< 2011年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2011年06月 >
ホーム  > アーカイブ > 2011年05月

Archive list

2011/05Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁-第5話 感想


今回は、歴史の話は一切登場せず。
それでも…


最後は感動した。


終わった瞬間に、最初からもう一度見たくなるドラマがあるとすれば、それは本当のドラマだと思います。
そういうドラマはなかなかお目にかかれないものですが…
ここに、ありました。




本当は、吉十郎さんが…


見始めは「何か今回は普通のドラマっぽい流れだなぁ…」と、少し冷ややかな目で見ていたんです。
でも、吉十郎が治るのか治らないのか、気になりだして…

上のシーンで、ついに涙腺崩壊。
本当のクライマックスシーン直前ですが、やられてしまいました。


だって、咲さんのあのセリフ・・・!

南方先生は医療には一流のものをもっていても、人情の機微には疎い唐変木?ですし。
仁友堂の男性スタッフも、同じようにデリカシーなさそう。
少年の繊細な心を分かってあげられるのは、咲さんしかいないですよね。
自分の恋愛が絡むとダメだけど、人のことならまかせてくれ、みたいな(?)

この一言が、少年の氷のような心を溶かし、父親に本心を吐露させることができたんですよね。


余りにも早い吉十郎の回復ぶりに、最後に何か大きなどんでん返しがあるのでは心配しながら見ていて、吉十郎さんが急に倒れたときは「やっぱりか!」と思いましたが、それが彼の芝居だったとは。
「仲間に迷惑はかけられない」という吉十郎さんが、たったひとりの観客である我が子に見せた芝居のシーンは、見せてくれました。




見ていて辛かったところもありました。


何千種類も薬があって…


お初ちゃんを助けられなかった罪悪感から、自らを追い詰める南方先生。
見ていて痛々しかったです。

ひとりの生身の人間としての苦悩をきちんと描いている。
決して、救世主やスーパーヒーローではない主人公。
このあたりが、『JIN』が人々に深い共感を生む所以(ゆえん)だと、多くの人がブログの感想などでおっしゃっておられる通りですね。

そしてもうひとつ大切なことは、これが、医療の原点でもあるということ。

お医者さんや看護士さんなど、人の命に関わるお仕事をされている方々は、本当に素晴らしい精神をもたれた方々であると僕は心から尊敬します。
生活の糧を得るために仕事をしている自分とは、志の高さが違うとつくづく思います。

それだけに、医療従事者の不祥事をニュースなどで見聞きすると、なんだか悲しくなるんですよね。
医の道を志したときは、もっと純粋な思いがあったろうにと…


「命を助けたい」


それゆえ苦悩する南方先生の姿は、医療に携わるすべての人に、原点を思い起こさせるいいきっかけになるのではないでしょうか。
学校の先生とお医者さんは(欲を言うと政治家も)、いつの世でも人々に尊敬される職業であってほしい。
そう思います。



さらに、このシーンからしばらくして、咲さんが衝撃的なことを言うんですね。


延命だけでは…


あまりにも正論すぎて、反論のできない南方先生。

医療に携わっている人間なら青ざめるようなことを、堂々とセリフにしますよね。
『JIN』は歴史ドラマとしてもおもしろいのに、現代の矛盾点をこうやって簡単に暴露してしまうから、エンターテイメントを超えてしまっているんですね。
特に、今回は歴史がない分、この主題が全面に出ていたと思う。


医療の目的は延命。
だが、しばらく命を延ばしたところで、やがて必ず死ぬ。
医療は、死をいくらか先延ばしするだけに過ぎない。

ならば、医学は何のためにあるのだ?


この問いに対する答えは、最後に南方先生のナレーションという曖昧な形では示されていましたが、きっちりとした答えは出なかったように思います。
しかし、それはそれでいいのだと思います。
そんな簡単に答えが出るものではないですし、おいそれと答えを出す必要もないものだと思う。
最後に、南方先生がどのような答えを出してくれるのか。
その答えが、このドラマの制作スタッフ全員が伝えたい総意であってほしいですね。

________________________________________________________
蛇足

このドラマは、1話完結のような今回でも、ドラマ全体の「連続性」を大事にしているところが好感がもてます。
「主題」(テーマ)からドラマがスタートしていて、全体の流れの中での位置づけがしっかりしている。
今回も、お初ちゃんの流れからつなげているから、単発の話に見えない。

※『新選組血風録』は1話完結のみで、全体としてのひとつのテーマがないんですよね。
それがないから、各話がバラバラになる。
それらをつなぐ、「主題」という1本の太い糸が必要なんですけどね。
このドラマのように。



さらに蛇足。

歴史の修正力

この言葉好き。
「神が与えた試練」とかよりも、こういう言葉をもっと使っていったらいいと思う。
「神が…」となると、変に宗教色が付くし、(こう感じるのは僕だけかも知れませんが)何やら自分の運命を第3者に決めてもらっているような、投げやりな感じもする。
「歴史の修正力」となると、精一杯頑張っても、所詮は歴史という大きなうねりの中では自分の存在なんてチリのようなものでしかないんだ、という、諦めにも似た感覚がある。
同じようでぜんぜん違うと思います。僕は個人的には後者の方がしっくりきます。




さて、来週は四境戦争!!
歴史モノと、ドラマモノと、両方のファンが満足するように交互にやってる様子。
となると、次は歴史ファンの為の回かな。
今週も良かったけど、ガチ歴史編、期待しますリラックマ27「上昇」


※先週の予告で兵士らしきシーンが映っていたのは、幻だったのだろうか…






過去の記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。