジナル要素の賛否


こんな感じではないでしょうか?

僕自身は、反対ではないので、ということは賛成派に入るのではないかと思うのですが、
ただひとつ、注文をつけるとすると、


番組の中で
「史実はこれで、オリジナルはこれです」
と、明らかに示してほしい



ということです。

いちいちネットで調べなくてもいいように。
いや、ネット環境がない人もいれば、そこまでして調べるマメな人の方が少数派なんですから。
たいがいの人は、ドラマを見て、そこで終了です。
そういう人が、史実を誤って記憶しないためにも。


では、どこに付け足すのか?
テロップで「只今、史実…」「只今、オリジナル…」とか付けるのは、ドラマの雰囲気ぶち壊しなので論外。
独立したコラムを入れるとするならば、最後のアレはいらないと思います。
あそこでテレビぶちっと消す人多いんじゃないでしょうか?
僕も一応見ますけど「ふ~ん」で終わる程度。


「龍馬伝紀行」を廃止して、
その回の史実評価に当ててほしい



だいたい最後の「なんとか紀行」も、大河ドラマの常連みたいになってませんか?
前々回の「龍馬伝」をダイナミックに改造してみよう同様、古い慣習に囚われていてはダメだと思うんですけど…

皆さんは、どうお思いでしょうか?


________________________________________________________


龍馬の大芝居

今回の動画は「大河のセオリーは過去の遺物」
そんな皮肉も込めて、全体をセピアチックにしています


 ↓


動画サイトへ


動画DL(高画質版)  →DL

動画DL(標準画質版) →DL

※DLボタンを右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードできます。


i-Rockerにもアップしました。


過去の「名場面集」など記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。