< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 龍馬伝・名場面集 第22話「以蔵の逃亡(1)」 > 龍馬伝関係 > 龍馬伝・名場面集 第22話「以蔵の逃亡(1)」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝・名場面集 第22話「以蔵の逃亡(1)」


人斬り以蔵

土佐勤王党の影の部分、すなわち暗殺を担った中心人物である「岡田以蔵」
「人斬り以蔵」と京で恐れられた人物です。


その彼が、新選組に追われるシーンは、なんとも切ないものがあります。
新選組こそ、ご承知の通り、会津藩お抱えとして、幕府の非正規任務、つまり暗殺を担っていた集団であり、

佐幕派の暗殺部隊

と呼ぶにふさわしい集団であったからです。



「暗殺者が暗殺者に追われるのは、因果応報というか、歴史の皮肉というか…」
おそらくそのような意図があり、「龍馬伝」では、以蔵の逃亡シーンに新選組を使ったのではないかと思われます。
手練である以蔵が、容赦なく襲いかかる新選組に為す術なくやられてしまうシーンは、新選組の強さ・冷徹さ・残忍さ、を伝えるのに十分ですね。


今回は、過去2回の以蔵の暗殺シーンで使ったドビュッシーの中で「2つのアラベスク・第1番」を使ってみました。ドビュッシーの中では、僕が一番好きな曲です。



新選組、以蔵を襲う00

暗殺者は、暗殺者に斬られる運命なのか…?

  ↓


動画サイトへ


動画DL(標準画質版) →DL

※DLボタンを右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードできます。



過去の「名場面集」など記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。