< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 龍馬伝・名場面集 第24話「蛍の贈り物」 > 龍馬伝関係 > 龍馬伝・名場面集 第24話「蛍の贈り物」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝・名場面集 第24話「蛍の贈り物」


人前で明るく振舞うお冨さん。

「わたくしごとで他人様にご心配・ご迷惑をかけてはならない」

という思い、


そして何より、

「自分が犯罪者の妻のようにコソコソしてはならない。
 主人は何も悪いことはしていないのだから、私が堂々としていなければならない」


その強い気持ち・芯の強さ。
愛する夫・武市半平太に対する想いが、そうさせるのでしょう。



しかし、ひとりになれば…やはり、寂しさが込み上げるもの。

誰もいない住居。ひとり寂しく泣く、冨。
蛍を贈ったことも、主人は2度と帰らぬと心のうちで予感してのことかも知れません。

冨の涙


前回の名場面「お冨と弥太郎」との対比で見ると、
お冨さんの心情に少しでも近づくことができるのではないか…
そう思います。



  ↓

動画サイトへ


動画DL(高画質版)  →DL

動画DL(標準画質版) →DL

※DLボタンを右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードできます。




過去の「名場面集」など記事一覧へ>>


________________________________________________________

今週は日曜日の帰宅が遅くなるので、「龍馬伝・第32話 狙われた龍馬」の予告編アップロードは、いつもより遅くなると思います。
みなさまにはご迷惑おかけします。

前回の「西郷はまだか」にガサ入れが入り、3回目の警告を受けてYouTubeアカウントが削除されてしまったようですが…リラックマ1

今後のYouTube上の運用に関しては…まあ、次回アップする時までに考えときますリラックマ2





ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。