< 2012年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2012年05月 >
ホーム  > アーカイブ > 2012年04月

Archive list

2012/04Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」2012年03月31日


『家族になろう!』


「よ」がないと、勢いがある分、なんだか優しさが足りないような気がしますね。
ここが日本語の難しいところ。英語ではどちらも「Let's...」で片付けられそうなものですけどね。


「生きてる生きてく」の反響もおもしろかったけど、超サプライズの石巻ライブのましゃの感想が良かったですね。
15才のアマチュアバンドの頃を、時空を越えて思い出したというましゃ。
それこそが、「少年のトキメキを失わないましゃ」ということじゃないですかね。


オープニングの『虹』とかは、ちょっとでも感情が被災された方の方に向いてしまうと、涙が出そうになるから、
あんまりそこにいくと歌も歌えないくらい崩れてしまうと思って、なるべく歌に集中して、ぐっとこらえてやっていた。



この1年間、本当に震災と真摯に向き合ってきたからこそ出てくる言葉だと思います。

TV番組からCMから企業活動から、何から何まで「震災で被災された方々に云々…」で始まる文句の多かった1年間でしたが、大晦日の紅白歌合戦はじめ、ちょっと過剰反応し過ぎじゃない?と、僕自身、上滑りの言葉の連呼に正直嫌気がさしていたのも事実です。
本当に活動している人からは、そんな美辞麗句はでてこないだろ?みたいな。

僕自身が、言葉だけを並べ立てる人よりも、無口に黙々と頑張る人の方が好きなのもあるんですけどね。
まあこれは個人的な好みの問題ですが。。。



あと、岡村さんゲストで。
「よ」の秘密が明かされて、その点は良かったです。


…今日は帰りも遅かったので(すみません、個人的事情で)、この辺で。




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします
スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。