< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ハゲタカ 第2話「ゴールデン・パラシュート」動画 > ハゲタカ > ハゲタカ 第2話「ゴールデン・パラシュート」動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ 第2話「ゴールデン・パラシュート」動画

「ハゲタカ」には、ふたりの主人公がいるといっていいでしょう。

ひとりは、外資ファンド「ホライズン・インベストメントワークス・ジャパン」代表・鷲津政彦(役:大森南朋)。
もうひとりは、「三葉銀行」企業再生のエリート・芝野健夫(役:柴田恭兵)。

「企業への投資」という同じ方向性をもつふたり。
しかし、投資のもつ意味合いは、大きく異なります。


鷲津政彦は、あくまでカネ目的。
安値で買い叩き、高値でうる。その利ザヤを得るのが最大の目的で、企業の行く末が悲劇になろうと、一向に構わない。
あくまで企業は、彼に取っての金儲けの材料でしかないわけです。

対する芝野健夫は、人情派。
企業が再生し、そこで働く社員が安心して生活できることを第一に考える。


全6話のほとんどの部分を、彼らの対立軸を通して描かれています。

________________________________________________________

第1話につづく第2話では、債務超過に陥った日本の老舗玩具メーカー「サンデートイズ」の買収をめぐり、ふたりの意見の違いが真っ向からぶつかり、対立は一層先鋭化します。


「ゴールデン・パラシュート」

カネで全てを解決しようとする鷲津。



「それがお前のやり方か?
札束で引っぱたいて…人の心を踏みにじるのが
お前のやり方か!」



批判する芝野に対し、

「私の目的はカネ。それだけです」


鷲津は平然と言い放つ。



当然、視聴者は芝野に同情し、鷲津をヒール扱いにするのですが…

そのような単純な構図で終わらせないのが、このドラマの玄人っぽいところです。
ふたりの関係の過去に秘められた謎、「日本を再生する」公然と言い放つ鷲津の真意。
このあたりは、ドラマが進むにつれ、ベールが取り除かれてゆくことになります。


ゴールデン・パラシュート


名場面・第2話(標準画質版) → DL

※DLボタンを右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードできます。


________________________________________________________

※ドラマ「ハゲタカ」は、今週(月)~(土)まで、全6話+映画版がNHK地上波にて再放送されています。(放送時間
今週のブログは、それに合わせ、ハゲタカウィークとします。



過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

管理人のみ閲覧できます

2010/08/05(Thu)12:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

Re: タイトルなし

2010/08/06(Fri)03:21

コメントありがとうございます!!
とても励みになります!

ガラス窓を叩く部分は、僕も入れたいという思い入れがあったので、第2話名場面のシーンの最後に、音楽に乗せてくっつけてみました。
第3話の名場面は、三島由香の活躍をきっちりと表現できるように制作しました。
携帯電話の「着信音」をアクセントにしています。


…「大森さんオンリー動画」は、僕も気持ちは分かります(゚д゚)(。_。)ウン!
作る側の大森南朋さんに対する思い入れも、見る側の「大森お腹いっぱい」的な気持ちも両方わかる(笑)

名前:TV-Rocker (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。