< 2011年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2011年10月 >
ホーム  > アーカイブ > 2011年09月

Archive list

2011/09Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」9月24日


今回は、オープニングから盛り上がりましたね~
いきなり、ましゃと荘ちゃんのセッションですからね。


もう 今は彼女は どこにもいない~♪


なんて始まるものですから、荘ちゃんへの鎮魂歌、もしくは応援歌なのかと思ってしまいました。
(いや失礼ですね、僕の鎮魂歌と言うべきでした。スミマセンリラックマ17「汗」

荘ちゃんの声が、僕の中の今までのイメージも手伝っているのかも知れませんが、「一生懸命だけとちょっと不器用な男」にピッタリのような気がして、曲によく合っていたと思います。
ましゃが後ろからガッチリ支えてくれている安心感もあって、ナイス・セッションでした!




そして、「テレフォン・ミュージカル」!?
20年前、まだ20代だったましゃの貴重な音源を聞けました。


あぁ~つかんがぁ いいなぁ~~~


大爆笑です
「このころの僕はまだ・・・」と言っていましたが、この頃からこんな大爆笑ラジオをしていたんですね、ましゃ。
そりゃ嫌でも年季が入るわね。
この頃から聞いておきたかったなぁ。中学生くらいだから、今より自由な時間ももっともっとあっただろうし。



そして・・・2011年度板「魂のテレフォン・ミュージカル」開演です!
ブーーーーーーー

小原さんと松岡さんのボケセンスに脱帽です(笑
ましゃ、笑いすぎて「新入ちゃいん」になっていたし(笑
「ひどかった」とましゃ連発してましたが、このダメダメ感がいいんですよね。
相手役の方も nice try! でしたね。




あと、福島フェスのことにも、もちろん触れてくれましたね。
印象に残った言葉があったんですよ。


福島の皆さんの元気さとか笑顔を実際に見て―もちろん瞬間でしかないので、生活のことなんかはまだ全然分かっていないんで、何とも言えないんですけど―そして、ライブから帰ってきて、ラジオや他のツアー先で「みんな元気でしたよ、前を向いていますよ」ということを伝えてゆくのが僕の役目なのかなと思って、参加しました。


僕が感動したのは「もちろん(自分が見た福島は)瞬間でしかないので、本当のところは分からない」というところで、耳障りのいい言葉を単に並べるだけではなくて、自分の限界や分からなかったところをきっちりと見据えて、それを正直に報告してくれる。
こういうまじめなところが心に響くんですよね。

YouTubeで見ていても、観客のみんなが本当に楽しそうで、それが印象的でした。




魂リクは「家族になろうよ」
優しく600回目を締めくくってくれました。。。でも、来々週が本番!?

________________________________________________________

今週は、『心color ~a song for the wonderful year~』の英訳です。
特に毎日の仕事と奮闘している僕も含め社会人にとっては、「明日もがんばろう!」と勇気をくれるような、そんな歌ですね。


Here is a English-translated lyrics of "Kokoro-color ~a song for the wonderful year~."
This song will encourage our working adults, to "go for it!"



Mind-color ~a song for the wonderful year~

If I can get happiness only by beating someone,
do you say that life against nobody is better for me?

But I suppose that dropping out of races is the same as escaping from being beaten,
so I'm still running.

Woo. This year is going to be over, too.
In my mind are feelings of not carrying out and expectations of next year...

Spring, summer, autumn and winter...
More than the turn of the seasons, my mind changes quickly one after another.
I should control hope and gloom in a good way.

Many life flowers bloom in profusion.
In this town, what color of flower am I going to let bloom as my life flower?
Mind-color.

It seems that works before my eyes are all only for my own,
but they may make a smile of someone's face out of my notice.

So even if nobody watches me, I set my hurdle.
If I could jump over it higher and higher...

Woo. I won't give up for a year and another.
I would have already broken without you.

Time passes, and one age goes to the next.
Although anyone feels that now is the hardest age of all, anytime,

in next year and year after next, if you are with me,
I don't think it's so bad to grow old.

Our lives are colored severally.
They are dyed, get mixed, and melt with each other.

Spring, summer, autumn and winter...
More than the turn of the seasons, my mind changes quickly one after another.
I should control hope and gloom in a good way.

Many life flowers bloom in profusion.
In this town, what color of flower am I going to let bloom as my life flower?
Mind-color.





福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。