< 2011年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2011年10月 >
ホーム  > アーカイブ > 2011年09月

Archive list

2011/09Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」9月10日


オリコンチャート1等賞のシングルは・・・

これだ!




トリプル1等賞
おめでとう!ましゃ!!

クラッカー


まあ、当然のことですよね。
いい曲ですものね、「家族になろうよ」も「fighting pose」も。
僕はほとんどテレビを見ないので知らなかったのですが、今、ゼクシィのCMでバンバン流れているんですってね。(会社の同僚情報ですが…)
24時間ライブのDVDもすごく良かったですよ。歌っている時のましゃがすごくいい顔してる♪



それはそれとして、今日は、「企画してほしいこと」で盛り上がっていましたね。
全国の公立高校と提携するというのが…
制服の裏地がましゃの刺繍なんてことになった日には、「福山雅治なんて嫌い」と言っている人でも強制ましゃファン(笑)



―あの震災から半年。
自分は直接の被害に遭っていない人間ですから、偉そうなことは言えませんが、あの日から、震災のことは忘れたことはありません。なかなか忘れられるものでもありませんし。
そう言っている自分も、無常の世の中ですから、いつ何が起こるか分かりません。
これから先どんな苦しみがやってくるかも分かりませんし。
そんな時は、あの震災を乗り越えて頑張っている人達を思い出して、決して人生に絶望することなく、常に前向きに頑張ってゆきたいと思います。


________________________________________________________

こん家族になろうよ!
前回のコメント欄でもちょっと書きましたが、訳あって英語を勉強中の身でもあるので、その練習も兼ねて「家族になろうよ」の歌詞を英訳してみました。
なにぶんまだ未熟なものですから不適切な表現が含まれているかも知れませんが、許して下さい。

Hell-et's be a family!
I shall put the English translation of lyrics "Kazoku ni narou yo" below for my practice.
(Any infelicities or problematic phrasings are caused by my poor English skill. Please forgive me!)


Let Us be a Family

"After a hundred years, still be in love,"
you embarrass me in front of everyone.
Yet, thank you for your smiling next to me,
and choosing me.

Although how deeply we trust each other,
there might remain something that we never even know.
We live our lives with such loneliness.
That may be `loving someone.`

Someday with a wide back like father's,
someday with a soft kindness like mother's,
we will be able to overcome anything.
Let us be a family.

When I was young I was weak, easily crying and behaving like a baby.
I'm always full of my own affairs, do nothing for my parents.

Even if it is impossible to change suddenly by tomorrow,
I would like to change step by step, from who is given to who gives.

Someday with a quiet strength like grandfather's,
someday with a pretty smile like grandmother's,
I can keep on living with you.
Let us be such a couple.

Someday with a boy who smiles similar to you,
someday with a girl who cries just like me,
we will be able to overcome anything.
Let us be a family.

I can keep on living with you.
Let us be happy.




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。