< 2010年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2010年07月 >
ホーム  > アーカイブ > 2010年06月

Archive list

2010/06Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第24話「母の蛍」予告動画

まず、第23話「池田屋に走れ」見ました。

「陸奥宗光」、出てきましたね。
もっとも、当時は「陸奥陽之助」と名乗っていたそうで、龍馬伝にも、この名前で登場していますが。
実は、NHKの「坂の上の雲」を見て(この時は、明治政府のキレ者外務大臣として出ていました)から、彼のことを調べ、坂本龍馬の海援隊に所属していたことを知ったので、いつ出てくるかとワクワクしていたのです。
こんなに早くに登場してくれるとは、感激です!
「わしは1日で覚えましたわぁ♪」と、さっそく、ヤな奴ぶりを発揮していました ヾ(ーー )ォィ

そして、池田屋事件。
新選組の乱入シーンがなかったのは残念ですが、それも演出なのでしょう。
(まあ、ドラマが「新選組!」でなく「龍馬伝」ですからね)
来週は、さらに新選組との絡みがありそうで、楽しみデス。


次回は「母の蛍」
予告を見ただけでは、タイトルの意味がよく分からなかったので、ネットで調べてみると、このように出ていました。

(以下、NHKネットクラブより)
池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を目の当たりにする。運よく逃げ延びた桂小五郎(谷原章介)は、新選組に挑もうとする龍馬を引き止める。龍馬はお龍(真木よう子)の家に身を隠すが、亀弥太の死を防げなかった自分自身にいらだっていた。一方、勝麟太郎(武田鉄矢)は池田屋の策謀に加わった浪士が海軍操練所にいたと責められる。龍馬は、お龍に亀弥太の志を認めるべきと諭され、海軍操練所に戻る。


つまり、オリジナル要素の強い回ですね。楽しみです。


i-Rockerにアップしました。

スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。