< 2011年02月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2011年04月 >
ホーム  > アーカイブ > 2011年03月

Archive list

2011/03Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魂のラジオ」3月5日


いきなり、すごい話題からきましたね。

大阪城ホール最終日・よもやの「チャック開いてた事件」
しかも、それをステージ上で堂々と、みんなに分かるような動作でチャックを締め直したというのが、なんというかましゃらしいですね。

男たるもの、コソコソしてはいかん!
常に堂々としていなければいかん!



ということでしょうか…
いや、その潔さに感服しました。
コソコソ隠そうとしても、余計に見苦しいだけですもんね。
逆に開き直るくらいの気概が必要ですよね。


男たるもの、失敗した時こそ開き直れ!
常に堂々としていなければいかん!




ましゃ先生、大事な教訓ありがとうございましたリラックマ58「ペコリ」




その後、この話題に。
「近藤です!ロコンドウです!」の容堂公バージョンです。
気になったのでyoutubeで調べたら、ありましたよ☆

まんま容堂公です








あと…
「福山雅治×K-POP」ということで、ビーストが歌う「虹」がかかっていました。
ましゃはけっこう絶賛していましたが(もちろん立場上、けなすこともできないでしょうし…)、僕は個人的には、ちょっとビミョー。
…というか、もっとはっきり言うと、あんまり好きになれなかったリラックマ11「ダウン」


なんだかね…
深みがないような気がして。
ましゃの歌を聞いたときに、ましゃの声そのものは男らしい渋い声なんですけど、その歌い方とか曲全体の雰囲気は、むしろ女性的なところがあると僕は前から感じていたんです。
言い方を変えると、それだけデリケートだということで、あの繊細さは、一般の男性にはとても真似できるものでない。単なる「力強さ」とは、ちょっと違う。上に書いた男性らしい面と、もしからしたら女性らしい面の両極端を持っているのではないか、と思うことがあります。
だからこそ、ましゃの歌が女性だけでなく男性にも支持されているのだと僕は勝手に解釈しているのですが…

ビーストさんが悪いわけではないのですが、リズムが云々とかそういったことでなく、歌い方にデリケートさがなく、薄っぺらく感じてしまうのは僕だけしょうか…リラックマ32「…」


逆にいうと、むしろ女性が歌ったほうがしっくりくるかもしれない。
次回以降もちょくちょくかけてくれるそうなので、むしろ女性ボーカルの分を期待します☆☆




福山雅治の「魂のラジオ」

※上の青字をクリックするとジャンプします。
 また、右上のリンク集にもリンクを作っておきました。
※ファイル保存先を移転しましたので、ブックマーク等されている方はご注意下さい。


ブログ記事一覧へ>>



ワンクリックの応援お願いします

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。